こだま

久我山大介氏 ・ 著

 

 

 

「君は誰?」

 

 

 そこは深緑の緑が踊る、静寂の森の中だった。

 冷たい空気と柔らかな木漏れ日が、肌に極端な温度差を感じさせる。 

                      ざわざわ                どよ
 緩やかな風に吹かれ、騒騒と木々が揺れる。響めきの如き木々達の囁きが聞こえる。

                                                 しんようめいめつ
 温かみを持った光を受け、風に揺れる深緑の葉が震曜明滅している。

  あさぎ      もえぎ                     せいかん      さいじょう
 浅黄色と萌黄色の埋め尽くす、唯々清閑な緑の斎場。

 

 僕はそこで、彼に出会った。

 

 巨大だった。

      そ こ    あ
 唯、其処に在る。

 存在しているだけで、存在していることそのものを声高に叫んでいるかの如く。

 唯々、強烈な存在感を持って、彼はそこに存在していた。

 それは――大樹。

 確かなる存在感。

 大きな、大きな神木としての。

 

            な
 ふと。風が凪いだ。

 

                 しめなわ    し で
 風に揺れていた注連縄の紙垂が動きを止める。

 りん
 凛とした空気が体を包む。

 確かに、透き通った空気が肌を刺すかのようではある。

 確かに、吹いていた風は身を切る程に冷たいものだった。

 しかし、木々達の深緑の葉を縫って大地へと降り注ぐ木漏れ日は、

 人気の無いこの森の奥にあっても、確かな暖かさを以って、僕を照らしている。

 なのに。

  みぶる
 身震いがした。

        きっと
 それは屹度、体温と空気の温度差から来る震えではなかったのだろう。

 彼の――この大木の持つ存在感が、僕の心を震わせたのだ。

 そう、感じた。

 

 

 気がつくと、日が落ちていた。

 

 

   *

 

 

「君は誰?」

 

                                   つぼみ ほころ
 僕がその声を聞いたのは、梅の花の蕾が綻び、咲き誇る頃のことだった。

 冬休みに企画した同窓の友人たちとの小旅行の途中。

              はぐ                         だくだく
 友人たちから逸れた僕は、自然を横目に唯諾々と歩いていた。

 

 天気が良かった。

 知らない道を唯歩き、見知らぬ異郷の神社に参ったりもした。

 神殿の裏手に続く道を行く。梅の花弁が舞う道を歩き、青々とした竹林を横目に野良道を歩く。

                                     ざわ
 風が吹く。白い欠片が舞い、笹の葉が騒めく。

 ――もう少し、一人でいるのも悪くない。

 そんなことを考える。

 

 つむじかぜ
 旋風が起こった。

 足許の梅が再び中を舞う。

 そして――僕は聖域へと足を踏み入れた。

 そこは深緑の緑が踊る、静寂の森の中だった。

 

 ――凄い。

 それが、感想だった。

 われなが
 我乍ら、なんとも間の抜けた感想だと思う。

 神社の裏道を抜け、梅林と竹林を抜けた先に――その聖域はあった。

 浅黄色と萌黄色の埋め尽くす、唯々清閑な緑の斎場。否、そこにあったのは聖域というよりも――

 

 ――木だ。

 

                   おお
 巨大な――本当に巨きな樹が、そこに在った。

 巨大だった。

 唯、其処に在る。

 存在しているだけで、存在していることそのものを声高に叫んでいるかの如く。

 唯々、強烈な存在感を持って、彼はそこに存在していた。

 

 それは――大樹。

 確かなる存在感。

 大きな、大きな神木としての。

 冷たい空気と柔らかな木漏れ日が、肌に極端な温度差を感じさせる。

 

 風が吹く。

                                                                  ささや
 緩やかな風に吹かれ、騒騒と木々が揺れる。響めきの如き木々達の囁きが聞こえる。

                                                              たなび
 白い花弁が舞う。木々が騒めく。ゆっくりと日が落ちて行く。雲が棚引く。

                     だいだい
 雲と木々の隙間から、橙に染まった光が差し込む。

 温かみを持った光を受け、風に揺れる深緑の葉が震曜明滅している。

                   とうこうしょく                                                          グラデーション
 その、深緑と薄紅と橙黄色が交差し、相殺し、または相乗して森の奥へと向かって暗い階層的色合を描いていた。

 騒騒と。

           うごめ
 騒騒と森が蠢く。

 いや
 否、蠢いているのは僕だ。

 僕の心が蠢いている。

                     すさ
 烈風が心の中に吹き荒び、僕の心を騒つかせる。

 僕は唐突に不安になった。

 何かが――何かが僕を不安にさせる。

 否。

                                           な   ま
 不安だけじゃない。もう一つの感情が不安と綯い交ぜになって渦を巻いている。

 これは――高揚?

 

 

 時計の針は夕暮れ時を示していた。

 

 

 

「君は――」

 

 

 声が聞こえた――気がした。

 

「君は誰?」

 

 ――声が。

 声が聞こえる。

 

「君は誰?」 

 

 はっきり
 明瞭と。

 森の奥に響くように。

 

「君は誰?」

 

 声が聞こえる。

 

 ――僕は。

 ――僕の名前は――

 

「親が、他人と識別する為に君に付けた記号なんて聞いてないよ」

「え?」

 僕は思わず声に出して疑問を投げかけた。

 声が、僕の応えに答えている。

 

「君は誰かと云うことを聞いてるんだ。君は何者なんだい?」

 心を読むかのように、声は答えを返してくる。

                      みよし
 ――僕は――広島の三次にある中学校の――

「社会が与えた地位や身分なんて聞いてないよ。

 それとも、君はその身分が無くなったら、君じゃなくなるのか?」

 ――それは。

 

「君は誰?」

 

 ――僕は――

 

「君は誰?」

 

 ――僕は。

 

「――判らないか」

 声が一瞬沈黙する。

 木々の騒めきだけが聞こえる。

 ざざ、ざ。

 

            な
 ふと。風が凪いだ。

 

 

 

 声は話題を変える。

                             まつ
「君は何故この木が神木として祀られているか知っているかい?」

 知らなかった。

 見知らぬ土地に祀られた、朽ちることなく古くより存在する古木の故事来歴なんて知るはずもない。

 そういえば立て札が立っていたようにも思う。

             まぎ
 今はもう闇に紛れて――

                                             あまた
「来歴由来、伝説縁起は関係無いよ。この森に数多在る木々の中から、何故この木が神が降りる木――

       ひもろぎ
 つまり神籬として選ばれたか分かるかを聞いてるのさ」

 ――選ばれた?

「そう。何故だと思う?」

 ――それは――

「君は答えを知ってる筈だ。君がこの木を見た時に感じたもの。それが答えだ」

 

 ――大きい――から?

 

「そう、その通りさ!」

 ――その――通り?

                                                   カリスマ
「雄大で巨大で、確かな存在感を持っているからさ。神の賜物と云い換えてもいい」

 ――カリスマ?

                            とら
「そう、カリスマさ。他の何にも捉われない、確固たる自己を持ち続け、見るモノを魅了するからに他ならない」

 確かに僕はこの木を見た瞬間、強く惹かれた。それは――憧れ?

「この木には名前なんて無い。故事来歴だって関係無い。主義主張だって勿論無い。唯、在るだけ。

                               たてまつ
 でもこの木は祀られ、崇められ、奉 られている。

 それは――人々がこの木に偉大なるカリスマ――つまりは強烈な個性を見出したからに他ならない」

 

 強烈な――個性。

 

「君はどうだい?」

 ――どう――って?

「自分というものを名前と身分と記憶でしか表せない君に――」

 声は一拍置いて、云った。

「――君に個性はあるのかな」

 心に吹いていた風が――凪いだ。

 

 ――君は――

「僕は?」

 ――君は一体誰なんだ?

「僕は僕だよ。唯、在るだけさ」

 ――在る――だけ?

「そう、在るだけさ」

 ――でも、それじゃあ――

「名前も肩書きも演じる役も必要無い。迷いも移ろいも無い。悲しみも痛みもない」

 ――それじゃあ――悲しくないかい?

「悲しいものか」

 ――でも。

「だったら。君のほうが余程悲しい存在じゃないか」

 ――え?

 

「君は誰?」

 

 ――僕は。

 僕は一体――

 

          、 、  、 、  、 、  、 、  、 、 、 、
「そうか。まだ僕が誰だか解らないか」

                    、 、 、  、 、  、 、 、
 ――君は――否、僕は一体誰なんだ。

 

 

 

「知りたいかい?」

 ――え?

「僕が誰か。君が誰か」

 ――君は誰? 僕は誰?

「知りたいかい?」

 ――知り――たい。

「そうか」

 

 また。

 風が吹く。

 

「僕はね」

 

 風に乗って声が届く。

 囁きの様に小さな声なのに、響く様に良く届く。

 

           、 、 、 、
「僕はね、この木さ」

 

 ――え?

                                、 、  、 、 、 、 、
「この木の声だよ。間違い無い。君がそう感じたんだから。

 僕等は概念だからね。感得したものの感じた通りのモノになる。僕は大樹だ」

 

 意味が解らなかった。

 

            、 、  、 、
「そしてね、僕は君だ」

 ――僕?

                           こだま
「僕はね、君の心の声が森に谺して生まれたのさ。大きな声ほど良く響く」

 ――僕の心の声――

                                                               ちっぽけ
「君は感じたろう? 君は思ったろう? この木に対して自分は何て矮小なんだと。

 唯諾々と生き、自己を持たず、他人に埋没して生きている自分とは一体なんなのかと。

 その疑問が、君の心とこの森に谺して僕が生まれたんだ」

       こだま
 疑問が谺して――

                                                            、 、 、 、 、 、 、 、 、 、 、
「君はこうも思った。この木は在るだけで自己を確立している。僕もこんな風になりたい。

 君は惹かれたんだ。君は見出したのさ。この木に確かな個性を」

 

 そして、彼はたっぷりと間を持たせてから云った。

 

「僕はね、君なんだよ」

 

 旋風が、梅の花を巻き上げた。

 

「僕にとっての僕は僕だ。この森にとっての僕は君の心の叫びの反響だ。そして、君にとっての僕はこの木。

 じゃあ――」

 

 

「――君は誰?」

 

 

僕は。

 

 

「君にとっての君は誰なんだい?

 君の親がつけた名前のみに生きる者かい?

 それとも周りの環境だけに構築される拡散した者かい?

                              よ
 記憶と云う移ろい易いものに依ってのみ証明される者なのかい?

               、 、 、  、 、
 それとも――この木かい?」

 

 ――え?

 ――今、何て云った?

 

「云ったろう? 僕は君だ。そして僕はこの木だ。なら――」

 

 

       、  、 、 、 、 、 、 、 、 、 、 、
「――君だってこの木じゃないか」

 

 

 ぐにゃりと。

     ゆが
 森が歪んだ――様に見えた。

 否、違う。歪んだのは僕の視界だ。世界だ。そして心だ。

 めまい
 眩暈。

 世界が回る。

 もうまく
 網膜に焼き付くもの。

        ゆっくり
 夕陽が緩慢と沈んで行く。

               たそがれどき
 赤黒い夕闇と、黄昏刻が訪れる。

 深緑の森が黒く染め上げられて行く。

 森が風に吹かれ、反復の幅を広げる。

 風に乗り、白い欠片がくるくると舞い踊る。

 まるで、そこだけ闇を切り取ったかの様に――白い。

                       たゆた
 旋風が円を描き、地に揺蕩う梅花を巻き上げる。

                                    な
 ひゅう、と切るような音を立てて風が哭く。

 騒騒と木々が蠢く。ひらひらと梅が舞う。

 風に吹かれて森が蠢く。花が散る。

 それでも大樹は動かない。

 何があろうとも――

 心が騒めく。 

 騒騒。

 ざ。

 

  あ あ
 嗚呼。

 ようや     、  、 、 、 、 、
 漸く――漸く解ったよ。

 君はずっと、語りかけていたんだね。

 僕はずっと、耳を塞いでいたんだね。

 最初からそうだっじゃないか。

 

 

「君は誰?」

 

 蠢いていたのは森じゃなくて心。

 

「君は誰?」

 

 騒ついていたのは木々じゃなくて心。

 

「君は誰?」

 

 囁いていたのは竹林じゃなくて心。

 

「君は誰?」

 

 そうか。

 僕は――

 

「君は誰?」

 

「僕は」

 

 

 気がつくと、日が落ちていた。

 

 

   *

 

 

 翌日、僕は再びここにきた。

 夢だったのかも知れない。そんな思いが去来する。

 ここは、今日も昨日と変わらない。

                                       かげ
 風が吹き、梅が散り、竹が騒めき、日が翳り、森が蠢いている。

 

 ふと。風が凪いだ。

 

「君は誰?」

 

 彼の声が聞こえた――気がした。

 僕は彼を呼び、叫んだ。返事は返ることなく、僕の声だけが森の中に谺した。

 

 

 

 

 

 

 僕が彼を――否、自分を求めて森の奥深くへと歩を進めたのは、平成二十三年三月十三日のことである。

 

 

 

 (了)

 

 

 

 

 

久我山大介氏へのご感想は、BBSへどうぞ。


あやかし

PrivateBomba] [SPECIAL] [BBS]