サクライロ

晴れ、ときどき蝸牛蝸牛嬢 ・ 著

 

 

恋の色はサクライロ

ほのかに染まり花開き

あなたを見つけて開花した

あの桜と同じ恋の色

 

 

期待に膨らみ色づいた

あのつぼみのなかに

恋の色は詰まっていた

春を告げるサクライロ

 

 

恐々と花開く桜

少しずつ開く心の扉

笑顔はきっとサクライロ

 

 

誰よりも

あなたに見せたい私の色

それは綺麗なサクライロ

 

 

 

 

 

蝸牛嬢へのご感想は、『晴れ、ときどき蝸牛』へどうぞ。


PrivateBomba] [SPECIAL] [BBS]

壁紙は『創天』からお借りしました。