手紙

高士氏 ・ 著

 

 

 

その手紙を初めて目にしたのは約一ヶ月前のことだった。

 

学校に行く途中に、“それ”は何気なく落ちていたような気がした。

…つい、持ち前の好奇心で開けてみて、

まあ、外見が今時珍しい典型的な「ラブレター」だったからかもしれないが…

…そして、今、この手紙を拾ったことをすごく後悔していた。

 

好きです。今でもその気持ちは変わりません。

 

 

瞬時に捨てようかと思ったけど、

ちょうどいいタイミングで友達に声かけられた為、結局そのまま持ってきてしまったのだ。

 

それに、…私は「手紙を捨てる」って行為にちょっとだけ嫌な思い出がある。

昔、って言ってもそんなに前でもないけれど、淡い思いを必死で文に込めたラブレターを、

…目の前でそりゃあもうビリビリに引き裂かれて、

…この手紙を出した人にもそういう思いはしてほしくないからね…

 

 

 

瑞希〜、一生のお願い! 今日の所の予習見せて〜♪

 

今月に入ってから十数回目になる「一生のお願い」を聞き流し、

ふと思い出して、あの手紙を探してみたが、

ノートに挟んでおいたはずのそれは、いつの間にか消えていたのだった。

 

 

 

 

 

家に帰ってからも、罪悪感もあったからか、ずっとそのことばかり考えていた。

 

誰に渡すはずだったんだろ? 男性? それとも女性かなぁ…

 

すっかり癖になった独り言をつぶやき、

ベッドから起き上がると、自分宛てのつもりで返信を書いてみた。

罪滅ぼしも兼ねて…

 

 

お手紙どうもありがと。とっても嬉しいです。

私としては、も少し貴方の事が知りたいので、できれば文通でも始めませんか?

 

 

妙にドキドキしている自分に気付き、何故か顔が赤くなった。

 

 

 

 

 

…それから二日ほどが経ち、そんな些細な事がいつも通りの日常に押し流されていた頃。

いつもと大差ない授業を聞き流し、帰ろうと教室の無機質な椅子から立ち上がった時、

誰かが自分の名前を呼んだような気がした。

 

…確か、教室出るの、私が一番最後だったよねぇ…

 

振り返ってみると、手紙が一通、さっきまで私が座っていたところに置いてあった。

 

 

そのときは自分でも不思議なくらい落ち着いていたと思う。

何も疑問も無く、手にとって開けて読めたのだから…

…気持ち的には、嬉しさ半分、戸惑い半分ってところだったけど…

 

 

そこには、私の返信に対するお礼と彼の簡単な自己紹介、

…そして、あの手紙の本当の受取主、つまり、彼の思い人の事が少しだけ書かれていた。

 

 

…彼とその娘はよく言う「友達以上、恋人未満」な関係だったらしい。

信頼し合える、頼り合える。そんな距離をお互い無意識に保ちながら過ごしていた。

けど、彼女が事故で亡くなった時初めて、

彼は、彼女に対する愛情、彼女に何もしてあげられなかった事に対する後悔感が織り合わさって、

彼女の為に、あの手紙を書いたという事だと…。

 

 

 

 

この手紙の返信に、私は何を書いたかすら覚えてない。

ただ、この日から、ほぼ毎日のように彼と手紙を交わしていた。

 

 

手紙のやり取りは簡単だった。

手紙を封筒に入れておくだけでいつの間にか「彼」に届けられていて、

ふと気づくと彼からの返信の手紙が視界の中にある。

やり取りの仕組みなんてどうでもよかった。

ただ彼と話がしたかっただけかもしれない。

 

 

今日の出来事、とりとめも無いこと、友達のこと、……

彼は些細な事でも真剣に聞いてくれたし、どうでもいいことでも一緒に笑ってくれた。

 

 

 

 

 

 

 

…そして今、私はすごく後悔していた…

あの手紙を出したときの彼の気持ちが痛いほど解った。

彼はもうここにはいない。彼からの最後の手紙に、そう書いてあった。

 

 

初めてあの手紙を拾ったこの歩道で、愛する人をかばって共に亡くなり、

でも、その一言のために、ここに留まらざるを得なくなった彼…。

 

 

いつの間にか、そんな彼が好きだった。

彼を愛していた。

たとえ姿が見えなくとも、たとえ声が聞こえなくても、たとえ……。

 

……涙が溢れでてきた。

 

…きっとこんな感情だったのでしょうね…

独り言は言葉にすらならない。

 

 

右手に持っていた手紙、彼宛の最後の返信を空高く投げ上げる。

それは、まるで彼が運ぶかの様に舞い上がり…、…もう見えなくなった。

 

 

それを見送ってから、涙を拭いて、今出来る一番の笑顔を空に向けて、

 

あなたが…好きでした。今でもその気持ちは変わりません…

 

そう呟いて、歩き始めた。

 

 

 

 

 

 


PrivateBomba] [SPECIAL] [BBS]