日常
〜私立桜澤学園高等部のいつもの朝〜

久我山大介氏・著

 

 

 

「おーっす!」

 クラス全員への朝の挨拶を一度に済ませながら。

「いやー、今日も暑いねー」

 彼女は自分の席へと向う。

「今日はちょっと寝坊しちゃってさ。起きた時はマジ焦ったよ。
 弟が起こしてくれなきゃマジでアウトだったね」

 毎朝繰り返されていると思われるいつもの光景。

「バター塗った食パンくわえて走っちゃったよ。
 カッコイイ転校生とはぶつからなかったけど」

 そして彼女は、自分の席の隣に座っている――否、自分の腕を枕にして突っ伏している
クラスメイトに目を留めて。
  ミチル
「未知流おはよー」

 一応、朝の挨拶を試みる――が。
 返事はない。予想通り、いや、いつも通りだ。

 返事の代わりに聞こえるのは寝息。朝の挨拶の変わりに聞こえるのは寝言。
 これも、いつもの光景。
               スイゼンジ ミチル
 寝ている男子生徒――水前寺未知流は極端に朝に弱いのだから。
       オウサワ アキ
 彼女――桜澤空燬は口元に笑みを浮かべる。

 そして彼女は大きく腕を振り上げて。
 学校指定の鞄が、勢い良く振り下ろされた。

 

 これも――いつもの光景。

 

 がすっ!

 

「ってえ!」
            ミチル                     マヒロ
「おっす、ねぼすけ未知流。今日も元気に爆睡かぁ? あ、眞広君もおはよー」

 彼女は何事も無かったかのように――毎朝繰り返されている光景だから、本当に何事も
なかったかのように――未知流の前の席の男子生徒に声をかける。

「おはよ」
                 ヤガミ マヒロ
 朝の挨拶を返した彼――夜神眞広の机には、焼きそばパンが五本と、インスタントの力うどんが
二杯、湯気を立てて並べてある。口には――焼きそばパンがもう一本。

「うわぁ、今日の朝ご飯は焼きそばパンに力うどん? 炭水化物のオンパレードだ」

「朝はしっかり食べないと」

 と云いつつ、次の焼きそばパンに手を伸ばす。
 さっきまで半ばまで頬張っていた分は、既に跡形も見受けられない。

「あんたは朝以外もしっかり食べてるでしょ」

 空燬は笑いながらツッコむ。夜神はボケているつもりは無いのだろうけれども。

 その時。

「アキ! お前、毎朝毎朝、人の頭をポンポンポンポン………!」

 夢と現実の狭間を彷徨っていた未知流が、若干のタイムラグを経て抗議の声を上げる。
 残念ながら、これも、いつもの光景。

「あはははは、こんなに可愛い女の子が、わざわざ起こしてまで毎朝挨拶してやってんだ。
 感謝しろよー」

「可愛い女の子? どこに?」

「目の前」

「悪い。俺、今日コンタクト忘れてきたみたいだわ。そんな子、何処にも見えねえや」

「ほほーう、いい度胸だ」

 これも、いつもの光景。

「しっかし、あんたも毎日毎日よくもまあって位に寝てるわね。
 一体、一日に何時間寝てるのやら。ひょっとしてどこか悪いとかじゃないの?」
  ミチル
「未知流はダルいから寝てるだけだよ。色んなものが面倒なんだ」

 未知流の代わりに、眞広が即答する。
 空燬は、力うどんをすすりながら器用に喋る眞広に、

 マヒロ
「眞広君も、本当に朝からそんなに食べてさ。体壊さない? おねーさんは心配だよ」

 と言葉を投げる。
 すると今度は、眞広の代わりに未知流が応えた。
 マヒロ
「眞広が食べ過ぎで体壊す? 無い無い。餓死することはあってもそれは無い」

「そう。ま、二人がお互いに大丈夫って云うんなら大丈夫だろうけど。
 おねーさんは安心しました」

「てか、何ださっきからおねーさんて」

「お姉さんキャラを意識してみました」

「似合ってる、似合ってる」

「あ、やっぱり? セクシー?」

「それは無い」

「マジで? ショックだなぁ」

「セクシーセクシー」
                       マヒロ
「心のこもってないフォローありがとう、眞広君」

「どういたしまして」

「そこは否定しようよ!」

「ごちそうさまでした」

「食べ続けてたのかよ!」

 

 そんな、いつもの光景。
 いつもの教室。

 

 そこに。

「遅刻遅刻! 電車で寝過ごして終点まで行っちゃった!」

 元気に跳ねるような髪を、赤いヘアバンドでまとめた少女が、息を切らしながら飛び込んできた。
 残念ながらこれも――いつもの光景のようだ。

   マコト
「あ、誠。おはよー」

「あ。アキ、おはよー。」
 ムラカミ
「村神さん昨日も遅刻したよね」
       ヤガミ
「うっさい。夜神君はいつも一言多いぞ」

「そうかな」

「おーっす、お前ら。席に着けー」
   ヒイラギ
「あ、柊先生。おはようございまーす」

「よーし、出席取るぞ。石井―。井志田―。狗神―。岩佐―。遠藤―」

「ぐー」

「せんせー。遠藤さんが寝てます」
                    オウサワ                           スイゼンジ
「よーし、叩き起こせ。続けるぞ。桜澤―。陸岬―。押田―。勝又―。嶋―。正司―。水前寺―」

「ぐー」
        スイゼンジ
「せんせー、水前寺君が寝てます」

「ね、寝かせておいてあげなさい。折角寝てるんだからわざわざ起こす手は無い。うん」
      ミチル
「先生、未知流に何か握られてんですか」

「つ、続けるぞー。た、立田―。中西―………」

 

 

 出席を取る声は続く。
 いつものように。
 昨日のように。
 明日のように。

 そして。
 日常は続いていく。
 クラインの壷のように。
 ウロボロスの蛇のように。

 そう。
 日常は繰り返される。
 安寧と鬱積の両方を根底に抱えながら。

 不安の無い繰り返しは安寧を。変化の無い繰り返しは鬱積を。
 日常とは、変化の乏しい毎日を当たり前に過ごすことだ。

 

 

 昔は、日常と云うものは、少し面白くなかった。
 だが、今は、それもまた面白いと思う。

 日常は繰り返されるが、不変ではない。娯しいことは偶に有るから愉しいのだ。
 ウロボロスだって、偶には違うものが食べたくなるだろう。

 

 

                 ムラカミ   ヤガミ
「二見―。宮川―。宮澤―。村神―。夜神―」

「おなか減った」

「もうかよ!」

 

 

 そんないつものやり取りを聞きながら。

「――日常も悪くありませんね」

 何気無く通りかかった廊下で見かけた、そんな日常を見送りながら。
 私は――ゆっくりと教室を後にした。

 

 

 

 

 

 

 

 

<DSの戯言>
↓お礼にかこつけた、ネタ晴らしとかこの作品の背景とか……読みたい方だけ反転して読んでください↓

ひょーひょーひょー♪(意味不明の踊り)
ついに頂いてしまいましたよ!
桜澤学園創作者による、桜澤学園のSSっ! うきゃあぁぁvvv

※ 私立桜澤学園は、大介氏が某作品にて作ったものです。
『鳩羽』シリーズにて、DSが舞台の1つにお借りしておりますv ※

作中には一言も説明が出てませんが、
実はコレ、私立桜澤学園理事長・桜澤優人氏の視点で書かれております。
(最後の一人称『私』が桜澤理事長のことなのですね)
桜澤優人とゆーのは、久我山大介氏のもう1つのHN。
つまりは、桜澤学園を創立した大介氏の視点で描かれた、学園生活なのですっ。

楽しく騒がしい喧騒を、理事長という教室の外の存在から眺めて
奥の見えない笑顔を浮かべてる理事長……
つまりは。そんな日常なのでした。

うひゃー! 『桜澤学園の日常風景』ってリクエストで、こー来るとは思いませんでしたよ!
普通の話……と思いきや、嬉しい誤算。ドキドキのびっくり箱でした♪
大介氏、ありがたうございましたっ!!
またよろしくお願いします(笑)

 

久我山大介氏へのご感想は、BBSへどうぞ。


久我山大介氏の怖〜い別作品はこちら >> あやかしこだまM耳袋

PrivateBomba] [SPECIAL] [BBS]

背景画像:Dream Fantasy