あやかし

久我山大介氏・著

 

 

 

ぬめり。

 

温かいものが体に纏わり付く。

―――厭だ。

 つしまななみ

津嶋七海は左手で、夏の陽気に暖められた風を薙いだ。

 

それでも風は、凪ぐ事無く体に吹き付ける。

どろりとした感触が左手に残った。

どうかしている。実体の無いものを除ける事など出来はしないというのに。

そんな考えが頭に無かった訳ではない。

しかし。

ならばこの感触はなんだと言うのだ。

生温い何かが体に纏わり付く。

                                         もが         もが

蛇の様に全身に絡みつく暖気。踠 いても踠 いても離れない泥。

そう、泥の様だ。

                       とぐろ

ねたり、ねたりと 蜷局を巻いて、全身に巻き付く泥の蛇の様だ。

まるで、あの―――。

 

  かあ

迦鴉。迦鴉。

鴉が啼いている。黒々とした翼がゆらりと舞った。

陽が傾いていた。

 うろん

胡乱な夕闇がゆっくりと辺りを包む。

 

ゆうぐれどき

夕暮刻。

たそがれどき

黄昏刻。

たそかれどき

誰彼刻。

かはたれどき

彼誰刻。

おうまがとき

逢魔刻。

おおまがどき

大禍刻。

 

陽が傾き、夕陽が暮れ行く刻。

世界が黄褐色に、昏く染まる刻。

                                             いぶか

行き交う人が昏さ故、「彼は誰か」と訝しむ刻。

                             まま

誰とも解らぬ儘に、魔に行き逢ってしまう刻。

               まが

大いに禍つなる刻。

 

禍つなる、刻。

 

陽が、暮れる。

陰が、広がる。

じわじわと蝉が啼いていた。

薄暗い闇が何かを連れてくる

―――死臭が。

何処からか死臭がする。

気のせいだ。黄昏刻は人の判断が鈍るという。

しかし―――。

            す                          む

その饐えた臭いに噎せ返る様な悪寒を覚えて、津嶋は再び空を薙いだ。

夕闇が雲に包まれる。

ぽつり。

雨粒が頬を濡らす。雲が広がって行く。

夕立があるのだろう。

瞬く間に雨足が強くなる。

数多の雨粒が津嶋に降り注いだ。

体に纏わり付く夏の陽気が冷やされて行く。

ぬめりが落とされていく。

津嶋はゆっくりと歩を進めた。

なるべく家には帰りたくなかった。

暖められた風の様な、厭なものが纏わり付くから。

鴉も、蝉も声を潜めている。

人の声も聞こえない。

静かだ。

耳鳴りがする程に。

雨音が、静寂をより無音に近い状態に近付けた。

無音と雨と暗闇が津嶋の体を包んで行く。

まるで海に身を委ねている様だ。

陽の光の届かぬ海底に向かって沈んでいるかの様だ。

酷く安心する。

意識がゆっくりと混濁していく。

嗚呼、これは―――。

                                                              ボリューム

そう思った時、不意に雨音が音量を上げた。

津嶋は、はっと目を覚ました。

どろり、と遠い行く手に降る雨が気配を帯びる。>

ゆっくりと、雨と闇と無音が形を成していく。

          こご

雨水が凝っていく。

あれはなんだ。

ぬらりと濡れた黒い髪。白い肢体。

そうか、あれは女だ。

                              うずく

女が雨の中に蹲っている。

顔は見えない。

唯、白い手足だけが闇を切り取るかの様に確りとしていた。

女がゆっくりと上体を起こす。女はこちらに気配を向けた。

蒼い唇が僅かに動く。

雨の音が言の葉に聞こえる。

彼女は、何を言っているのだろう。

彼女の声は雨の音に雑じって能く聞き取れない。

お――おい―――。

その言葉を掴もうと津嶋が歩を進めた、その時―――。

 

ざわざわ

騒騒、と。

 

遠雷の様なものが聞こえた気がした。

 

 

 

 

 

 

 

 

ぬめり。

 

温かいものが体に纏わり付く。

―――厭だ。

津嶋七海は浴びていたシャワーを止めた。

 

 

浴びていたのは冷水だ。

暑かった訳ではない。

温水を、温かいものを浴びるのには抵抗があったからだ。

にも関わらず、生暖かい何かを頭から浴びてしまった気がしたのだ。

圧縮されて本来の透明を失った水が。冷たい筈の白濁とした水が。

何か生き物の様な温かさを以って体を包んだ気がしたのだ。

水が纏わり付く。生暖かさを帯びたまま。

べたり、と。 まるで長い髪に包まれた様な。

髪の毛の―――雨。

あの女の―――髪の毛の。

べたり。べたり。べたり。

拭っても拭っても纏わり付く霧雨の様な、雨。

 

どろり。

 

生暖かい水の質感が変わった。生暖かいままに。

この雨は―――腐っている。

体に絡みついた髪は、どろりどろりと腐ったかの様に表皮を覆っていく。

 

どろり、と。

―――馬鹿馬鹿しい。 水滴を払う。

津嶋はドアを開け、浴室からバスタオルを掴んだ。

体に纏わり付く髪の毛を、一刻も早く拭い去りたかった。

脱衣所の鏡を見る。

何とも無い。当たり前だ。髪の毛などが付く訳が―――。

 

ゆらり、と。

鏡の中に湯気が舞った。

冷水を浴びていたにも関わらず、湯気が。

浴室に。

何処から―――。

ゆらり。

 

一筋の湯気が舞う。

ゆらり、ゆらりと。

湯気はゆっくりと津嶋に近づく。

 

ゆらり。

湯気が体に纏わり付く。

湯気がゆらゆらと揺れる。

―――顔が。 湯気の中に顔が。

あの女の。

わらって―――。

津嶋は鏡から眼を離さずに手で湯気を払った。

湯気はゆらりとよろめき、四角い浴室に、四角い脱衣所に拡散した。

はこ

匣の様に密閉された空間に湯気が。

湯気は消える間際にまた、にやりと笑った。

津嶋は換気扇のスイッチを入れ、バスタオルを頭に被り、視界を塞いだ。

もう、鏡を見るのも厭だった。

そして―――。

髪から生暖かいままの水を拭い去ろうとした、その時―――。

 

ひたり。

 

首筋に冷たい手が触れた気がした。

 

 

 

 

 

 

 

ぬめり。

 

温かいものが体に纏わり付く。

―――厭だ。

津嶋七海は夢から醒めた。

 

夢を覚えている事は少ない。

夢を視た事自体は覚えているのに、その内容となるとまるで解らない。

唯、今回は。

今回は覚えていた。

厭な―――夢だった。

 

 

 

 

父が視ていた。

母が視ていた。

皆が視ていた。

僕を視ていた。

 

白い、本当に白い目で。

あの視線に込められたのは嫌悪か。好奇か。嘲りか。

憎悪か。

皆が視ている。

皆が。

 

 

          わら

父が哂っている。

母が哂っている。

皆が哂っている。

僕を哂っている。

 

あの笑顔は皆、嘲りか。

疎ましいモノを哂う父。

要らぬモノを哂う母。

下位のモノを哂う皆。

何も無い、目以外何も無い顔で。

皆が哂っている。

皆が。

 

 

父が追い駆けてくる。

母が追い駆けてくる。

皆が追い駆けてくる。

僕を追い駆けてくる。

 

                  ひたすら

逃げた。只管逃げた。

暗闇を。何処までも続く暗闇を。

走って、走って、走って。

僕は転んだ。

口を切ったか、砂利が入ったか。

口の中に厭な味が広がる。

父が。母が。

皆が追い駆けてくる。

皆が。

 

 

父が。母が。皆が。皆が。皆が皆が皆が。

 

 

視ないで。

哂わないで。

追い駆けないで。

 

僕を。

僕を―――。

 

 

 

汗がべったりと体を包んでいた。

蒲団もじわりと湿っていた。

気持ちが悪い。

何故、こんな夢ばかり覚えているのだろう。

夢など―――視たくも無いのに。

そう思った時―――。

 

 

 

ぞろり。

 

寝巻きの下で、蒲団の中で。

        うごめ

汗が蠢いているかの様な錯覚を覚えた。

ぞろり、と。

まるで蟲の様に。蛇の様に。

ぞろりぞろりと蠢いている。

気がする。

 

 

蒲団を出る。

津嶋は寝巻きを着替え、寝る事を止めた。

あんな夢は、もう。

暗い部屋に視線を泳がす。

何も無い。空っぽだ。

机。ベッド。時計。

それだけが。それだけがあった。

いつもと変わらぬ部屋の情景。

                                     おり

まるで空っぽの檻だ。

僕を押し込めておく牢獄だ。

ちりん。

暗闇に澄んだ音が響く。

視線を窓に移す。

窓の外に風鈴が揺れている。

窓に格子状に切り取られた夜空に、月が出ていた。

触れれば斬れる程の細い月が。

雲は、無い。

全てを呑み込むかの様な闇が広がっていた。

街の灯りも見えない。

唯、月だけが。

闇を切り取るかの様に、在った。

月は嫌いだ。

あれは闇を切り取る。

月は太陽の光を反射して輝いている。

                                              もたら

しかし、月の光は何も齎さない。

何も齎さないのであれば、無い方がいい。

そう、僕の様に―――。

 

ちりん。

 

階下から喧騒が聞こえる。

父の怒号。母の罵声。

要らない。要らない。要らない要らない要らない。

声はそう聞こえた―――気がした。

―――また、か。

耳を塞ぐ。

目を瞑る。

煩わしい喧騒が、風鈴の澄んだ音が遠退いていく。

月の光も見えなくなる。

匂いもしない。

何も感じない。

闇と―――同化したかの様に。

 

じゃり。

 

口内から音がした。

途端に口に厭な味が広がる。

じゃり。

何かが―――ある。

吐気がした。

堪らず口内にあるものを吐き出した。

                                                                                            わだか

唾液に混じり、幾つかの小さな欠片が床に蟠った。

月光にその欠片が照らされた。

砂。

白い―――砂。

何故。

否。幻だ。

こんなものが。

                         うつつ

夢が―――現だとでも。

 

皆が視て。

皆が笑って。

皆が追い駆けて。

 

皆が―――。

 

視ないで。

笑わないで。

追い駆けないで。

 

また音が聞こえた。

 

 

 

じゃり。

 

 

 

 

 

 

 

 

ぬめり。

温かいものが体に纏わり付く。

―――厭だ。

津嶋七海は歩を早めた。

 

 

わらっている。

                                                       わら                     わら

笑っている。哂っている。咲っている。嗤っている。

纏わり付く嘲りの視線。

生暖かい視線。

好奇の視線。嘲笑の視線。罵倒の視線。視線視線視線。

―――視線。

誰も彼もが視ている気がする。

ねっとりと、べったりと、ちりちりと。

あの夢の様に。

衣服の生地を透過させて皮膚に注がれる生暖かい、視線。

生き物の様に纏わり付く視線。

わか

理解ってはいる。

これが自意識過剰だと、被害妄想だと。

誰も視て等いない。

でも。

生暖かい、ぬるりとした、蛇の様に纏わり付く感触は。

この感触は何だというのだ。

暖風を受けた時に感じた、冷水を浴びた時に感じた、あの感覚に近い。

でも、違う。

違う。

吐気がした。

 

 

目の前が朦朧とし、立ち眩みを起こす。

体が火照る。同時に怖気が走る。

 

くらくら         くらくら

眩眩と、夢夢とした。

視界が、世界が廻っている。

意識が混濁し、混沌としていった。

哂い声が聞こえる。嗤い声が聞こえる。

遠くから。近くから。彼岸から。此岸から。

なんなんだ。なんなんだ。何故哂う。何故 嗤う。

僕が何をした。僕が何をした。僕が、僕が―――何を。

皆が視ている。皆が嗤っている。皆が追い駆けてくる。皆が。

遠退く意識の中で聞こえた気がした。

                                                 けらけら

宴楽に浸るかの様な、倩兮と嗤っている声が。

ほの        けぶ

仄かに煙る視界に見えた気がした。

にやにやと嗤う蛇の。否、父の、母の、皆の顔が。

厭な感情が形になる。像を結ぶ。心に。

 

倩兮。

倩兮倩兮倩兮。

 

わらうな。

笑うな。哂うな。咲うな。嗤うな。嘲笑うな。

 

 

 

 

僕を―――視ないで。

 

 

 

 

 

 

 

 

潮風が吹いている。

砂浜は昼間の熱を失い、冷やりとした感触を足の裏に伝えた。

                                       むらくも

月は出ていなかった。新月か。群雲か。

闇夜の静寂に、波と風と砂の音だけが響く。

津嶋七海は海を眺めていた。

瞑い、冷たい海水ならば自分を受け止めてくれる気がした。

思った通りに闇夜の海は全てを包み込んでくれた。

他人に向けた感情がどろりと溶けて液状になり、意識を満たし、充満した。

どろどろとした不定形の海の様に。

スープの様に有機的な。

海。

凪ぐ事の無い潮風が、津嶋を包む。

 

 

―――ぬめり。

 

風―――。

潮風が―――。

纏わり付く―――。

                                                                                           からだ

体に。身体に。躰に躯に軀 に軆に體に。空体に。

ねっとりとした生暖かい風が、蛇の様に纏わり付く。

纏わり、憑く。

不思議と不快感は感じなかった。

少なくとも、この体にいつも纏わり付いていた日常よりは。

あの視線よりは。哂われるよりは。

          きず

心に瑕を付けられるよりは。

 

―――心地良かった。

 

じゃり。

 

砂。

津嶋は足元の砂を掴んだ。

砂は重力に従い、掌の隙間からするすると抜け落ちていく。

まるで生き物の様に。

この砂は何処のものだろう。

波がぶつかってあの岩が削れたものか。海底の岩盤が削られて出来たものか。

この砂は。砂は。

何の欠片なのだろう。

岩の、星という巨大な岩の。欠片なのだろうか。

岩の、星の―――死骸、か。

砂が星の死骸なのだとしたら、砂浜は骸の野だ。

白い。

この砂は何の混じり気も無いかの如く、白い。

まるで骨だ。

一面に広がる骨。骸。躯。死体。死骸。数多の骨骨骨。

                                                                                                あらゆる

海は生命のスープだ。ならば砂浜は、在りと凡百生命の骨で出来ている。

いや、生命だけではない。無機物の死骸も累積した墓場だ。

星の。岩の。魚の。木の。船の。人の墓場。

墓場だ。

先程まで生き物の様に感じた砂が、骨の、命の欠片に思えた。

津嶋は墓場に足跡を残し、生命のスープへと近づいた。

 

じゃり。じゃり。じゃり。

 

砂浜が墓場ならば、海は生命なのだろうか。

あの、瞑い海が。

 

じゃり。じゃり。

 

砂が、骨が鳴る。

一足踏み出す毎に―――骨が。

 

じゃり。

 

夏。枯れ逝く死の季節。

海。生命の還る場所。

砂。凡百ものの骨。

 

波が寄せる。

 

ひたり。

 

水泡を含み、白く濁った白い波が浜辺に打ち寄せる。

ひたり、ひたりと打ち寄せる。

闇から幾筋にも産まれ出でる白い、波。

浜辺に打ち寄せた白波は、また水泡を含み闇海へと返って行く。

 

ひたり。ひたり。ひたり。

 

寄せる。反す。寄せる。反す。寄せる。反す。

永遠とも思える繰り返し。

 

ひたり。ひたり。

 

―――手。

あれは波じゃない。あれは―――手。

 

ひたり。

 

ふと、そんな気がした。 白い、手。

 

父の手でも。母の手でも。誰の手でもない。

手招きの様に寄せては反す、白い手。

波間から幾本もの白い手が。

      い

お出で、お出でと。

呼んでいる。

僕を。

 

海鳴りが聞こえる。

鳴り響いて来る遠雷の様な低い響き。

うねりが海岸で砕ける時に空気を巻き込んで発する音。

たいふう

颱風が近いのだろう。

うねりが。

うねりが海岸で砕ける時に。

空気を巻き込んで。

遠雷の様な低い響きを。

―――違う。

あれは海が。

あれは海が呼んでいるのだ。

瞑い海が。

 

騒騒、騒騒、騒騒。

 

白波が打ち寄せる。寄せては反す。

雫が舞う。舞っては散る。

 

騒騒、騒騒、騒騒。

 

白い手が打ち寄せる。寄せては還す。

躰が舞う。舞っては散る。

 

騒騒、騒騒、ざざ、ざ。

 

海が―――。 海が呼んでいる。

 

騒騒、と―――。

 

 

 

津嶋七海が入水したのは、平成二十六年七月二十一日の事である。

 

 

                                                                                                                        (了)

 

 

 

 

 


久我山大介氏へのご感想は、BBSへどうぞ。

PrivateBomba] [SPECIAL]