M耳袋

 久我山大介氏 ・ 著

 

※このお話はフィクションです。
 実際の人物、地名等とは一切関連はありません。
 また、別のどのフィクションとも関連性は御座いません。
 そのことを御了解の上、単体としてお読み下さい。

 

 

プールにまつわる不思議な話
  ……そんな時にね、皆でこっそりとプールに行ったんですよ。

図書室にまつわる不思議な話
  ……一番最初のページに、赤いインクで乱暴な殴り書きでね。『首吊り自殺』って。

生徒会室にまつわる不思議な話
  ……窓が割れてて。生徒会室は真白に染まっていました。

渡り廊下にまつわる不思議な話
  ……そして。Fさんは追いついて、彼女の肩をつかんだ。

学校にまつわる不思議な話
  ……果たして、そこには長い、無人の廊下が続いているだけであったと云う。

記念樹にまつわる不思議な話
  ……ポタポタッと、Mさんの頬に水滴が落ちて来た。

大時計にまつわる不思議な話
  ……私は反対したんです。でも、H君はやるんだって聞かなくて……

七不思議にまつわる不思議な話
  ……その時。にゃぁお、と。男子生徒の真上から、猫の声が聞こえました。

 

 

久我山大介氏へのご感想は、BBSへどうぞ。


久我山大介氏の他の作品もどうぞ >> あやかしこだま

PrivateBomba] [SPECIAL] [BBS]

壁紙は全て『創天』からお借りしました♪