Cicada

競作小説企画 第6回「夏祭り」 出展

 

 

 暗い土の中を掘り進む。
 目指す場所は、いつもの木の根じゃなくて、地上。
 僕が生まれた場所。
 上へ、上へと進んでいく。
 みんなとは違う僕だけど。
 みんなと同じように。
 みんなと同じようになりたいから。
 進んでいく。



 ぼこっと。
 土の感触が手から消えて、明かりが差し込んでくる。
 小さな穴を、僕が通れるくらいにまで大きくして。
 ふっと息をついた。
 この先は、地上。
 長く暮らした土の中とは違う世界。
 みんなが目指す世界。
 僕らが行くべき世界。

 明るい陽の光が、穴の入り口から僕へと降り注ぐ。
 まだ、駄目だ。
 こんな明るい中じゃ、鳥も動物もいっぱいいる。
 こんな暑い中じゃ、まだ乾燥に弱い僕は長く動けない。
 だから、待つ。
 ずっと待ってきたんだから。
 もう少しだけ。



 お陽さまが沈んで、穴の向こうも暗くなった頃を見計らって。
 僕はやっと地上に出た。
 葉っぱが茂っていて、見上げても空が見えない。
 違う。暗くて葉っぱと空の境界線が見えないんだ。
 ゆっくり、ゆっくりと、大地を踏みしめて。
 僕の場所を探して進む。



 途中、近くをそいつが通った。
 木の根で食事をしている時に会ったことがある、顔見知り。
 僕と同じ年に生まれて、僕と同じ土で育って、僕と同じように地上に出てきて。
 僕と同じで、だけど僕とは違う……
 みんなと同じ、できそこないの僕とは違う、そいつ。

「お前も出てきたのか」
 そいつが、言った。
「お前なんか出てきても、何の役にも立たないのにな」
 かつて会った時と同じように、僕を嘲って。
「役立たずのお前じゃなくて、あいつが生き残るべきだったのに」
 そいつの友達は、土の中で死んだのだという。



 僕らが生き残るのは、そんなに簡単じゃない。
 敵も多いし、怖い病気もある。
 だから、いっぱい生まれても、こうして地上に出てこれる数は少ない。
 そして、地上に出てきた少ないみんなで、たくさんの卵を産む。
 そうしてまた、たくさんの子供が生まれて、たくさんの子供が死ぬ。
 僕らはそうして命を繋ぐ。
 だけど……



「お前には何も出来ないのにな」



 言い捨てて、そいつは去っていった。
 言い返す言葉もない。
 僕は、僕らが繋ぐ命のサイクルから外れてしまっているから。
 命を繋ぐためにいる僕らの中で、それができない、できそこない。
 好きでそう生まれたんじゃない。
 きっと、父さんも母さんも、そう望んで僕を生んだんじゃない。
 誰も望んでいないのに、1人違って生まれた、僕。
 役に立たない、何の価値もない、僕。

 それでも。
 それでも僕は生きたくて。
 それでも僕は地上に出たくて。
 だからこれまで頑張ってきた。
 何もできないけど。
 何の役にも立てないけど。
 誰にも認められないけど。
 それでも僕はここに居たくて。
 だから、ここに、いる。
 だから……



 ……誰カ僕ヲ認メテクダサイ……



 再び歩き出してすぐ、カラスザンショウの木に辿り着いた。
 風に負けない強い幹。そして何よりとっても美味しい木。
 僕は、木を上り始めた。
 脇から出た枝に進んで、ちょうどいい位置を探す。
 安定していて、ちょっと角度があった方がいい。
 誰に教わらなくても、それは知っている。
 できそこないの僕でも知ってる。



 場所を決めた僕は。
 覚悟を決めて。
 最後の殻を破った。



 これまで何度も何度もやったこと。
 だけど、これが最後。
 そして、地上でやるから今までとはちょっと違う。

 殻から頭を出して、大きく反り返る。
 土を掘りやすい大きなスコップ型の手が。
 木に掴まりやすい鉤爪のついた細いものに変わっていて。
 乾いて強度を得たその手で、自分の殻にしがみつく。
 まだ殻の中に残っていたお尻を引き抜いて。
 殻にぶら下がるようにして、土の中では丸めていた背を伸ばした。
 変化は手や背だけじゃない。
 土の中では要らないから小さかった羽。
 殻から出た時にはしわくちゃだったそれを、ゆっくり大きく広げていく。

 後は身体が乾くのを待つだけだ。
 細長い口が渇けば食べれるようになるし、羽が乾けば飛べるようになる。
 これまでより広い世界をこれまでより早く移動できる。
 遠くへ旅立つことができる。



 だけど……



 夜が明けて朝になって。
 聞こえてきた仲間の鳴き声に、僕はその近くへ飛んでいった。
「こんにちは」
 挨拶をしながら近づく。
 彼は、僕をちらっと見て。
 鳴くのを止めると別の木へ飛んでいった。



 木の枝に口を刺して食事をしていたら、彼女が飛んできてすぐ近くに止まった。
 話しかけようとしたら、先に彼女が言った。
「誘いたいなら鳴いてみせてよ」
 黙ってしまった僕を少しの間見ていた彼女は、ため息をついて飛んでいった。



 地上へ出れても。
 遠くへ行けても。
 僕は、鳴けない。
 命を繋げない。



 できそこない。



 地上に出たから。最後の殻を破ったから。
 だからこそ顕著に分かってしまう、僕という不良品。
 種というサイクルから爪弾かれた存在……



 ……誰カ……



 と、沈んでいたところに、悲鳴が聞こえた。
 仲間が慌てて飛び立つ音も混じっている。
 何だろう、と思っていると、何かがこっちへ近づいて来てるのに気付いた。
 見下ろす地上、現れた影は大きな動物が2匹、3匹……

「あ! あそこにもいた!」
「よーし。今度こそっ!」

 騒ぎながら近づいてくるその生き物は、長い何かを持っていた。
 木の枝よりも真っ直ぐで、先に蜘蛛の巣のような網目がついていて。
 生き物自身の身体よりも長い。
 そんなものを掲げながら、3匹のうちの1匹だけが近づいてくる。
 僕をじっと見つめながら……
 僕だけを見ながら……



 びゅん、っと唐突に振り回された長いそれに驚いて、僕は反射的に飛び立った。
「あーあ。また逃げられたー」
「もうちょっとだったのにね。おしい!」
 遠くにいる2匹が騒ぐ。
 だけど、近づいてきた1匹だけは、飛ぶ僕をじっと目で追いかけていて……



「止まった! まだ届くとこだ!」
「え? どこどこ?」
「見えないよー」



 またその1匹は、僕へと近づいてきた。
 何本かの木の横をすり抜けて。
 その木にいる仲間には目もくれずに、きらきらした瞳で僕だけを見て。
 僕だけに近づいてくる……



 ……トクン。



 次に振り回された長いそれを、僕は避けなかった。



「とったぁ!」
「わー。すごーい!」










 
 
 向日葵の花が揺れて。
 朝顔の花が咲いて萎んで。
 夏は、止まることなく過ぎていって……


 虫かごの中で、食べる物もなく、僕は1人で死んでいった。





 結局、僕は何も出来ないまま、役立たずのままで終わった。
 僕自身が分かっていた通りに。
 あいつに言われたそのままに。
 だけど。
 僕だけを見てくれた、あのきらきらした瞳に出会えただけで。
 ただ、それだけで。
 僕には、生きた理由があったんじゃないかと思う。



 みんなが違うって言っても。
 誰も分かってくれなくても。
 たった1人だけでも。
 僕を認めてくれたあの瞳が。



 僕の、幸せだった。






















 某所の自然博物館に、昆虫採集好きの男の子によって持ち込まれた蝉の死体。

 日本初の雌雄同体の蝉が発見された、と新聞紙面で全国的にその姿が報道されるのは、
夏が終わりかけた頃のことだった。















 


[Novel] [僕の短い物語] [BBS

壁紙は『Sky Ruins』から♪  競作小説企画第6回夏祭り