その日。届けられたその荷物を前に、添えられていた手紙を開いて、夏目陽大は1人、無言のままそこに座っていた。

 場所はいつもの指定席。図書館の一角、図書委員と司書だけが入れる受付カウンターの中の席。
 期末テストにはまだまだ早く、読書の秋も移り変わって冬へと向かう中途半端な時期ゆえか、放課後となって間がないゆえか、図書館の利用者はまだ誰もいない。図書委員もまだ、一番のりの陽大のみで、司書は陽大に鍵を預けて所用で席を外している。恐らくは下校時刻近くまで戻ってこないだろう。

 そして。手中にある手紙と、目の前の荷物を届けた人物は、すでに図書館を立ち去っている。届けるだけが役目であるということを最も分かりやすく示すかのように。

 だから。その荷物を前にしているのは、陽大1人だけ……
 いや。その時までは陽大1人だけ、だった。

 たったったっ、と唐突に聞こえてきた規則的な足音……長い渡り廊下の途中から、図書館が近くなったからわざと足音を立て始めたかのように突然生まれたその音に、陽大は来訪者の正体を知る。

 ふぅ。と1つ、軽いため息。
 けれども、口元には淡い笑み。

 陽大は、手元の手紙を元通りに折りたたんで、さほど間をおかずに開かれるであろう図書館の扉へと、視線を向けた。

 

 

 

贈り物のドレス

〜 『ぷらぼん』10周年記念ちょっと番外編 〜

 

 

 

「おっす! 委員長」

「やあ、宮崎。待ってたよ」

 予想通りの訪問者、宮崎香にそう声をかければ、元気いっぱいの笑顔が、予想通りにきょとんとした表情に変わる。そのまま首を傾げ、

「……何かあったのか?」

「あったというか、来たというか」

 曖昧に言いながら、視線を目の前の荷物へ移す。受付カウンターに置かれた小包。
 配達役に開封の許可を貰って、既に陽大が中身を確認しているから、その蓋は開いている。

 でも、今の状態で見えるのは、荷物のごく一部だけで。

「何だ? これ。布?」

「出してみるといいよ」

「いいのか?」

「まあ、宮崎宛の荷物ではあるからね」

「へ?」

 さらにきょとんとする宮崎に、くすくすと笑ってやる。
 これ以上はまだ教えてやらないぞ、と。

 だからこそ宮崎は、手がかりを求めて、荷物からその布地を引っ張り出した。正体がわからないからか、触った手触りから布の価値に気付いたからか、いつもの粗雑に見える挙措とはほど遠い慎重な手つきで。

 その青い布地を1着だけ、目の前に広げた。

「……ドレス?」

 宮崎の回答に疑問符がついてはいるが、間違いなく、それはドレスだった。青色で統一され、装飾品がなくても映えるようにフリルやリボンのついた、ロングドレス。小包の中には、そのドレスに合わせたリボンや手袋、靴などが一式揃っている。

「何でこんなのが図書館にあるんだ?」

「届け物だよ。宮崎宛の。
 僕が受け取ったのが図書室だったから、ここにあるだけの、ね」

 さらに疑問符を増やす宮崎へ、持っていた手紙を差し出した。

 さすがに両手でドレスを抱えていては受け取れないと判断したか、宮崎はまず、丁寧にドレスを小包へ戻す。陽大はそれをじっと待ち、やっと空いた手で宮崎が手紙の反対側を掴むのを確認してから、手を離した。

 ぱら、と折りたたまれた手紙を開いて、宮崎の目がそこに書かれた文を追っていく。
 そのスピードに合わせて。

「……『10周年記念とかで嬉々として作ってきやがった。
 とりあえず写真の1枚でも渡せば静かになるからさっさとどうにかしろ』……」

 さして長くない全文を暗記するくらい容易い。本人の口調そのままに書かれているのだから余計に。だから、陽大は苦もなく、一言一句違わずに読み上げた。文章に込められた苛立ちまでは再現できないので、淡々と。

 そうして、目と耳とでその2文を確認した宮崎は、しばし硬直して。

「…………は?」

 ようやく口から出たのは、酷く間の抜けた声だった。

「宮崎の恩師からのその手紙と荷物を、宮崎の先輩が届けてくれたんだよ。
 ついさっきね。だから図書館にこんなものがあるわけだ」

 先ほどの宮崎からの問いに答えてやったが、それで彼の疑問が晴れるわけでもなく。むしろ深まったように硬直は続いていた。

「……え?」

「三木先生から宮崎へのプレゼント。お礼は写真1枚をご所望」

 だから、完結に言い直してみる。
 陽大のその言葉を自分の中で繰り返しているのではないかと思うくらいの間を置いてから。宮崎は、手にしていた手紙を置くと、小包から見えるドレスへと目をやった。

「……ぷれぜんと?」

「そう受け取れると思うけど?」

 しれっと答えてやる。
 宮崎が戸惑っている理由は分かりすぎているが、まだ助け舟は出してやらない。だって、その方が……

「これを、俺に?」

「みたいだね。持って来てくれたのは、十月っていう先輩だったけど。
 渡すだけしか頼まれてないから、着たのを見れないのが残念だ、って言ってたよ」

「……支子先輩……」

「でも、見事なドレスだよね。手紙だと、誰かが作ったものみたいだけど……
 こんなすごい物を作れる知り合いがいるんだ?」

「多分……良月先生だと思う……」

「六会中学の?」

「うん。家庭科の先生」

「へぇ。すごい腕だね」

「文化祭とか、家庭科部はすごい完成度で注目されてたよ」

「それは一度見てみたいな。
 でもまず今は、このドレスを着てるところを見てみたいけど」

「う……」

 わざと反らした話題を、不意にさらに踏み込んで戻せば、予想通り宮崎は再び固まっていた。全く、ここまで分かりやすいと、些か可哀相にもなってくる。

「こうやって置いてあるより、着た方が綺麗だろうね」

「…………」

「ちょっとこう、持って合わせてみてよ。多分、サイズ合ってると思うんだけど」

「……そりゃ良月先生のことだから……そうだろうけど……」

「是非見てみたいな。宮崎もそう思うだろ?」

「……いや……別に……」

「早く来るといいね。弥生と篠倉」

「…………へ?」

 宮崎のぽかんとした顔は予想以上のもので。思わず噴出しそうになったのを堪えて、にやっと笑ってみせる。ここまで見事にハマってくれるとは。

「だから、弥生と篠倉が着たら綺麗だろうな、って。
 2着入ってたし、宮崎が持ってあの大きさだから2人ならぴったりだろうし。
 まあ、手紙には、誰が着るように、とも書いてなかったけど……
 そういうことなんだろ?」

「あ……」

 陽大の言葉に、宮崎が慌てて、置いた手紙を拾い上げる。
 再びその文面へ目を通して、

「あー、そっか。そうだよな。うん、早く見たい見たい!」

 誤魔化すかのように笑ってくる。

 全く……あの保健医もいい性格をしている。恐らく、この展開を予想して、手紙にはっきりと書かなかったのだろう。苛立ち紛れの、ちょっとした意趣返しか。返す相手が違うから、単なる八つ当たりとも取れるが。どちらにしろ……性質が悪い。

 それに便乗している自分のことはあえて棚に上げて、陽大は胸中で笑みを深くした。

 そして、せっかくだからもう少し遊ぶことにする。

「あれ? もしかして、宮崎が着たかった?」

「え!? そっ……なっ、何でそうなるんだよ!?」

「何だか少し残念そうに見えたから……
 そうか。着る相手の指示がなかったなら、宮崎でもいいんだよな。 
 サイズ合うか、着てみようか?」

「絶対やだ! もう二度と女装なんかしないからなっ!!」

「ってことは、宮崎は女装したことがあるんだ?」

「あっ……いや、それは、どうしようもなくっていうか……
 だぁぁ!! そんなに女装好きなら、委員長が着ればいいだろ!?」

「ああ、それも面白いかもね」

「いいのか!?」

「でも、僕より似合う人が着た方が、ドレスが喜ぶだろうからね。謹んで辞退するよ」

「うわ、ずりー」

「宮崎は似合いそうだよね?」

「似合わないっ!」

 やたらと必死な宮崎に、陽大はくすくすと笑った。これだけ楽しめれば重畳か。
 会話の端に、小さな足音が2つ、近づいていた。今日は2人揃って来たのか。それはそれで話が早いが、こちらはそろそろ潮時らしい。

「そうか。残念だな。宮崎のドレス姿、見てみたかったけど」

「絶っ対っ! ドレスなんか着ないからな!!」

 がらっ。

「……ドレス?」

「あの……こんにち、は……」

 宮崎にしてみれば唐突に開いた扉と、不意に現れた弥生と篠倉。ちゃんと宮崎の大声が聞こえていたらしい2人は、おずおずと図書館へ入ってきた。

 それを出迎える宮崎は、とっさに振り向いたそのままでまた硬直している。

「やあ、弥生。篠倉。いらっしゃい」

「委員長さん、こんにちは。えっと……その……」

「大くん? 何かあったの?」

「実はね、宮崎に似合いそうな綺麗なドレスが……」

「委員長!!」

 

 

 

 

  ……さあ、今日もまだまだ楽しい時間が続きそうだ。

 

 

 

 

10周年記念イラスト

 


[Private Bomba]

[共著集:君の隣で

Novel] [Electronic Air