久しく我は孤独なり

オカザキレオ氏・著
Electronic Air

 

10

 

 

 

 


 

 青い生地の鞠がかろやかに飛ぶ。
 それを僧衣の男はやや唖然としながらも足で受け、蹴り上げた。

 鞠の中の鈴が、凛とりんと鳴り響く。子ども達が歓声を上げた。その中、一際満面の笑顔の少女が一人。

 そうか、と何故か思う。彼女はこのように笑うのか。呪縛と言ってもいい。その縛り付けがなければ、彼女はもっと笑い合えるだろう。だが、事実は酷な現実が待っていて、彼女は少年少女と同じ時は刻めない。

 時間よ止まれとは嗚呼、なんて軽薄で使い古された言葉なのだ。逆を返すと、彼女の時間は悠久だが、少年少女の時間は一刹那でしかない。あまりにも残酷で、あまりにも冷淡な現実がそこにある。

 鞠がまた飛んでくる。男はまた軽々と、正確に受け返した。

 

 

一つ、一つ目鬼目が嗤う黄昏に

二つ、双子の座敷童が見送って

三つ、見ていた天狗 千里先

四つ、黄泉で骸がかたかたと

五つ、忌み疎まれ 土蜘蛛の残骸

六つ、無情に睨む牛頭馬頭の白洲

七つ、嘆く 姑獲鳥の嗚咽 物悲しく

八つ、矢となり切り刻む 鎌鼬

九つ、九尾の狐が封をなし

十で、とうに消えたお宮様

 

 

 子ども達はケラケラ笑いながら、蹴鞠に没頭する。
 童歌とするには生々しく、歌詞はあまりに禁忌に触れすぎている。当のお宮様、即ち宮御は無邪気に笑みを浮かべているが。

 残酷なまでに人間と妖の境界線。それを感じずにはいられない。しかし宮御はそれでいいと語る。

 何故?

 そう問い返した時、宮御の表情が揺れた。一瞬だったが、多分、宮御の中でも覚悟している事があるんだと思う。

 言うなれば、全ては承知の上なのか。彼女は平凡を夢見る。しかし実際の所、彼女の存在そのものが非凡な存在。彼女が少年少女と交わろうとすればするほど、それは浅き夢なのだ。

 五里霧中。彼女は手を伸ばして訴えかける。だが、それに応える事のできるニンゲンはいない。妖は彼女を畏怖と崇拝の対象としか見ない。まして自分、つまり愚の骨頂たる生き恥、法外の僧は単なる傍観者でしかない。

 哀れな。そう思う。

 天涯孤独とはこの事か。彼女はいつまでたっても一人きり。時間そのものすら、同じように共有できない。それでも同じように関わろうとする。すでにそのような遇し方で五世代は経過したのではないかと思う。

 いつの間にか現れ、気付いたら消えていた少女が一人。普通ならばこの時代、怪異の兆候として流布されそうなものだが、そこは穏やかな宮御の気質か。人々に影ながら愛されていたのかもしれない。そうでなければ多くの妖達のように仄暗い怪談となって、恐怖を誘う夜話に成り下がる。だが、人々は多くを語らず、宮御に対しては暗黙の了解を貫き通し、子ども達は蹴鞠に興じる。

 だが人々は、自覚している。

 

 ---------十でとうに消えたお宮様

 

 奇跡はもう起こらない。水神の御魂は時代とともに風化した。それが事の顛末。文明に光が灯れば灯るほどに、仄暗い中で生きてきた住人達は居場所を失っていく。夜が明るすぎた。魑魅魍魎が跋扈できるほどに世界は自由ではなくなった。この時代で、すでに居場所は少なくなったという事実は、時代を進めていく度に重くのしかかる。

 それでも、宮御はそれでいいと語る。現れては姿を消すを繰り返し、何処かで誰かと小さな幸せを噛み締める。それはまるで砂上の楼閣。突けばあっさりと崩れるのに。そして崩すのは、いつも浅ましいニンゲン達なのに。

 そんな事を言うと、宮御は小さな怒りを見せる。その度に同じ問答を繰り返してしまう

「いつまで繰り返すつもりなのですか?」

「いつまで、って?」

「分かってて聞き返すのですね」

「分かっていて聞いてきたんでしょ?」

 沈黙。宮御の方が一枚も二枚も上手、といった所か。容姿は少女だが、水神の断片。そんなに易い存在ではない。

「はっきり言ってしまえば宮御、貴女の行為は戯れ以外の何物でもないのでは?」

「それなら貴方の行為は戯れを通り越して、酔狂としか言いようがなくなるんじゃない?」

無邪気な顔で言い放つ。それを言われては返す言葉もない。

「私には宮御を見届ける責務がありますから」

「それは普通、監視と言うのよ」

 楽しげに顔を綻ばせながら。彼女は大人を困らせる天才だ。もっとも該当する大人とは、目の前の自分自身に他ならないのだが。子ども達以外の接点は無い。僧は憮然とした表情で子供達の蹴鞠を見やる。

 ささやかな願い。しかし願う事はまさにニンゲンにこそ許される行為だ。八百万の神々の一席に鎮座すべき水神の一神格が、下層の貧民達と蹴鞠に興じているこの事実、そのものが由々しき事態とも言える。

「坊、願う事すら私にはダメなのかな?」

 顔を上げて宮御はあえて聞いてきた。それは、すでに分かり切っている答え。酷な問いだ。酷にしか問い返せないではないか。

「願う、という行為は願う相手がいるからこそ叶うものです。
 現実問題として、宮御、あなたの願いを受け止められる器は存在しないのですよ」

「---------容赦ない」

 宮御は苦笑いする。僧にはそうとしか言いようが無い。むしろ分かり切った事を言う宮御の方が容赦ないと言える。

「だが、と卑怯な言い方であえて言わせて頂きます。
 器は無いが、あなたの行く末は確かに見届けます。それが私の責務ですから」

 宮御はじっと見上げ、しばし思考し、そして口を開いた。

「---------一番、今までで卑怯な回答だよ」

 微苦笑を浮かべながら、宮御は飛んできた鞠を軽やかに、僧へ向けて蹴る。それを軽く受け止め、子ども達へ 返す。歌は続く。延々と、淡々と。朗々と。

 黄昏、陽が暮れ、別れ、離れ、流れ、乾いた台地がひび割れて、水神の断片と人非ず者の影がそこには無く、少年 少女はそれに気付きながら、目蓋を閉じ、見えない振りを繰り返し、何事もなかったかのように日常が帰ってくる。

 夜の帳に紛れて、いつにまにか宮御も僧も姿を消していた。それが散開の合図となる。

 誰かが呟く。

 また会えるかな? 

 それに答える声は無い。ある子は会えるかもしれないし、ある子はそして一生会えないかもしれない。

 

 ---------十でとうに消えた御宮様

 

 だけど消えない。そんな祈りにも似た呟きも夜に溶けて消える。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 土地は乾く。大人が騒ぐ。そして人の命は儚く脆く。何も心配が無いように子ども達は蹴鞠に興じるが、弱い大人達を刺激しない為の配慮でもある。

 子どもは子どもらしく。この村の大人達は心配かけまいとしてか、なお何事もないかのよう振舞う。

 この集落はまだ恵まれていた証拠でもある。川の恵、山神の加護、妖の息吹がまだ残り、御宮様が寄り添うかのように餓えと乾きを退けてくれている。これを幸い言わずしてなん言うか。知識ある老獪の一人が、大人達にそう語る。
 大人達はそして静かに頷きあうのだ。現状、自分達は恵まれている。その事実は不動。多くの集落は、餓え死ぬ者がでている。子ども達の笑顔など、そこには最初から有りはしない。

 大地の乾き、空の乾き、人の嘆きはその序幕でしかなく。憂いは長く、無情に人々という人々が倒れていく。食糧不足から血で血を洗う行為に没頭し、阿鼻叫喚、弱いものの嘆きは、慟哭と絶叫に色を塗り替えられ、それでもなお血で血を洗う。

 言ってみれば、恵みという名の仮想郷があるだけだ。たまたま加護があり、たまたまその場所に御宮様の祝福があった。人心は乱れる。

 盃に酒を注ぐ。

 大人達に酔いは無い。
 朱杯が血に染まる様な錯覚。舌下には苦味が、喉元には苦悶が蠢いている。

 明日にはどうなるや分からぬ。御宮様がいる。だが本当に御宮様ならば、何故今をお救い下さらぬのか。何故に。何故に。何故に。何故に。

 その言葉を消す様に老獪は酒を注ぐ。注ぎすぎた酒が零れて、神木へと流れる。

 酒は清めであるという。ならば穢れた大地を通じて、綺船の神にせめてもの献上をする事になるのではないか。五穀豊穣には遠く、捧げ物に米一粒すら難しい有様では、神の恩恵など程遠い。

「長」

 一人が声をかける。空の杯を眺めつつ見やる。

「備蓄に手を付けている。今年の冬はこせん」

「ふむ」

 息を一つつく。同じ議論をふっかけてくる。結論から言うなれば、限界だ。 もう臨界点にきている、と。御宮様の加護など、そもそも初めから無い、と。

「で、どうする?」

「山賊狩りを! 非はなく物資を奪い取れる好機じゃ! この近辺の治安にも役立つ!」

「それについては先回も聞いた。もう一度、同じ事を言うのみだが。聞きたいのか?」

 徒党を組む山賊共の大半は、落ち武者や流れ者だ。たがだか農村の男共が組んで太刀打ちできる相手ではない。まして、貧しいからといって、非のあるという輩に暴力を注いでいいという道理は何処にも無い。

「奴らは腑抜けじゃ! 背後から女子供、疲れきった旅人を狙う!
 我々が制裁を下しても、御宮様にはお喜び頂ける!」

「本心でそう思ってか?」

 長の目が面々を見渡す。唇が凍り付いたようなそんな空気がその場に降り立った。

「汝らが武力で奪取しようとするのなら儂は止めんし、否定もせん。協力もせんがな。
 だが、あえてこれだけは言おう。
 汝らの行いが、御宮様の加護を踏み躙る事になるやもしれぬのだぞ?
 当然、その覚悟、代償を覚悟しての事であろうな?」

 長は静かにそれぞれを見回す。呻くような声はあれど、反論は無い。当然だ、この村にいれば、御宮様には誰かしらが幼少期に接している。長にしてもそうなのだから、御宮様の存在は大きい。

「疑うな」

 長は淡々と言う。

 そのうちの何人かが無言で出て行く。長は酒を再び呷る。災厄は人心の乱れに乗ずる。疫も厄も人が運んでくるものかもしれない。だとすれば、浅き迷走は御宮様に穢れをもたらす事になるのではないか。この今こそ一致団結すべきである事を説くが、若者達にはそれが果てしない無限地獄のように感じられるらしい。

 出て行った者達も気になるが、だがそうも言ってられない。

「さて、始めるか」

 長は指示を出す。一人が地図を広げた。山野は深い。闇雲に狩や採集をしても糧食は得られないという判断だ。狩場・穴場は確実にある。その一方で、水脈を探す。

 御宮様の加護が有り、大地はまだ枯れていない。だが、枯れないという保証は無いし、窮状を考えたら楽観視などとんでもない話だ。

 加護は無条件の祝福にあらず。

 神々は見返りとして、様々なモノを人より望む。それは時として、収穫された五穀であったり、巫女の舞であったり、贄であったりする。

 御宮様もそれは同じであろう。だが、それがあまりに分かりにくい。あえて言うとすれば、童達との時間という事になろうか。いつの間にかいて、いつの間にかいなくなっている。御宮様の存在は、空気のように常に近くにあり、それでいて手の届かない存在。だからもう出会えないと知って、愕然ともしたし、傍に未だいてくれるという安心感もある。

 八百万の神の真意を、一介の人間に図れるはずもなく。ただ疑うのではなく、信じる事に意義がある。信を捧げれば、御宮様にきっと届くはず。信と盲は違う。そう面子に言い聞かせる。何を為すかを考える事。そして実行する事。それが即ち、生きる糧となる。だからこそ安易な選択は出来ないのだ。長には、300数名の命が肩にかっかている。ここに集まった男達とてそれは同じ。

 今を生きる。

 その為には、どんな事でも尽力の限りを尽くすべし。それ以上も以下もない。

 地図を睨む。人員を分け、夜明けより開始する事を指示し、解散する。長は瞼を閉じて、熟考する。弱きものはあがくしかないのか。御宮様はこの事態をいかに思われているのか。血で血を洗う状況の中で、生き延びる事を考えろという事か。それならば絶対に生きる。大地が枯れても、どこの武家が、殿様が滅んだとしても、生きる。何がなんでも。

(生きる)

 酒を再び呷る。味も酔いもない。ただ背筋が凍ってしまうような感覚。夜が更けてなお、逢魔の時を刻み込んでなお、体は昂ぶり眠らない。虫の知らせがあるとしたらば--------多分、自分自身でも気付いてはいた。それを言葉にしたく無いだけだ。

 生きる。道は切り開く。御宮様とともに。この生まれ育った大地で。そこを何が何でも守りたいと、老獪は思う。

 瞼を閉じる程に覚醒し、昂る感情を抑えながら、冷静に思考を保ちながら。

 

 生きる。全員が、だ。

 

 

 

 

 

 

 

 生きる。死ぬ。生きる。死ぬ。

 そんな言葉がここでは、数多に蠢き囁き、怒鳴り散らされていた。孤月はそれを淡白に見つめていた。

 時代は変われど、か。ため息をつく。大地が真っ赤に染まった跡を、今でもくっきりと孤月の感覚は残像として抉ってくれる。
 悲鳴も耳に痛い程に。耳を傾けなければいいのだが、航平の意識が停止して三日。苛立ちが消せず、孤月の理性が波打っているからこそ、雑念すら侵入させてしまっている。

 停止というのは、航平があくまで鎌鼬の風毒に対して意思をもって免疫を施したから。その代償として、航平の意識は起き上がれないほどに沈み込んでしまった。

 ---------と言うよりは現在、免疫と風毒が衝突しあっている最中。だから、航平は自分の体を守るために、傷ついた体が癒えないままに、防衛体制を強いられた。言うのは易いが、人間でそれを実行できる者等、皆無に等しい。

 舟橋の加護は勿論ある。だがそれ以前に地道に修練を積んだ綺船の宮司としての成果がそれを物語る。
 それでも鎌鼬という原生の妖は荷が重かった。

(---------違う)

 隙を生じさせたのは、孤月の慢心故。彼は常に最善を尽くし、最悪を想定する。最大の努力で事態を打開する。そこで邪魔をしたのが、孤月の意地でしかない陳腐なプライド。

 まだ行けると思った。
 それが浅はかだった。では仮に孤月一人であの鎌鼬を駆逐できたか。
                              タイプ
 ---------無理な話だ。自分がパワーで押し切る型なのは十分に理解している。だからこそ航平の頭脳プレイが活きてくるのだ。

 結局は自分自身の失態だ。唇を噛む。

 生暖かい風が孤月をふわっと包む。

(たいした事ない)

 言葉が風に溶けて消える。
 孤月は驚いて顔を上げた。

 航平が霊を発して、孤月に寄り添ってくれている。その余力すら絞り出す程の状態であるのは間違いで無いのに。

 孤月は首を横に振って自分の思考を否定した。真っ赤に染まった亡霊達を打ち消す。残ったのは航平の存在感だけ。

 血を辿ればきりがない。

 妖である孤月に縋り付くであろう「影」達の存在は止む得ない。弱い力は強い力に引かれる。まして彼らの意思はすでに塵と消えている。人間的に言うなれば自縛の霊魂の存在。それは単純に残ったキモチの塊でしかないから。自責の念か。自分も随分、人間臭くなってしまったものだ。少し笑ってみる。

 ダメ---------航平と一緒の時は自然に笑えるのに、歪んだ笑みしかでてこない。

(いいんだ、それで)

 囁くような声。いや、違う。声にならない声。そもそも音ですらない。伝播し、連結し、孤月を澄んだ想いで抱き締めてくれる航平の霊魂を感じながら、孤月は悪感情を捨てる努力をする事にした。

 自分の迷いが航平の疲弊した力をさらに疲弊させている。それは事態の後退と悪循環を産む。そうなれば共倒れは避けられない。
 まして自分達だけの私心やエゴで行動している訳でもない。綺船の名の下、精算すべき怨恨が眠っている。分派していく中で「綺船」の意味は薄れたが、本質は人非ざる者達の桃源郷である。逆を返せば、人外の駆け込み寺。その最下層に眠る事の意味を知るものは、当事者以外にはいない。

 この世に生を受けたものは人だけにあらず。綺船の原点はそこにあり。だからこそ人にして、あらざるものと関わりを持つ航平は貴重な存在であり、彼がパートナーである事を孤月は誇りに想っている。

 孤月は顔を上げた。

 一陣の風。そばにいる。そこにいる。存在を感じる。航平の見えざる手が孤月に手を添えてくれる。

 なにを?

 思った時には全自動的に孤月はしゃがみこんで、砂地に字を描いていた。吹き流れる風の中、楓の木は微動だにしない。

 

 ---------門。

 

 孤月は確かに航平の存在を感じていた。だから、彼が言わんとするメッセージも手に取るようように分かる。力を浪費させてなお孤月に伝えたかったメッセージ。猶予ない状況下とも言えるし、挽回の好機ともとれ、それを航平は示唆する。

 そしてそれならば「骸」の行動もよく分かる。だからこそ地脈の流れが、この地にまで及ぼしてきていた。そして航平達の一手はあまりに早すぎた、という事か。深追いしなかったのがせめてもの救いとも言える。

 タイミングが悪かったのは反省点だが、迷いなく導く航平の思索はやはり信頼に値するものがある。だいたいにして、無計画に等しい中での索敵だ。その中で炙り出してきた戦果は評価されていいと思う。

 迷っても仕方が無いから。それに航平はそばにいてくれる。今、自分ができる事は航平を安心させる事と、確実な成果を果たす事。

 だから。

「行くよ」

 返事はない。風すらない。
 それが航平の同意の証である事は知っているから。行く。ケリをつけてやる。

 全てを清算してあげるから。

 

 

 

 


<<戻る [共著集:君の隣で] 続く>>

Novel] [Electronic Air