久しく我は孤独なり

オカザキレオ氏・著
Electronic Air

 

 

 

 

 


 

 陽大は黙りこくったまま、階段を上った。石畳が足の底までひんやりとしている。
 もしここに宮崎がいたら、と思う。あいつがいたらきっと何かを感じるだろう。自分は何も感じないが、それでもこの何かが起きそうな予感は、宮崎と行動をともにして徐々に染みついてきた経験が生んだものと言える。

 弥生がきゅっとその手を握ってれる。

 少し、息が切れる。傾斜が厳しい。朝霧が、自分達の歩幅を鈍くさせる気がする。心なしか、足が重い。そして思う。

 ---------石畳が自分達を拒絶している。

 歩みを進めるたびに、そんな想いが強くなっていく。

 綺船神社。

 鳥居には、大きくそう記されていた。明らかに人の入る形跡は無い。だが、何かしら、警告にもよく似た空気を感じる。宮崎なら何を感じ取るんだろうか。

(禁域か)

 今ならその言葉もよく理解できる。だからこそ、あの旅行雑誌がそう特集を組んだのが不可解でもあった。

「大君」

 弥生が小声で問う。

「うん?」
「全部、これは仕組まれたものなのよね?」
「……と言わざる得ないという状況かな。
 先方の目的は宮崎だ。深みにはまっている気がしなくもないけど、この手が安全かつ
 最善だと今でも思っている」

 と言って、区切る。

「ごめんな」
「え?」

 弥生が怪訝そうな顔で陽大を見る。

「いや、なんかね。正直な話をすると、これという策が思いつかなかった。
 本当ならね、一番安全で効果的な手を打つのが俺のポリシーではあるんだけど、今回は
 少し自信が無い、というのが本音」
「でも、宮崎君をこの場所に連れ込むよりは安全でしょ?」
「と、思う。」

 と陽大は頷くも、少し思案を巡らしているようだった。その間もゆっくりゆっくり、歩みを重ねて階段を登っていく。

「本当は安全な場所なんかないのかもしれないけどね。
 ただ、正直、逃げ場所なんか無いのかもな、というのが本音」

 宮崎や篠倉が聞いたら驚くような弱音な言葉だが、これもまた陽大の姿だ。
 弥生だけが知っている陽大の姿。
 冷静で理論的だと言うが、それは親友達を目の前にしてブレインであり続けようとする努力の結果だ。宮崎や篠倉を不安にさせたくない、という気持ちと自分自身に負けたくないという小さなプライドと。どちらも夏目陽大という存在で、夏目陽大は決してスーパーマンでは無い。
 それを弥生は知っているからこそ、彼の決断を最大限に支えたいと思うのだ。

「うん」

 それに対して、弥生は小さく頷いてその手を握りしめるだけ。
 それでいい、と自分は思っている。
 陽大に対して励ましとか、自分なりのアドバイスとか、色々と思う所はあるのだが結局の所は、陽大に対して全肯定の自分がいるのだ。それでいいと思っているし、自分達が計画したプランニングで今、ここに立っている。陽大におんぶ抱っこでは無いから、弥生自身の責任と自負もある。
 だからこそ、だからこそ、だ。
 陽大が弱音を出してくれた時は自分が、周囲のような完璧な陽大をあえて望まないし、陽大は弥生にも同じ事を思っていてくれている。だからこそ、自分達は信頼を置いたまま、次の一歩を確実に歩んでこれたのだ。

 それでいい、と思っているからこそ、なおの事。
 弥生は陽大の手を強く強く強く、握りしめた。

 それに対して陽大は--------微苦笑を浮かべている。

「……仮にも、神社を男女が手を繋いで歩くのは不謹慎かな?」
「かも」

 弥生もクスクス笑って言葉を返す。それでも二人はあえて距離を近くにした。
 戦慄はあるが、恐怖心は無い。それこそが不謹慎だとは思うけれども。

「弥生?」
「何?」

 歩みは止めない。二人とも、目的地へ向かう意味を理解している。戻る事は選択肢には無いし、ここで何かしらの方針を打ち立てる必要がある。そうでなくては、先手を打って京に来た意味が無い。

「無謀だったかな?」
「時間が少なかったし、他に選択する手もなかったと思う」

 弥生は言葉を句切る。陽大を少し見て、再度小さく笑んだ。

「あのね、大君。大君は一人じゃない。宮崎君や水結が一人じゃないのと同じように。
 私は大君を一人にしない。だから、今までだって二人で決めてきたじゃない?」
「でも、当事者は何も知らな------------」

 弥生がぐっと陽大の肩を引き寄せる。陽大は目をぱちくりさせた。何度も瞬きをして弥生を見る。弥生は弥生で、真剣な表情で陽大の瞳を真っ直ぐ見つめていた。

「大君、弱気になってるね。珍しい」

 頬と頬が微かに触れ合う。それだけなのに、陽大は妙に安堵した感覚に陥る。
 珍しい、と弥生は言うが、その珍しさを何回もかみ締める事は弥生の至福でもある。
 だから、より一層こういう時は大胆に行動している自分がいる。

「何度も確認したと思う。
 宮崎君が事に深く入りこんでいく事は何より危険になるかもしれない、って事を。
 これは今でも変わらないと思うし、その判断は間違ってないと強く断言できるよ?」
「うん」

 陽大は小さく頷く。
 想定内の言葉だ。自分自身、それはく理解している。理解した上での迷いだ。
 宮崎が---------と言うよりは、みんなとなら何とか乗り越える事も可能ではないかという甘い幻想。勿論、今回の件がそんなもので難なく突破できるものでない事も承知している。だからこそ、迷いが生まれてくる。
 何とかなるだろう、という幻想と何の庇護もここには無いという現実と------------。

「弥生」
「なに?」
「ありがと---------」

 と言って口を途中で噤む。弥生も体を固くした。階段を登り切って、最上段へ。周囲の緑に埋もれるかのような境内がそっと覗いている。石畳には黴が所々生えている。廃屋という言葉がふさわしい、か。

 だが。陽大は唾を飲み込んだ。

 何かがいる。霊感の無い自分達でも、それを感じ取る。
 陽光が眩しいはずなのに、何かで遮断されたかのうように光が冷たい。作り物の太陽のようだ。反射的に弥生が陽大の手を強く握ってきた。陽大は小さく息をつく。風が吹く。

 その一瞬。目の前に人影が佇む。

 陽大も弥生も言葉が出ない。

 虚無僧がそこにいた。ただ編み笠が黒く、漆黒。僧衣もまた同じように黒い。錫杖をその手に、まっすぐと編み笠越しに陽大達を見据えている。

 陽大が弥生の手を離す。
 一歩前へ。

 その姿を弥生は唾を飲み込みながら、見守るしかなかった。
 弱音は全て弥生に吐き出した。つまりはそういう事なんだろう。

 弥生が陽大の背中を押した。
 だから陽大は決めた道を信じて、自分のカードを切ろうとしている。
 だから---------今、弥生ができる事は陽大と一緒に、決めたその道を歩む事だけだ。

 だから---------弥生も一歩進んで、陽大に続く。

「やれやれ」

 開口一番、僧侶は苦笑いを滲ませた口調で言葉を漏らす。

「意外に行動が早かったですね」
「言われた通りに来ましたよ、京に」

 陽大の口調は柔らかいが、有無を言わさぬ冷たさをはらんでいる。だが、僧侶は意に介さない様子でさらに一歩、距離を近づける。

「感謝です。あなた方の協力が必要ですから--------
 と言いたいのですが、件の彼はご一緒ではない?」
「本題に入るにはあまりに情報が少なすぎる。そして、勧誘の仕方があまりに危険だ。
 警戒するのは当然でしょ?」

「正当です。彼は大きく干渉される。しかし、あなた方はそうではない。賢明な判断です。
 しかし、ここに無力なあなた方が足を踏み入れる事は危険だとは思わなかったのです
 か?」 

 淡々と。しかし、一語一語に力ある意志を放ちながら。

「理由は幾つかある」

 陽大はいつもと変わらないように、同じく淡々と言い返す。

「一つは行動しないければ、真意も何も分からないままということ。
 一つは自分が納得できないことに宮崎を巻き込むのは本意じゃない、という事。
 もう一つは-----------」

 言葉を句切る。太陽の光が冷たい。風が鋭利だ。頬を突き刺すように。寄せ付けまいと陽大達に反発するかのように。
 それでも陽大も弥生も動じない。
 虚無僧はそれを沈黙で正視し----------編み笠の中から凝視し、こちらの一挙一動を伺っている。その強い視線を陽大は体いっぱいに感じていた。

 だが-----------陽大は、全てそれを受け流す。かの存在は驚異だが、そんな存在は宮崎と一緒に腐るほど見てきた。今更、とも思う。感覚が麻痺した訳じゃない。危機感は感じている。戦慄も---------畏怖も----------警戒も----------張り詰めた神経が常に警告してきている。
 だが、ここで躊躇している余裕は無いのだ。

(「危険だ」)

 そんな事は分かっている。京に踏み込む前から、それは調査済みだ。むしろ、ここまで平穏無事すぎた。宮崎に対して、まるで息を潜めているかのように何者からもコンタクトが無い事に驚いている。

 だが、今ならば分かる。
 下手にコンタクトを取る必要など無いのだ。

 彼はただ----------静観し、待ち続けていればいい。

 宮崎は京都にくる。夏目陽大が神経をすり減らしながらも連れてくる。ただそれを待っていればいい。ただ、それだけの話なのだ。

「もう一つは、本当に気にくわない」

 小さく息をつく。その言葉に、徹底的な敵意をこめて。

「ほぅ」

 目の前の虚無僧は楽しげな声を上げた。

「その心意気は素晴らしいです。しかし、意気だけでは、何も為し得ない。
 そんな事くらい、あなた方なら分かっていると思いますが?」
「勿論、反発心と抵抗だけを見せるためにここに来た訳じゃないですから」

 弥生がすっと前に出て、さらっと言い放つ。

「無力なあなた方に何ができると?」
「まぁ、色々あります」

 弥生は表情を変えない。陽大の発言が弥生の言葉を追い風のように力を与えてくれる。
 陽大自身もまた然り。弥生の言葉を聞いた事で、陽大自身もクールダウンできる。

「逆に言わせてもらえば、無力と貴方が言う僕らに何故コンタクトを取ってきた?
 貴方という存在が人外である事は明白だ。僕らを捻り潰す事すら簡単だと思う。
 だが貴方自身は宮崎に直接コンタクトは取らなかった。何故に?」
「取らなかった。あるいは……」

 弥生が言葉を続ける。

「コンタクトを取る事が出来なかった状況にある。それは宮崎君が京都に入った今も
 変わらない。貴方には何らかの制約がある。
 そう考えた方が妥当かなぁ、と」
「だからこそ、貴方は僕らが動かないから揺さぶりをかけてけた。
 つまりはそういう事なんでしょう?」

 沈黙がその場を支配する。
 沈黙の意味は肯定以外の何ものでもない。だからこその、威圧。それを理解しているからこそ今ここでさらに追い討ちをかけていく必要がある。

 弥生が自分の白いバックから小さなクリアファイルを取り出す。あえて伏せるようにたたまれていた紙を取り出し、ゆっくりと広げた。
 黄ばんだ和紙。今にも崩れ落ちそうな弱々しさの中に、殺気にも似た何者も受け容れない頑なさを感じる。

「……この時代に封だと?」

 余裕が崩れ落ちるような狼狽の声色。
 優位な立ち位置は二人で叩き潰した。スレスレの攻防は功を奏したと言える。

「プロテクトの事を言ってるのかな?」
「プロテクト?」

 怪訝な声を出し、虚無僧はこちらを伺う。

「まぁ、僕らが勝手にそう呼んでいるだけなんですけどね。
 この手紙にあからさまな霊周波を感知したので、一時的に閉鎖させてもらった訳です。
 あぁ、霊周波も僕らの勝手な表現ですが、見えざる者……つまり、貴方のような存在に
 対して、視認し判別する為に僕らの方法で数値化しました」

 弥生がさらにバッグの中から小さなペンライトを取り出す。スイッチをを入れて、紙を照らす。淡い緑の蛍光色。ピリピリと緊迫する空気。まるで帯電するかのよつうに、空気中を小さな光がパンパンと小さく音を立てながら明滅していく。

 まっさらの白紙に筆で書かれた真紅の文字がそこにはあった。何度見ても、息を呑む。だからこそ、陽大は弥生と必死で策を弄してきたのだ。

 

 小細工は棄てた。
 宮崎香を綺船の地へ誘え。
 さもなくば呪詛において
 滅する。

 

 単刀直入にして単純明快。戦慄を感じさせるにも充分な材料。そして宮崎本人に読ませる訳にはいかない最大の理由。もちろん水結にも教えていないシークレットの部分だ。

 陽大は唇を噛む。教えられる訳がない。ましてこの霊力値、六会で遭遇してきたどの「見えざる者」よりも論外の---------桁外れの存在の実力者と言える。
 それはすでに宮崎の恩師、三木からも忠告はあった。ガキが無理をするな、と。
 では六会は宮崎を庇護してくれるのか? 
 陽大のその疑問には沈黙。否---------口を噤んだ上での否定。

 薄情にも思えるが、不本意に思える三木の表情に問題は単純でない事を匂わせる。
 三木はだが小さく言葉にした。
 どうしても、にっちもさっちも行かなくなったら俺を呼べ---------。

 目の前の虚無僧は時間が止まったかのように微動だにしない。陽大も弥生も同じく。
自分達には力が無い。だからこそ、対等な対話の為にはあくまで、自分達自身を保つしかない。それが小賢しい演技でしかないとしても、だ。

「まいりましたね」

 出た言葉はまるで他人事のような呑気な一言。
 陽大と弥生はただ次の言葉を待つ。

「無理強いは私のスタイルではないのですが、それが裏目に……いえ、稚拙だったという
 訳ですね。ここまで徹底的な抵抗を受けたのは久方ぶりですね。ある意味じゃとても
 清々しいと思います」

 陽大はその言葉から、彼の真意を探ろうと、無表情を装いながらも思考はフル回転させていた。考えろ、と自分を叱咤する。
 結論から言うと、陽大と弥生の推論は正しかったと言える。
 虚無僧は---------つまり手紙の主たる眼前の人非ざる者は、行動範囲が制限されている状況下にある。しかも自分達が想定していた以上に強い制約で。

「……かの少年はまだ京都に?」

 その質問に陽大は素直に首肯する。かけひきはまだ終わってない。

「保険もかけさせてもらってます」

 と弥生が続ける。

「仲間がいますから。
 僕らが無事に戻らない場合は宮崎を連れて京を離れるようにしてます」

 陽大はじっと虚無僧を見やる。
 微動だにしない彼の者の影がゆらゆらと動いている。これは彼の動揺なのだろうか? 分からない。逆鱗に触れた可能性すらある。なにしろ相手は人外で、自分は人間た。まして、この存在は霊や迫害を受けた妖怪とかいうそういう今までの相手とも違う。言うなれば規格外。格が違うのは肌でピリピリ感じている。圧倒される存在感とはこういう事を言うのかと苦笑いすら出てきてしまう。

 しかし---------

 (今、僕らは圧倒されてる場合じゃないっ。宮崎の命を秤にかけて立回りをしてるんだ)

 言い聞かせる。自分自身に。奮起してくれている弥生の為にも。自分が弱さをさらけだしては、ここまで立ち回った今までの自分達の努力が無駄になる。

「成る程。相分かりました」

 虚無僧の言葉に目をパチクリさせる。どこまで彼が本気なのかイマイチ分からない。
 虚を突くためか?
 しかし、霊力値とは言うなれば呪詛の力そのものを意味する。あれほど強い呪詛、祈祷があったという事は虚無僧自身、生半可な気持ちで望んだ訳では無い、という事を意味している。そんなにあっさりと断念する訳がない。

「あらためて依頼を受けて頂けないでしょうか?」
「そう来たか」

 思わず声に出る苦々しさ。

 彼はあくまで宮崎を諦めていない。その執念には負けそうな気がするが、今度はきっちりと対話で交渉を進めていく。駆け引きは未だ終わっていないのだ。

 選択肢などそもそも無い。京に出てきた、この事そのものが彼、あるいは彼らのホームグラウンドで立ち舞いさせられているようなモノだ。よくやったとも言えるし、これからが気が抜けない本番であるとも言える。どちらにせよ、同じ土俵に立った。まずはその事が重要だ、と陽大は自分自身に言い聞かせる。

 虚無僧は無言のまま踵を返す。朽ちかけた境内の中へとその姿を消していった。

 陽大は弥生と顔を見合わせた。お互いの意思を確認し合う。
 戸惑いはあれど、逃避は無い。不安材料は多々あるが慄きでも無い。
 ただ、目的の為に。それだけをお互いで確認する。

 

 だから。

 

 二人は合わせたように首肯して、虚無僧の後へと続いた。

 

 

 

 


<<戻る [共著集:君の隣で] 続く>>

Novel] [Electronic Air