久しく我は孤独なり

オカザキレオ氏・著
Electronic Air

 

 

 

 

 


 目を見開く。生暖かい風が情報を送り届ける。 

 息を小さく吐く。
 ひどく、してやられたモノだ。カマイタチは現在、文字通り虫の息に等しい状態で、一部始終を報告する。主は小さく頷いた。傷を癒すように言い渡す。

 生暖かい風は、弱々しく退散していった。

 久々の目覚めで、ずいぶんと世界は込み入ったものだと感心すら覚える。しかし、矮小な世界は今や、卑小な舞台になりはてたと思う。愚かな朴念仁とでも言うべき、脆弱な猿達は、尊厳も雅も古の昔に破棄してしまったらしい。義も仁も無く、成果主義は価値もない紙幣とつきない欲望の悪循環で成立している。

 確かに文明は進歩した。
 しかし、ヒトの行いは節操そのものをなくしてしまった。

 例えば、束縛したこの下僕どもだ。学問のさらなる発展と真実の探求と称してした事はと言えば墓泥棒以外の何者でもない。
 利用するにも値しない連中だ。別に死者について詮索するな、と言っている訳ではない。それ以上の悪行など、自分が居た時代にも腐るほどあった。それ自体は追求する気もない。
 だが、だ。だがだがだがだがだが---------------

 あまりにも無知すぎる。

 そう、無知すぎた。彼らは何も知らなすぎた。踏み込む以上は何があるかを知らなくてはならない。そして踏み込むのであればそれなりの準備があってしかるべきだ。だが、彼らは自分から見たら裸婦同然の装備で、準備で、知識で、この地に足を踏み入れた。それで学問を追究する者達と称するのであれば、それは何よりも罪悪ではないか。

 この地に眠る「我」について知るものが少なくなったのは事実だ。それでも伝承で、口伝で、書物で、確かに『ヒサワレ』と呼ばれた「我」は根付いていた。警告があった。

 文明が進化し、学問を修める学徒が、教師が何も知らないという事態はあまりに無責任ではないか。確かに自分は時代に取り残された存在だ。今では迷信の一言で片付けられる。その事についてはとやかく言うつもりもない。だが、この世には知らなかったで済まされないことがある。

 そして愚かな学徒達は--------今は、土人と化したなれの果てどもは学問の無責任の追求の代償とともに【ヒサワレ】を目覚めさせた。今は冷徹なまでに凍りきった感情に支配されて。

 不思議と執着心は消え失せていた。以前のような、誇り高い激情はない。今は情報収集に忙しいというのもあるが。過去の怨嗟は今のところ、静かに眠りについている。自分の魂は今はまだ-----------淡泊で無機質な静観を決め込んでいる。

 そのかわり、目覚めていたのは永久凍土より寒々しい欲求だった。つまり--------自分自身の防衛本能。何者にもこれ以上、侵されたくないという誇り、そのものを指す。多くを望むわけではない。ただ、自分自身の領域に土足で入り込む輩を強制的に排出するのみ。それは自分自身にこそ許された行為だと信じている。

 【ヒサワレ】はそう思う。

 空気が帯電する。

 今ひとつ、自分の力をうまく使えていない。土人の一人が、崩れて消えた。それをぼんやりと眺めながら、思いを馳せる。

 何故、そっとしておいてくれないのだろうか?

 介入者が多い。
 一つは綺船の手の者、カマイタチに手傷を負わせた者ども。舟橋は変わらず、自分を消却しようとしているらしい。カマイタチに手傷を負わせたのも綺船の輩だ。彼らは彼らで、秩序を保とうと躍起だ。
 だがもう一方は------------情報が少ない。
 一人、人間にしては力が強いが-----------不安定な輩がいる。かと言って陰陽師のような方術、僧侶のような神仏の加護を得た者とも違う。弱々しくも、力強い波動を感じる。それが微弱なものであるが故に、【ヒサワレ】は混乱する。間違いなく、目標は自分に向けて---------しかし、そこに悪意は感じない。だから、困惑する。

 綺船ならまだ理解はできる。彼らは昔から、秩序の守人だ。【ヒサワレ】は言うなれば規格外の存在。当然、排斥の標的だし、それぐらいは予見しているから自分よりの妖を配置し、目的達成の準備を行ってきた。

 多くの人間が、自分の眠る地を----------【ヒサワレ】を蹂躙し続ける。山野は浅く切り拓かれ、かつてから考えるとこの国は丸裸同然にも等しい。それは地脈も乱れるというものだ。しかし、人間どもはそれすらも介さず、開発を続ける。

 もはや地脈の糸はずたずたに裂け、崩落は目前だ。この機会を無下にする事はない。清算をするのだ。粛正を-----------これは怒りや復讐ではない。単純な自己防衛本能として。自分を守り抜く為の手段として、ひいては【ヒサワレ】が【ヒサワレ】である事の生存本能として、さらには種の保存のために、それは必要不可欠と断じる。

 土人達が深々と、同時に頭を下げる。ずれも乱れもない。
 次の命令を待ち、微動だにしない。

「京へ行け」

 言葉を放つ。それは意志を。それは命を。それは存在証明を明確にする事と同じ意味を持つ。結局の所は何処で誰が蠢いていようが、特に支障はないのだ。自分は自分が為すべき事をあくまで為すだけ。ただ、邪魔で煩わしいと思う。

 我を侵す事は何人たりとも許すまじ。罪は蓄積されている。因果は応報により訃報となる。だからこそ、怒りや憤怒ではなく、徹底的な精算が必要なのだ。我の中で眠り続けた意志はただ、それだけを望む。

 あと少しの時間、邪魔される事だけは避けたい。今の腑抜けた人間どもにそれがかなうとも思えないが。が--------焦燥感が平常心を蝕んでいる。カマイタチは撃退された。その事実は事実だ。だからこそ、腑に落ちないし気にくわない。

「行け」

 無機質な言葉に、無機質な土の塊達は仰々しく礼をして-----------消えた。

 

 

 

 

 

 


<<戻る [共著集:君の隣で] 続く>>

Novel] [Electronic Air