久しく我は孤独なり

オカザキレオ氏・著
Electronic Air

 

 

 

 山は奥深く、静謐を守り通す。

 山野は本来、人が入り込む余地など無い場所だ。マタギに山伏、樵に山師、山を生業の場とする者が多かったのは事実だが、奥深くを根城に出来た者は少ない。

 この国は国土の大半を山野が占めるが、自然を支配しきれてない現状が物語る。文明の発展で山野の合間をアスファルトが縫い、人々は支配した錯覚に陥るが、結局は制御しきれず自然の猛威にさらされ、埋没していく。

 拓かれた地が広がりつつあるが、それも人間の錯覚であり横暴だ。木を引き抜き土を抉りコンクリートで固めた所で、山野を支配した事にはならない。

 自然は気まぐれであっさりと陥没させたり破壊させたり、取り払ってしまう。

「どうするんだろうね、これ」

 無頓着とため息が入り混じる。道路工事途中のまま放置されたアスファルトの断片に緑が侵食し、ひび割れを突き破り、まさに残骸でしかない。

「……どうするって、航平のお仲間のやり残しでしょ?」

 呆れ声で併走する少女は深く溜息。溜め息に混じった嘲りの色合いに少年は気づいたが、あえてそれには触れない。彼女の気高さは重々承知しているし、本来なら自分とは相入れない種だ。こうして二人で行動している事そのものが、それぞれの種からしてみたら異端であるのは間違いない。

 少女は風の吹く方向を追いかける。風は水の流れ、そして大地に眠る莫大なエネルギーに沿って流れを作る。全ては密接に結合し締結している。人間はそれをマントルと表現したり風水と表現したりするが、全てそれは一面性のものでしかない。
 あえて言うなれば、一つの生物の血であり、肉であり、細胞である。その一つをとって全てを断言しても、一方の視野でしかない。

 だが、大地を支配したと錯覚している傲慢な哺乳類の代表は、自然を表層でしか判断しない。

 少女は首を横に振った。

「航平は集中して」

 と、少女は自分の辿る【存在】を感じながら、あえて不安を払拭させるかのように意識を集約させる。

「御意」

 うやうやしく言って、航平は宙に文字を描く。

【千里】

 宙に黄金色の文字が浮かんで消えた。

 彼女が追いかけている存在は位置、場所を変え移動している。
 航平自身も朧気に感じているが、具体的には分からない。朧気、なのだ。霧を掴むような感覚。少女のように追いかけるまでには至らない。少しずつ距離を詰めることで、その存在が少しずつ大きく、より色をなしていくような、そんな感覚。
 それですら、航平が勉強に励んだ成果だ。多くの人間は、航平の力に遠く及ばず、見えざる存在を感知などできない。

 航平の[空文字]は少女の追跡を補完する。そして自分自身の力の足り無さをも補う。この地脈の向こう側にいるのは「綺船」の同胞だ。

 距離を縮めれば縮めるほど、危険領域になるのは間違いない。「綺船」に籍をおくものは決して社会に、そして枠組みに迎合されていない者達ばかりなのだ。

 おかしいな、と思う。
 言わば時代から忘却された眷属達。一括りに「妖」と言い捨てられた種もいる。迷信や流言で誇大解釈された節もない訳でない。

 だが本来の「綺船」は---------

 風の流れが突然、硬くなった。そう表現せざる得ない。地脈の流れが突然動きを変えた。身構えた、という表現の方が的確か。航平が描いた[空文字]に対しての防御作用。本来の綺船が、航平達の侵入を迎合していない。

「コゲツ」

 少女は呼ぶ航平の顔を見る。

「体勢を立て直すべきだよ」

「……敵前逃亡?」

 彼女らしい物言いに航平は微苦笑を浮かべた。

「何を焦ってるのさ?」
「焦ってなんか、いない」
「この状況を考えれば一目瞭然だろ? 利はこちらには無いよ」
「その利を導き出すのが航平の仕事でしょ?」

 苛立ちを隠すでもなく、コゲツは航平に静かに当たり散らす。

「ある程度までなら努力で何とかなるさ。だけど」

 航平の視線は視界ゼロに近い厚い濃霧が覆う、空を見やる。
 昼間だというのに太陽の光が射さないじっとりとした湿気。人間にあらざる者の微妙な存在。山は常に、そんな者達の居場所であった。
 だが---------
 それ以上の何かがいる、という感覚が強く警鐘を打ち鳴らす。それに抗ったり、挑戦状を叩き付ける余力は航平には無い。

「コゲツだって分かってるだろ?」

 航平の言葉に少女は沈黙した。悔しそうに唇を噛む。全てを言う必要は無い。彼女は、それを十分に理解している。妖気と言えば良いか。邪気と言えば良いか。地脈は航平達を目的地まで手招きしているが、悪意ある仲介までもが牙をむいている。

「手はあるの?」

 コゲツの一言が小さく、そして重い。自分より長寿のくせに時々、とても子どもな素振りを見せる。不思議な、と思う。そんな彼女を愛おしいと思う感情が、航平の中で混在しているのもまた事実。航平は小さく微笑んで答える。

「勿論」

 即答で返す。手が無ければ行動になど移すものか。みすみす、コゲツを危険な場所に入り込ませようなどと思うはずもない。

「?!」

 航平とコゲツは顔を見合わせた。また風が--------と言うよりは空気が急変したのだ。空気が突き刺すように冷たい。明らかな冷気をはらみ、二人を突き刺してくる。陽は明るいだけに、強烈な風の意味は一つしかない。

(妖か)

 分が悪いな、と思う。タイミングしては最悪だ。あくまで探査の術である【千里】を稼働させながら、この場を退くことを考えていた。「綺船」をマークし続けながら。それは難を極めたと言わざる得ない。

 追い打ちをかけられた、か。
 航平は小さくため息をつく。やはり甘くはない---------

 風が集まりだした。

 航平もコゲツも、その風をじっと凝視する。自然の摂理が構成する万物構造と相反する意志を持った「流れ」が敵意をもって、あきらかに存在している。

 その風は渦を巻く。
 旋毛になり、螺旋を描き、花を巻き取り、切り刻んでいく。
 風の膨張。空気の減少。その息苦しさは明らかな威圧感をたたえて。

 航平はもう片方の手で、宙に文字を描く。

 ウツヨ
【現世】

 簡単な術だ。この世に姿を表さない妖の本当の姿をこの術は表出させる。
 別に姿が分からないから何がどうでもないが、礼には礼を、威圧には威圧を。敵意には敵意。それがコゲツと航平の流儀。まして、この手の妖は自分の姿が見えない事を前提に力をふるう「奇襲型」か「姑息型」が大半だ。言わばその力の一つである「隠れ蓑」を破壊した途端に、その妖の戦闘能力を粉砕するのに等しい。

 それは灰色のイタチだった。牙と爪そして尾が異様に長い。それは伸びては空気にとけ込み、はたまた体の一部分と連結したり、という姿を繰り返し見せている。前肢が鎌のようになっているが、それすらも消えては現れ融合してるので、どこからどこまでが体で、どこからどこまでが空気なのか理解に苦しむ。一見すると蜃気楼のようですらある。

「まいったなぁ」 

 と航平は苦笑した。彼の者は力を徹底的に抑え、分散させて隠密吏に航平とコゲツの事を監視していたという事か。予想以上の大物が登場してくれた。

「カマイタチか」

 呟く航平の頬を、空気の刃が裂く。出血は無い。カマイタチ特有の現象だ。出血が無いのはカマイタチによる吸血行為ゆえだ。航平の反応も早かったが、カマイタチの反応はなお早かった。スピード戦では分が悪い。長引くと不利なのは間違いない。

 が---------

「なお悪いか」

 航平はため息をつく。

 制止する間もなくコゲツはその小さな体でカマイタチに踏み込んでいた。

 小さな拳がカマイタチの顔面を直撃する。その間、カマイタチは反応するできなかった。
 初めて、妖は狼狽のうめき声を上げる。当然だ、風そのものの妖である〔カマイタチ〕がスピードで競り負けるはずもない。

 普通なら---------

 しかしコゲツの能力は普通の基準で図る事はできない。彼女もまた綺船の加護を得ている。この場所そのものは航平達の領域ではないから、その認識は無いのも当然。しかし、それを加味して容赦する性格でも無い。まして、コゲツの逆鱗を刺激した。こんな所で力を浪費はしたくないが、こうなったコゲツを止めるのは至難の業だ。

(まいったなぁ)

 頭を掻く。思考を巡らす。
 どうする? どうする? どうやってコゲツを止める?

「傷つけた」

 カマイタチは怪訝そうな顔でコゲツを見た。
 コゲツはイタチの顎を蹴り上げる。今度はカマイタチはまるで反応ができなかった。巨木に激しく叩きつけられ、悲鳴を上げた。

「傷つけたね」

 カマイタチの首を鷲掴みにする。
 両目でその意味を探ろうとするが、コゲツは風の流れそのものを遮断する。つまり、人間でいうところの血流を止めるに等しい。カマイタチは必死の抵抗をしようと、風をかき集めてコゲツに叩きつけようとする。それをコゲツは一瞥で無風に還元する。

「傷つけた」

 コゲツは力を込める。

「コゲツ」

 航平が呼ぶが、その声は最早聞こえていない。
 完全に彼女は感情に支配されている。まぁ、ある意味では人間以上に人間らしい。そこが愛しいと航平は思うのだが、今はそんなのろけた事を言っている場合でも無い。

 情報が欲しい。撃退するのは簡単だが、全て水泡に帰してしまっては、全ての作業は一からやり直し---------否、領域へ侵入を試みた訳だから、向こうの警戒はより一層強くなるだろう。

 それでは、遅い。

「コゲツ!」
「傷を-------」
「コゲツ、僕は大丈夫だから!!!」
「航平を-------」
「コゲツ!!!!!」

 ぐっと力を込めて、コゲツを抱きしめる。
 ふわり、と。コゲツの温もりと航平の鼓動が二人を連結させる。

 力がゆるみ---------風が四散した。

 カマイタチの姿は影も形もない。見事に退散した訳か。水泡に帰すまでには至らない結果になったか。悪くはない。決して諸手で喜べる戦況でもないが。

 それでも、航平はコゲツへの抱擁を止めず、さらに力をこめて自分の元へ引き寄せる。

「……僕は大丈夫だよ」

「…………」

 コゲツは俯く。先程までの元気は無い。

 コゲツは航平が傷つく事を何より恐れる。トラウマとでも言えばいいのか、不器用な言い回しをするくせに、過保護なのだ。パートナーに対して。

 それは彼女が生きてきた年月の不条理さと虚しさに由来している。だから、航平はそれを否定しない。彼女は長く生きた。それに比べたら、航平の生は一コンマ程度だ。だからこそ、彼女が愛しいのだ。

 失うのが怖い、と。航平を傷つける輩は許せないと。

 航平が次期、綺船神社の宮司である事はともかくとして、コゲツは航平と契りを交わした。名による誓約を。その儀式により、航平とコゲツは死が二人を分かつまで、一蓮托生の道を歩む。これは結局、いつでも二人に付きまとう、忘れられない命題なのだ。

 逆を返すと、「人間」である航平と「妖」であるコゲツを結びつける、大明文。彼女が自分を必要としてくれている。そして自分もコゲツを必要としてる。それ以上も以下も無い。常に隣にいて欲しいから、絶対にその手は離さない。

 結局の所は、航平も同じなのだ。コゲツを失うのは怖い。彼女はその力ゆえに、暴走と浪費を繰り返す。いわば生命の燃焼とも言える行為で。
 今回の暴走など可愛いものだ。自然の摂理は何も歪めていない。彼女の暴走による異常気象や、死者の回帰は起こらなかった。まずは良しとすべきだ。まして、あのカマイタチが無事な事を考えると、探知する希望はある。風はまだ、カマイタチの主---------つまり、本家・綺船の深層部へ向けて吹き流れている。

「……全然、大丈夫じゃない……」

 絞り出すような声。

「だいじょ------」
「カマイタチにつけられた傷は血が出ないけど、放っておくと死に至るんだよ。
 早く治療しないと手遅れになっちゃう」
「惜しかったな、あと一歩だったのに」

 航平は小さく笑った。コゲツに言われるまでもない。
 コゲツは難なく撃退したように見えるが、小妖と嘲るにはあまりに油断なら無い相手だ。この程度で済んだだけでも運が良いと思わなくてはいけない。
 そして---------

「何?」

 怪訝そうな顔で航平の事をコゲツは見上げる。

 航平は小さく笑んだ。
 そっとコゲツの髪をかきあげる。

「え?」

「コゲツが無事でよかったよ」

 コゲツは俯く。照れ隠しか、何と言っていいのかわからなくなったのか。多分、両方だ。
 コゲツのそんな人間以上に人間くさい様子が航平はたまらなく好きだ。

 もう一度、航平は小さく笑んだ。それと同時に血が引いていくような感覚。
 まいった。ここらへんが限界か。

「航平!」

 コゲツの声。自分の体が、沈んでくような感覚。

 

 --------大丈-----ぶ-------

 

 それは言葉にならないまま、航平の唇から空気が小さく漏れ、そのまま脱力し膝を突く。

 意識が暗転していくような感覚の最中、それでも必死に糸を手繰るように、深層の綺船に向けて手を伸ばしながら---------

 

 

 


<<戻る [共著集:君の隣で] 続く>>

Novel] [Electronic Air