久しく我は孤独なり

オカザキレオ氏・著
Electronic Air

 

 

 

 多くを語る事なく、六会から京都までの旅行はスタートした。

 何気ない顔で夏目陽大はトランプをきる。完全に旅行エンジョイモードだが、陽大の表の様相をそのまま素直に受け取れる程、付き合いは浅くない。陽大もそれを見越して宮崎に満面の笑顔を送る。その意味は、重圧に等しい警告以外のなにものでもない。事前の情報収集にいそしんでいた陽大、弥生、水結達だが、その断片も漏らさない所を見ると状況は決して芳しくない。

 人間に非ず者と関わる、猫に祝福されし者。特に意識した事はないが、かの鈴の存在が京へ近付く程、重さと冷たさ、さざ波のような焦燥を伝えてくる。

 鈴の影響力もさることながら、媒介とも言うべき宮崎香に余分な情報を流す事で、過圧な負担を与えかねない。認識した時点で、存在を感知する領域が圧倒的に広がりを見せる。見えざる者は流動的な存在だ。かつ不定着な形を多くは特性として持つ。言い換えれば、認識された事で、寄り代たる宮崎に定着してしまう。それを陽大はその目で何度か見てきた。だからこそ、防げるアクシデントは完全にシャットアウトする。

 見えざる者は声を聞いてくれる者を求めてくる。言いかえれば、自分の存在を認めてくれる者を。その者を通してやり残した事を叶えたいと。
 その気持ち、陽大も同情を交えないでもない。陽大も両親を早くに失っている。残すモノも残された者も気持ちとしては、やりきれない残渣があるのみだろう。

 だが、それと宮崎を踏み潰して良い事とは問題が大きく違う。

 その決意が、夏目陽大にはある。だから、こそ。単純に宮崎を危険な領域に足を踏み入れさせる行為は出来ない。例え自分自身が、宮崎を危険領域に足を踏み入れさせている張本人---------元凶だとしても。

「あのな、委員長---------」
「ん?」
「そろそろ本題に」
「ま、最初はウォーミングアップという事で、ババ抜きでどうかな?」
「トランプの話じゃない!」
「何か賭ける?」
「高校生が賭けるなっ!!!!」
「別に賭博しよう、って訳じゃないよ。この旅行を楽しくしようという演出さ」
「そんな演出はいらない」
「本当に?」
「なんで聞き返す」
「僕は弥生を賭ける」

 間。沈黙した。

「「「なにぃーーーーーーーーー」」」

 三つに重なる声。サプライズ演出はこれでないと、と陽大はにんまりと笑う。

「委員長、それは、おいっっっ!」
「大君っっっっ!」
「委員長さん、それじゃ人身売買---------」

 また固まる。

「「水結ーーーーーっっっ!!!!!」」

 さらに重なる宮崎と弥生の声。ペースは夏目陽大掌握の元、動いていく。

「え、あ、ちが、そういう意味じゃなくて---------」

 今度は口をぱくぱくさせ水結が言葉に詰まる。愉快なり、愉快なり。陽大はくすっと微笑んで、トドメを刺す事にした。

「よく考えたら、逆の方が良かったかな?」
「は?」

 今度は何を言い出す気だと、警戒心あらわな宮崎の表情に嬉しくなってしまう。

「ご褒美は篠倉の方が宮崎の場合は、嬉しいよね?」
「---------」

 絶句。その一言に尽きる。
 そして急速に顔を朱に染めてくれる、未だ初々しい二人が微笑ましい。

「大君、人を賭の対象にしない」

 弥生に軽く手の甲をつねられて苦笑しながら、肩をすくめた。
 そのタイミングで、変わらず顔が真っ赤な宮崎が立ち上がる。

「トイレ行ってくる」

 戦線離脱かつまらない、と陽大は心の中で笑いをかみ殺す。

「香君、ずるい……」

 逃げそびれた水結はここで陽大の意地悪な、ニヤニヤと笑む視線と一人で対峙しないといけない。これはあまりにも拷問である。

「ま、ある意味、成功だろ?」
「何がよ」

 分かっていながらも、弥生はあえて言う。その顔は笑いをかみ殺すのに必死だが。
 水結はそんな二人を見てすごいな、と思う。明らかに陽大は楽しんでいるのだろうけれど、それと同時進行で宮崎の詰問をあっさりと方向転換させてしまった。全て計算済みなのは間違いないから、なおさら嘆息してしまう。

「篠倉も落ち着いてきたようだし、本題にいくか」

 と陽大はあっさりと話を進める。弥生は陽大に合わせて、クリアファイルから地図を取り出した。

「京都からは別行動だ。
 篠倉はできるだけ、観光スポットで情報収集という名の、宮崎から戦線離脱に努めて
 くれると助かる」

「はい。それと同時進行で、香君の反応も調べるんですよね」

 憂鬱そうに言う。水結にとっては、宮崎を騙すような印象があるかもしれない。実際騙すのは本当だ。
 今回、宮崎には出来る限り、戦線離脱してもらう。これは陽大の勘以外の何ものでもないのだが、京都という場所を考えても、宮崎に対しての負担は圧倒的に重圧だ。京都のどの位置が安全か。それを水結には同時に調べてもらう。宮崎の負担は少ないに越した事はない。

「ま、デートもできるしね」

 突然の爆弾投下。水結は予想にしてなかったので、また顔を真っ赤にして、口をぱくぱくさせた。

「悪ふざけはそれぐらい。話を進めよう、大君」
「はいはい」

 と陽大は笑って、マップを指さす。
 綺船神社、そして大学生達が失踪した場所と、ポイントは二つ。陽大と弥生の探索場所である。見えざる者---------霊と言い切っても良いが---------彼らと干渉する能力が皆無に等しい陽大達が下見に行く。この方が安全だ。今までの経験上、まるっきり安全でないのも熟知しているから、それなりの用意はしておいているが。

「三木先生に昨日会ってきた」

 いきなりの言葉に、水結は目を見開いた。その名は水結と宮崎の中学時代の保健教員だ。高校になって交流はほとんど絶たれたに等しいが、宮崎は時折中学に顔を出しては、ちょっかいとお節介を出しているらしい。陽大が三木と知り合ったのも、そんな理由からなのだが、まさか陽大からその名前を出されるとは思っても見なかっただけに、水結にとっては驚きだった。

「一応、今回の件も相談してきたんだ」

 さらなる驚きだ。陽大が自分達以外の人に意見を求む、という事そのものが意外だったし、相手が三木だったというのも意外だった。
 水結は思い返す。がさつでぶっきらぼうなあの先生が、面識の浅い陽大に耳を貸すとは思え---------いや、陽大なら、そして宮崎香が絡んでいるなら、別かもしれない。水結は色々な事を一気に考えすぎて、ぐちゃぐちゃになりそうだった。

 そんな水結を思いやってか、陽大は小さく笑んだ。

「大丈夫、ご意見を窺っただけだよ」
「意見?」
「僕の意見としては、宮崎にとって京都という場所は、決して安全な場所でないと思って
 いたんだ」
「委員長さんは、ずっとそこに拘ってましたよね。そこが私には分かりません」
「率直な意見に感謝。なんでそう思う?」
「……確かに京都は、心霊スポットも多いかもしれませんが、香君が全ての心霊に
 刺激を受ける事はないと思います。
 もし、そうなら六会にいる時にだって、もっと過剰に霊は訴えかけてくると思います」
「ごもっとも。僕も僕なりに調べた。
 まず理由の一つとして、 六会の神職は完璧に仕事をこなしている事があげられる。
 人口の差も関係あるんじゃないかと思う。六会の心霊はある程度、管理されている。
 だから、害を為す霊は皆無に近い。
 それを見越して、僕らは心霊に近づいているわけだ。でも、今回はそうじゃない」
「場所が六会じゃないから?」

 水結の言葉に陽大は小さく首を横に振った。

「京だから、って言った方が正解かな。
 六会は霊の言葉を抑制する。三木先生曰くね。京は霊の存在を解放する。
 根本的に、環境条件が違うんだ」

 陽大の言葉を聞きながら、弥生はパラパラと京都のガイドマップを開いた。

「京都の面積において、他の都市の倍の規模で、寺社が広がりを見せている。
 霊が跋扈する場所と言って過言じゃない」
「なんで、ここまで寺社が必要だったんだろうね?」

 陽大は呟くように言う。
 確かに、と目を落とす。水結は綺船関連の事件についての調査を依頼されていたので、こちらはノーマークだったが、確かに京の寺社の多さは異常だ。整然と配置された街路は中国の長安をモデルにしているらしい事は予備知識としてある。中華の大都を目標に日本の「京」は建立されてきた。それは大国をいつか追い越そうとする小国の意地のようにも思える。

「基本的に京の寺社は後付が多い」

 陽大は呟くように言う。

「後付?」
「そう。例えば何かの祟りとか、疫病とか、争乱や飢饉の度に、禍々しい存在を鎮める
 為に建立された寺社が多いのよ」

 弥生が水結の質問に、陽大の声のトーンに合わせて言う。

「それって---------」

 水結は青くなった。それって、それって、それって---------

 弥生がすっと水結の髪に手を伸ばした。

「え? 弥生ちゃん?」
「水結は良い子」
「え、え、え?」
「水結じゃないと、宮崎君はダメだと思う、やっぱり私は」
「そんな……」

 上手く言葉にならないが、水結は真っ赤だった。

「私は正直、腹がたってるの」
「え?」
「危険と分かっていて、友達をそんな場所に送り込む大君が」

 ちらっと陽大を睨む。陽大は、小さな微笑で返すのみだ。

「……でも、それは香君も望んだ事で」
「そういう風に大君が仕向けたのよ」
「……だとしても、やっぱりそれを香君は望んだんだと思います。
 手を伸ばして助けられない人もいる。でも、委員長さんや弥生ちゃんとなら助けてあげる
 事ができる。だから、情報を少なく出されても、香君は信頼して私達に体を預けてくれる
 んだと思います」
「……だから、水結は良い子なのよ」

 すっと、何度も弥生は水結の髪を撫でた。水結は目を閉じる。こうしていると、不安に感じていた事が、弥生の手で払いのけてもらっているような、そんな感覚に陥る。
 安心する。きっと今回も四人なら大丈夫なんじゃないか、って思う。私一人じゃ、支えくれないけど、四人でなら。きっと---------。

「一つ言っておくと」

 と陽大は言葉を漏らした。
 水結は顔を開けて、陽大を見る。弥生も同じく、視線を向けた。

「僕は他人を助けたいとは思わない。宮崎を犠牲にしてまで、メリットなんか無いから」

 その声はとても冷たかった。

「ただね。宮崎はやっぱり手を差し伸べる事を望むわけで、僕がそれに蓋をしても、声の
 ない存在はすがるように宮崎に這い蹲っていくのであれば、結局は危険な場所に入り
 込んでいくのは同じだから。それなら、一番安全な方法で宮崎を守りたいと思う」

 水結はじっと陽大を見た。
 たまに陽大はまるで自分を貶めるような事を言う。自分は宮崎を利用しいてるだけだと。
 でも、それは違う。水結ははっきりとそう言える。中学から高校になって、一つ大きく違った事があった。それは、世界の見え方だ。

 結局は中学の時は、色々な人に庇護されていた。
 だがそのシステムは高校までは延長されていない。もしも陽大や弥生がいなかったら、そんな事を時々考える。多分---------自分は宮崎を支える事はできない。潰れていた。今回だって、支え切れていない自分がいる。 結局は陽大や弥生に頼り切っている自分がいて、そんな弱々しい自分を嫌悪してしまう。

「ぶー」

 といきなり弥生が、指で×印を作る。

「え?」

 と弥生を見る。

「水結の悪い癖。自分に力がない、って沈みこむ。
 それって何も前進のない後退だらけの悪循環。それじゃ、何も結ばないよ」
「だね」

 と陽大は笑った。

「誰も一人で立てる人なんていないんだよ」
「……委員長さんでも?」

 水結の言葉に陽大は一瞬、口をぽかんと開けて、そして失笑を漏らす。

「篠倉は僕を何だと思ってるんだ?」
「え?」
「僕は万能じゃないし、スーパーマンでもないぞ?」
「えっと……」
「もっと言うけど、僕は100%自信を持って行動した事もない。
 僕に不安要素が無いなんて言うなよ?」
「でも……」
「もしも、僕の行動に自信があるように解釈されるとしたら、それは支えてくれる人達が
 いるからだよ」
「弥生ちゃんが?」
「--------なんで私だけ名指しするのよ」

 真っ赤になって弥生は恨めしそうに言う。故意じゃないだけに、水結の無頓着な言葉は時々爆弾のように炸裂する。

「篠倉も宮崎も、だよ」

 苦笑いとため息を織り交ぜて。実際、と陽大は心の中で呟く。親友であるはずの宮崎をこんな事件に巻き込むのは、できるなら遠慮したいと思う。何回か、そんな事を考えた事はあった。だがその度に事件を知った宮崎は、陽大の制止も聞かずに首を突っ込んでいく。結局は陽大自身が状況を把握した上で、突っ込んでいくという姿勢が一番安全なのだ、という事を最近悟ったのだ。

 逆を考えると、見えざる存在の者達は、宮崎を追い求めているとも言えるのではないか。だとしたら被害を最小限に食い止めるスタンスでいるべきだ。その方がはるかに安全だ。陽大とてしても分からない者に対峙するよりも、冷静に策を練ることが出来る。

(しかし、今回は……)

 陽大の悩みを知っているのは弥生だけだが、その情報が正しいか正しくないかは別として、もしも本当だとしたら【人間】がどうこうできる、というそんなレベルの話ではなくなってくる。

 だからこそ、被害は最小限に。

 陽大のこの考えは言わば、出向いても宮崎、水結、弥生以外の人間の手をいざとなったら切り捨てるという選択肢を取る、という事に等しい。
 それなら何の為に行くのか?
 自分から切り出しておきながら、調べれば調べるほど「禁域」はとんでもない「禁域」であったと思い知らされる。

 伝承と迷信を同一視するな---------それは宮崎と水結の恩師、三木の言葉だった。

 伝えるべくして残された伝聞こそが伝承だ。それを軽視するのは愚の骨頂。
 香はああいう性格だから、と保健医は苦笑いを浮かべつつ陽大にそう語った。陽大自身、彼の言い分は分かる。その原動力があってこその暴走機関車で、その駆動力故に救われた人が多いのは事実だ。

「委員長さん?」

 水結が首を傾げた。手に握られたカードは手持ち無沙汰にひらひら揺れている。
 窓の外の景色は流れゆく。
 無造作に。何気なく、単調な景色が、少しずつ色を変えて。

「はい、大君」

 弥生が、すっとペットボトルのお茶を差し出す。

「え?」
「まず、これ飲んで。煎餅囓りながら、宮崎君を待ちましょうよ。どうせ、旅はこれからだし」

 弥生は言う。頓着なさそうな声で。陽大以上に彼女は役者だ。そう思う時がある。
 多分、自分はとても緊張していて、水結にそれは伝染して---------いや、宮崎だって感づいている。だからこそ、微妙な空気がこの場を支配しているのだが。

 ちなみに煎餅は弥生の好物の一つだ。宮崎の実家が青森と言う事もあり、目を輝かせて、名産「南部煎餅」の取り寄せを依頼している。そこらへんは躊躇も迷いも無い。弥生らしい、と陽大は思う。

 ぱり、ぱり。

 がたん、ごとん。がたん、ごとん。

 音に支配されながら、不安要素の比率をどう逆転しようかと考えながら陽大達はゆられていく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「お兄ちゃん」

 トイレから出た宮崎をそんな声が問いかけた。気付くと---------と言うか、気付かなかったが、自分を見上げる10歳になるか、ならないか---------赤い着物の少女が宮崎を見上げていた。

「声の聞こえるお兄ちゃん」

 少女は無邪気に笑いながら、同じく無邪気に言葉を繰り返す。
 この感覚は---------でも、鈴は鳴らない。これは?

「お兄ちゃんなら、もしかしたら。眠りでも、起きるでもない方法を考えられる?」
「は?」
「怒りとか呪いはどうしたら、ゼロにできるの?」
「…………」

 宮崎は考える。ここに陽大がいたら。
 だが、この肌がまるで凍てつくような感覚は。大衆的に言うなれば妖気。霊気。しかし、それを一番感じ取るはずの鈴は鳴らない。否---------宮崎は気付いた。鈴は息を潜めている。声を音を出さないように。そっと。そっと。
 これは---------

(鈴が脅えてる?)

「お兄ちゃんは私が怖い?」

 無邪気だ、あまりに無邪気だ。でも、不思議だな、と思う。鈴が脅えているのは分かるが、宮崎は怖いとは思わない。ぴりぴりとした空気感は時々、帯電しているように何か光が弾ける。だがそれはきっと、この少女が発しようとする意志に他ならない。

「怖くないなぁ」
「そっかぁ」

 少女は満面の笑顔。

「よかったぁ」

 それからふと思いついたように、ぽんと手を打つ。

「お兄ちゃんの名前を教えて?」
「み、宮崎香」
「み、や、ざ、き、か、お、り」

 反芻。しっかりと自分の頭の中に刻みつけるように呟いた。

「君は?」
「……私?」

 目をぱちくりさせる。意外、というような表情をする。

「俺の名前聞いたんだから、教えてくれてもいいんじゃねーの?」

 宮崎の言葉に少女は大きく目を見開き、心の奥底から嬉しそうな笑顔をこぼした。

「大勢に言われている名前と、本当の名前どっちがいいのかな?」
「……普通は本当の名前だろ。
 あだ名なんか聞いてもなぁ。それはもっと仲良くなってからでも」
「でも、私は特別なんだよね」
「は?」
「通俗の名は習俗達の為に有り。
 真名は契りを持つ者の為に曝けださん。即ち、それ命を掲げるに等し」
「は?」
「つまり、契りを結ぶ相手じゃないと、本当の名前を教えられないのー」
「契りってなんだよ?」
「動物的に言えば、交尾かなぁ」
「な、な、な、な、な、な---------」

 突然、少女の過激な発言に宮崎は返す言葉もなく狼狽する。陽大なら上手く返すんだろうが、宮崎には冷静になろうとするのが精一杯出来る事だった。だいたい水結とだって、手を繋ぐことも、自分の気持ちを上手く言葉にする事もできないっていうのに---------

(何考えてるんだ、俺は)

 宮崎は考えを制止させるように、首を振った。そんな宮崎の様子を見て、少女はくすくすと笑う。

「何だよ?」

 少女は無邪気に、横に首を振った。

「お兄ちゃんが可愛いな、って思ったの」
「はぁ?」
「猫ちゃんが、祝詞を捧げたのもなんだか分かる」
「のりと……」

 懐かしい言葉が飛び込んできた。一般に聞くことは少ない、神々に神徳の念を捧げる文章の事を指すが、自分は---------と言うよりも、実家はという話になってくるが、【祝詞】を唱え捧げる立場で有り、捧げられる立場であるはずがない。

「お兄ちゃんは、変にマジメだね」
「なんだ、そりゃ?」
「見えない存在に敬意を払えるって大事な事だと思うよ」
「はぁ」

 そう言われても、といったところだ。
 この少女は飄々としていて、どことなく掴み所がない。
 鈴に手を伸ばす。鈴は変わらず、沈黙を守り続けている。だが、少女からは邪気も妖気も、何も感じられない。むしろ---------何も感じない?

(まさか)

 慌てて感覚を研ぎ澄ます。
 自分の力はそんなに強くはない。だから、鈴に頼る事が多かったのは事実。
 だが---------だが、この少女からは、何も感じない。
 陽大の気配、弥生の気配、水結の気配、それは息遣いのように感じ取れる。それ以外の人達の息づかいも。だがこの少女は---------息遣いというものをまるで感じない。

「お兄ちゃんにならいいかなぁ」

 と少女は無邪気に言葉を紡ぎ出す。

「なに、が?」

 恐怖は感じない。ただ、混乱だけがある。
 見えない存在の者ですら、何かしらの存在感を嗅ぎつける。鈴を媒介にしたら、より明確に。そうでなかったとしても意識を集中させれば、朧気な湿気のような存在を見つける事ができる。普段は、無為な干渉はすべきではないという本家の忠告もあるから、あえて触れないようにはしているが。これは陽大にも話していない事ではある。

「私の名前」
「……契りなんか結ばないぞ」

 宮崎の真剣な顔に少女はクスクス弾けるような笑みをこぼした。

「お兄ちゃん、顔赤いよ」
「……からかってるのかよっ」
「ふくれたぁ」
「あのなぁっっ!」

 と声を上げた方向に少女はいなかった。宮崎は目をぱちくりとさせる。

「つぐ」

 宮崎の背後から、声はした。同じように少女は無邪気な笑顔でそう言う。

「つぐ、って言うのか?」 

 少女は大きく頷いた。

「お兄ちゃんにね、進言。都は危険よ?」
「は?」
「正確にはお兄ちゃんの行こうとしている場所が」
「……そういう予感はしていたけど、な」
「してたの?」
「委員長ならそれくらい、予見はしてるとだろうし」
「あのお兄さんか。でも、そっちのお兄さんだって何も分かってないようなものだけどね」

 宮崎は少女を見---------る事はできなかった。

 もう少女はいない。

 

 

 がたん。

 ごとん。がたん。ごとん。

 がた、ん。ごとん。

 

 

 規則正しく、列車の旅は続く。

 

 

 ちりん。

 りん。

 

 

 鈴が安堵したかのようにようやく鳴り響く。その音はすとても小さかったが、何故か列車の最前列から最後尾まで乗り合わせた人々の全ての耳に微かに届いていた。

 

 

 

 

 

 

 ちりん。

 りん。

 

 

 


<<戻る [共著集:君の隣で] 続く>>

Novel] [Electronic Air