久しく我は孤独なり

オカザキレオ氏・著
Electronic Air

 

 

 

 禁域と言われ場所に入り込もうという輩の多い事、多い事。これで何人目か。
 僧侶は表情一つ変えず、山の向こう側に視線を向けた。

 忠告はしている。今までの一人一人に。だが、多くの者は単なる迷信で片付ける。その結論を下すのも自己責任だ。そこから先の運命についてまで心配してやるほど、慈愛に満ちた道を歩むつもりも無いから捨てておいているが、いささか数が多すぎる。

 

 錫杖を突く。

 

 大地が押し返すような反応をする。土地が安定していない証拠だ。あるいは、と僧侶は呟く。手招きしている者の存在があるか。土地の不安定さも、それならば納得できる。

 

 この土地は禍々しき者もまた眠る。綺船は基本的に歴史の裏側に追いやられた者の、最後の郷里だ。そういう意味では、最大のタブーの集合体とも言える。

 禁域とはつまり、禁じられた地域一帯を指す。本来は一般の人々は入ってくる事は有り得ない、そんな場所である。そこに招き入れられた人々がいる。非常に芳しくない事態とも言えるかもしれない。

 禍々しき者は放っておいても問題は無い。

 問題は、それに興味本位で近づこうとする人々の存在だ。

 さらに、禍々しき者達の奥底で眠る綺船そのもの、だ。人間達はいつでも警告を灯した伝承を軽視する。いつの時代もそんな輩はいたが、敬虔なる知識人達が嗜め、騒ぎはそれ程大きくはなかった。

 だがこの時代、常識こそが非常識と捉える不埒な輩が多い事。
 それそのものは時代の流れだ。自分がどうこう言う問題でもない。だが、と遠くを見やりながら思う。

 

 森の奥底に深い霧が立ちこめる。

 

 不可解な霧のかかりかたに眉をしかめる。森そのものが、何かにまるで警戒しているようだ。全てを受け付けない、そんな拒否の姿勢にすら感じられる。まだ、この状態で落ち着いているうちは良い。問題なのは、目覚めていけない者が目覚めた時だ。禁忌とは、いつでも人間が住む里の近くにある。

 地脈が乱れているか。

 僧侶は漫然と前方を見やる。無理矢理眠らされて森の木々に繋ぎ止められた者と、その者を無理矢理と起こそうとする愚者と。さらに深く、静寂に身を委ねる深遠に沈む者と。

 

 

 

 僧侶は踵を返す。とりあえず今は---------何もやれる事はない。人間達があえて眠りについた者を起こそうというのであれば、それは彼らの選択だ。それはそれで良いのかもしれない。

 生暖かい風が吹き付ける。よろしくない予兆だ。禍々しい吐息だ。眠りは確実に浅く----
----否、間違いなく、目覚めの兆候を示している。

 

 厄介な---------。

 

 僧侶は踵を返す。今はやれる事をやるべきだ。約束を反故には出来ない。しかし-----
------ため息が深い。

 

 愚かな。あまりに愚かな。

 

 ------------反古にできない約束、か。今考えてみたら、何と厄介な事か。その厄介事を今でも、大事に抱え込んでいる自分がいる。不思議と、笑みがこぼれてくる。

 愚かな人間達はいつまで同じような罪を繰り返すか。それでも、約束は約束。

 

 

 

 僧侶は方向を転換し、まるで滑るように森の奥底へと向かった。

 


<<戻る [共著集:君の隣で] 続く>>

Novel] [Electronic Air