久しく我は孤独なり

オカザキレオ氏・著
Electronic Air

 

 

 

 

「は?」

 いきなりの言葉に宮崎は言葉を失った。自分の行動も突発だが、図書委員長こと夏目陽大の言葉はいつでも突然だった。そして今回も突発で奇想天外な事を言ってのける。

「京にね」
 にこにこと笑って言う。と言って放り出したのは旅行雑誌。『おいでませ京都』と軽薄なフォントで書かれていた。
激安旅行パックで二人の愛がover the rainbow
 と意味不明でセンスのカケラも無い内容が続く。

 委員長が単なる旅行に行きたいと切り出すはずもない。何か裏があるのは必然だし、その裏は一介の高校生が抱え込める程軽いモノでないのは明白だ。

「何をたくらんでる」

「ひどいなぁ」
 と陽大は笑顔を崩さず、宮崎に柔和路線で攻めにはいる。陽大の隣の席ですでに事情を知っているはずの辻弥生は目を閉じて我関せずを貫いていた。度を超した厄介なのは間違いない。

「旅費はタダだよ? 経費で落とすから。これおいしいでしょ?」
「それが怪しさ満々なんだよな」
「そう? 篠倉は宮崎が行くと聞いたら喜んでたよ?」
「待て待て!」

 なぜか、自分の頬が紅潮しているのが分かる。

「何で、そんな話になるんだよ!」
「書いてあるじゃない、青春の一ページにおいでやす京都-------」
「そうじゃないだろっ!」

 と宮崎は陽大からくだらない旅行冊子をもぎとってゴミ箱に投げ捨てる。距離にして一メートル。それを一発で投げ入れる技量は、さすがと言うべきか。

「みなまで言わせるなよ」
「は?」
「青春の一ページを篠倉と------」
「意味がわからないっ!」

 宮崎は頭を抱え込む。いつもこうやって委員長-----夏目陽大のペースに翻弄されていく。

「そろそろ本題に入ってもいいんじゃないの?」
 と関わらないことを決めていたはずの弥生が、笑いをかみ殺せずに言う。気の毒に、と同情を寄せてくれたのは嬉しいが、それ以前に何とかしてくれ、と切実に思う。

「弥生、もっと引っ張ろうよ」
 と陽大はいかにも不満足と顔に書いている。香は頭を抱え込んだ。つくづく、今まで厄介な人間にたくさん関わってきたが、夏目陽大程食えない人間はいない。下手をすると、こちらの方が食われかねない。それぐらい、親友なのに油断ならない相手なのだ。気を抜く余裕もあったものじゃない。

「仕方ない、本題に行く事にしようか」
 とふっと微笑む。委員長スマイルと、学校中の女子が騒ぐ、微かな微笑に香はため息をつく。弥生と香は悪魔の手招きと呼ぶこの無防備そうな完全攻撃態勢の表情に、こちらも充分に警戒と準備をしないと痛い目にあう事は必至だ。

「そんなに構えなくてもなぁ」
 と陽大は笑顔を崩さない。
「そんなたいした事じゃないよ」
 と陽大はゴミ箱から拾い上げた旅行冊子をつまらなそうにパラパラとめくっていく。

 

「仕事だよ。【ぷらぼん】の」

 

 それだけで言葉は充分に足りた。

 private bomba-------略して【ぷらぼん】。インターネット上の匿名総合掲示板3チャンネルを運営する株式会社。しかしその実態は夏目陽大、辻弥生の運営するベンチャー的実験企業にして、便利屋稼業を専ら請け負っている。
 ただし--------と便利屋稼業の方は条件は付く。
 不可思議な事に限定してと。

 旅行雑誌に宮崎は目を落とす。都の禁域にご招待---------そんな見出しが悪趣味なゴシック体で、デカデカと印刷されていた。

「禁域ってのは、本来ツアーを組むような場所ではないんだけどね」

 陽大は小さく呟く。宮崎も小さく頷いた。多くの人は分かってないが、万能科学主義なんて上辺だけのモノにしか過ぎない。そんな理論は風前の灯火、わずかに残った文明の火だ。その火は大きな常闇の力の前ではあっという間にかき消されてしまう。
 人間達が誇る文明なんてその程度の存在なのだ。吹けば火が消える。蝋燭の灯火以上に、なんとも脆く儚い。

「ここ」
 と陽大は指を指した。そのは記事は禁域と呼ばれた地域の中でも、小さな記事としてさらりと数行書かれていたにすぎない。

「綺船」

 香は顔を上げた。

「本家は貴船だ。と一応は言われているけど、こっちの綺船に関しては、分からない事が
 多すぎる、ってのが正直なところ」
「は?」
「普通神社で神を祀るだう?」
「あぁ」
 宮崎はこっくりと首を縦に振った。

「だけど、綺船では妖怪だ、祀っているのは」

 宮崎は次の言葉が出てこなかった。唖然とするしかない。だが神道において、神以外の者を祀る事もそう珍しい事でもない。

 代表的な礼としては、太宰府の菅原道真。
 今や受験の神様だが、901年、謀反の罪を被せられて(という説が有力)僻地であった太宰府に菅原氏は左遷される。
 失意の内に没した菅原氏だったが、その後、遠く離れた都に天変地異が多発。有力者の死亡が相次ぎ、菅原氏の怨念が原因でないか、という噂が静かに広まったという。
 その怨念と呪詛を鎮める為に天神として祀った、というのが通説だ。

 だが-------勿論、夏目陽大の意図すべき言葉は、他にある。それも、宮崎が思う通りの事であるのは間違いない。

「ただの妖怪じゃないんだな?」

 宮崎の言葉に夏目陽大は笑顔で頷いて見せた。
「ご名答。篠倉のキスを贈呈するよ」

 いきなりの核弾頭投下に等しい発言に、宮崎は言葉を失った。口をぱくぱくさせたり、顔を真っ赤にしたり、突然動作が高速で挙動不審になる。 
「な、な、な、委員長、何をいきなりっっっ!」
 ようやく言葉を吐き出す。------と言うよりは、陽大に叩き付ける、と言った方が正確か。

 陽大はそれを聞いて小さく笑んだ。もの凄く楽しませてもらいました、とありありとその顔に書いている表情で。

 宮崎は陽大ペースの進行をなんとか持ち直そうと、話題整理を試みる。
「だけどな、委員長。別に神社で妖怪を祀っている事はそんなに珍しい事じゃないぞ?
 古の人々は祟られる事を何より恐れた。大自然の中で、そういう不可思議な事を何らかの
 形で理屈付けてきたからな」

「さすが神社の家系。話が早くて、助かる」
 陽大はにっこりと微笑んだ。結局の所は、どう足掻いても陽大のペースは変えられない。宮崎はため息一つ落とす事すらままならない。だいたいにして、それぐらいの知識、頭に入っていて陽大なら当然だ。無知のまま、話を切り出すほど陽大に準備不足があろうはずも無い。

「たしかに、祀るという行動そのものが天変地異や理由にならないものを鎮める為のモノで
 あったのは確かだと思うけど、でもそれだけじゃ綺船を説明できない。
 何故--------百有余もの妖怪や物の怪が祀られているのか」

「は?」
 宮崎は耳を疑った。委員長は今、なんて言った?

「興味わいてきたでしょ?」
「ちょっと、まて・・・・・」
「そして、かつ。その神社山嶺付近での遭難者、失踪者が目立つ。
 僕が気になってるのはそこだ」

 今度、陽大が宮崎に手渡したのは、新聞の切り抜きだった。A4のコピー用紙に所狭しと貼られている。

「篠倉に調べてももらった」

 陽大の言葉に唖然と、それぞれの文面を見やる。どれも登山客、山菜採りらの遭難失踪事件となっている。そのほとんどが、未発見のようだが、小さな記事でどれもおさまっていた。だが、一番目にとまったのは、最後の記事だ。大学の研究グループの失踪。キャンプステーションはそのままだったので遭難した、と推測される。当日はいつもにもまして、霧が深く悪天候であった。彼らの無線、GPS機器も自然の前では役には立たなかった----------

「待てよ、委員長」
「ね、僕もそう思った」

「・・・・・・おかいしいだろこれは。
 なんで断言だ? これは事故が起きてから間もなくの記事だろ?」

「文章の書き方で、いくらでも見方は変わる。
 機器は役にたたなかった。確かにそう書けば、自然の驚異の前では人間の文明機器
 なんて小さく浅はかなモノだ、と解釈できる。
 だけど、問題はそこじゃない。
 取り上げられ方もあまりに小さすぎる。人が失踪しているのに、だよ?
 調べてみたところこの事件に関してはすでに終了だ」

「なんでだ?」

 普通ならそんな事は有り得ない。

「普通の場所じゃないからだろうね」

 のんびりと陽大は言った。陽大がそこまで言うという事は、調べもある程度は進めている事に他ならない。陽大の情報データベースの規模は、素人の範疇を遙かに超えている。そこに弥生のサポート、篠倉水結の現場調査が相まって、普通のジャーナリズムが得る事のできない情報量を、陽大は得ている。宮崎はそれを信じて、行動に移せばいい。

「委員長はもう、行動に移す気だな」
 宮崎の言葉に陽大はただ、微笑んで答えた。その顔はyes.と言っている。宮崎は小さくため息をついた。陽大らしいと言えばらしい。

「水結は?」
「宮崎次第かなぁ」
 とニヤニヤして言い放つ。計画的だ。あまりにも計画的すぎる。根回しは全て、完了していると言ってもいい。それでなおかつ、陽大はお楽しみを実行しているのだ。

「大君」

 ようやく弥生が助け船を出してくれた。助かった、と宮崎は息を吐く。陽大は苦笑いを見せて、肩をすくめた。さすがの陽大も、弥生には逆らわない。彼女は怒らせちゃいけない。いつか、陽大は小声で宮崎に耳打ちしてくれたが、今だ辻弥生の怒り心頭の姿を見ていないだけに実感が湧かない。その一方で、高校に入ってから知り合ったはずの水結までもが、陽大と同じ事を言う。
 凜とした、という表現が何より似合う弥生だが、何より説得力がある存在感があるのも事実。委員長の右腕と周囲が囁くが、付き合って分かったのは、陽大と弥生は対等、という事だ。

「回りくどく言うのはね、今回はちょっと危険かもしれないの」
 弥生は小さく言う。

「珍しいな、そんな事言うの?」
「でしょ? 大君から聞いた時、私もそう思ったけど、今までの心霊事件と混同したら命取り
 かもしれないわよ?」
「・・・・冗談じゃないぞ、って事だな。
 だけど、委員長が目を向けた、って事はそれなりに重要度が高いって事だろ?」

 と陽大を見る。当の委員長は、にっこりと笑むにとどめる。これまた答えはyes。

「問題なのは、失踪した人達のケースが全て迷宮入りしているという事実だ。
 それでいて、全てそれは秘密裏に処理されているし、公にされていない。
 まして遺族は何も声明を出していない」

 陽大は冷静に言う。

「おかしいだろ?」
「あぁ、おかしいな」
「六会の暴走機関車としては興味あるだろ?」
 と陽大は宮崎のあだ名であえて揶揄する。が、その目は笑っていない。

 直感的に、困った人には手を差し伸べ、厄介事に自ら足を踏み入れる。そんな宮崎の気性を陽大は「暴走機関車」と名付けた。かなり的確に宮崎の事を言い当てているとも思う。別に正義の味方気取りな訳じゃない。ただ、感じたまま行動していたら、いつの間にかそうなてしまっていた。

 一方の陽大は冷静な顔で、表面上は素知らぬ振りを決め込んで、裏で徹底的に緻密な計画のもと、相手を陥れるのだからどちらもどちら、同じ穴のムジナってのはこの事を言うんじゃないかと思う。

 陽大は図書室のパソコンをインターネットに繋げる。
 電脳掲示板『3チャンネル』とある。
 陽大はクリックして深層に進めていく。
 様々なタイトル、スレッド、テーマを抜けて、真っ黒な画面に行き着く。

 真っ赤な字で、そこには悲痛な書き込みがあった。

 

【お兄ちゃんを助けて】

 

 宮崎は食い入るように、その書き込みを見つめていた。

「依頼があったんだな」
 宮崎の言葉に陽大はコクリと頷く。

 株式会社private bomberは、表面上はインターネットベンチャーの小会社でしか無い。陽大と弥生の腕試しとして立ち上げたモノだが、それが思ったより順調に稼働している。名前を晒さず、言葉にしたい人達の多い事、多い事。

 だが-------。

 その多さの反面、日常、生活していたら垣間見る事の出来ない叫びに出会う事がある。最初は興味半分だったが、宮崎との出会いで、目には見えない存在がある事を陽大と弥生は悟った。
 宮崎香は猫に祝福された者---------それを知ったのは大分後になってからだったが。

「で、調べてみて驚愕の事実だった訳さ」
「・・・・・・」
「禁域とある。パンフレットの小さな扱いから見ても、見る価値はあまりなさそうな表現を
 多用しているのも気になる。でも、それがわざとだとしたら?」
「街ぐるみ、だと?」
「もしくはその地域全体で、かもしれない」
「もしかしたら、その神社が仕組んだものかもしれないわよ?」
 弥生も口を挟んだ。弥生の言葉が、宮崎にとっては何より重く感じる。

「どうする?」
 と陽大が聞いた。

「・・どうする、って? こんなの見せられたら水結が行くって言うに決まってるじゃないか。
 だとしたら、俺が行かない訳ないだろっ」

 仏頂面で宮崎は語気をやや荒くする。もとから陽大が行く気なのだ。宮崎にそもそも選択肢なんか無い。いや----------陽大が行くと言った時点で、宮崎は行くと決めているのだ。まるで一蓮托生か。宮崎は無言で、ポケットの中に忍ばせていた鈴を握った。

 ちりん。

 静かに音が返ってくる。猫に祝福された鈴。見えざる者が見える少年、宮崎香。鈴の音は、宮崎の背中を軽く一押ししているように思えた。

 行っておいで、と。

 

 

 ふっと小さく息を吐いて、宮崎は陽大に向けて大きく頷いた。

 

 


<<戻る [共著集:君の隣で] 続く>>

Novel] [Electronic Air