久しく我は孤独なり

オカザキレオ氏・著
Electronic Air

 

 

 

 

 じとり、とまとわりつくような湿気。
 月の光は淡く、儚く、物悲しく。

 青年達は足を踏みしめた。言葉は、無い。無言で、彼らは歩き続ける。目的の場所まで。
 草を踏みしめ、薙ぎ倒して彼らは進む。速度がなかなか上がらないのは、この鬱蒼とした自然の防壁に邪魔されて以外の何かが作用している。不思議なことに、彼らは同時にそんなことを考えていた。

 日本の「京」と呼ばれるべき場所がいくつかある。歴史上、遷都を繰り返しては、新しい
体制の元、神の国を作ろうと躍起になり、そして戦役で疫病で、呪術で、そして時の流れに
取り残されて滅び廃れた。

 「京」の歴史は即ち、日本の政の歴史でもある。そこに隠され、封じられ、現代には真実として伝わってない歴史もあるはず。その真実を探ることができたら、新たな歴史像が「京都」という街の中から眠り起こせるはず--------

 それが彼ら、醒京大歴史学部の研究グループの見解だった。現段階で知識としてある
歴史が、全て真実であったとは限らない。「京」の歴史を探る。ひいては、日本という国の「生」の息吹を知る手がかりになるのではないか、と彼らは夢を膨らませてこの地に立った---------はずだった。

 さっきまで聞こえていた蝉の鳴き声が突然、途絶えた。

 雲の流れが速く、月の光を遮る。一瞬にして、暗闇が此処に生まれた。だいぶ、夜の闇にも慣れた、と思っていた矢先、月の光の明るさですら、人間の欲する光であった事に今更
気付く。

 肌が汗ばむ。湿度が高いのは、湿地帯の土地柄故だが
 ----------こんなにも肌寒いのは、何故だ?

 今、一時的にであるが、視覚をそして聴覚を奪われたことに気付く。単なる偶然か、自然
の仕組んだ罠か。学者の卵達がそんな非現実的な事を考えるのはナンセンスだ、という
誰かの強がりも、ここではむなしく響くだけだ。それを声にして発する勇気は、とうに消沈している。

(ナンセンスだ)

 握り拳を固める。

 しかし、歴史学者たる者、西洋的科学だけでは解決できない事もあるという事を認識して
おく必要がある。遺跡を発掘した人々に不慮の死が訪れたのは、オカルト伝説では終わら
せる事のできない逸話である。彼ら自身、霊的存在を肯定するわけではないが、学術では
説明できない不可侵な領域がある事は知っておくべき事実だ。発掘という正義の名のもと、幾人もの学者達が不慮の死を遂げた。その事実は、何を持ってしても消えることないし、
数字的な解明は不可能である。

 呪術こそが、太古においては、最大の信仰対象であった。強大な自然を前にして、対抗
できる唯一の学術であったとも言えるかもしれない。そんな古代シャーマン思想を舐めて
かかると間違いなく火傷をする。だが---------この場所は、それ以上の何か、眠り続けるそんな存在を肌で感じる。

 何かが居る。

 常にそんな感覚は隣り合わせである。今まで、様々な遺跡を渡り歩き研究してきた歴史
学部のエリート達で、大学院進学を目指し、歴史学にどっぷりとつけ込んだ優秀面々だが、その論理的かつ行動的な平常心はすでに消えかけていた。

 誰かが唾を飲み込んだ。
 ごくり、と。
 その音は静寂の中で、はっきりと誰の聴覚にも伝達される。

 耳を疑った。その次の瞬間、その音が反復し山彦となって、まるで耳鳴りのように聴覚を
刺激してくる。一瞬過ぎ去って、また耳鳴りだけを呼び起こす残響音が鳴り響く。

(何が起きた?)

 耳を塞ぐが、音は変わらない。精神的にパニックを引き起こしているのか? 

 だが音はなお一層、聴覚を責め続ける。あまりの予想だにしない音に、吐き気がこみ上げてきた。

 口をぱくぱくさせる。
 声が出ない。

(戻ろう)

 そう誰かが、声にしようとしたが、発語すら出てこない。顔を見合わせて、口をぱくぱくさせるのみだ。呼吸が止まるような、そんな威圧感を感じる。

 足が竦む。地面に吸い込まれたかのような、あるいは凍り付いたかのように意思とは
真逆に歩み出すことが出来ない。その反面、心臓の鼓動が早まっていくのを感じる。
冷たい汗が、首筋を流れる。

 何かが居たのを、彼らの視界ようやくは捉えた。それは、深く暗く蠢くような、人間以外の
存在に思えた。と言うよりはだ------------人間とはとても思えない存在だった。霧を吐き出しては、吸い込むその姿を見ては。

 それは霧だった。間違いなく。
 霧を吸い込むと、自分達の体は軽くなり、霧を吐き出されると、自分達の体は間違いなく
重くなっていく。威圧感と重圧感を感じる。

 

『キフネのチとシッテのコトか』

 

 声ではなかった。脳内に直接響き渡る音だ。どことなくぶれた音が幾十と増幅して、聴覚を刺激する。頭痛と目眩が共鳴して、体を支えることも難しくなる。

『ニンゲンよ』

 蠢く、暗闇の中の存在はゆっくりと立ち上がったようだった。

『久しく、我は孤独なり。その静寂を汝ら、侵しに来たか』

 今度は声がダイレクトに伝わってきた。声の主の姿が一瞬消えた。目を疑うが、安堵にはならなかった。一人の前にいつの間にか、見下ろすように立つ、眺めていた。その手が、一人の額を貫通する。

「恵吾っっっっ!」
 もう一人が叫んだが、声の主は音もなく、蹴り上げた。木の幹に叩き付けられ、一瞬呼吸が止まりかけた。苦痛で顔は歪ませつつ、目は声の主から逸らすことが出来ない。それほどに、恐怖は強かった。

『騒がしい事このうえない。ただ単に、汝らの思惑を触っただけだ』

 手を引き抜く。

『知の探求者としては、いささか若すぎるな。分不相応と心得よ。
 汝らの行った事は単なる盗賊行為にしか過ぎぬ』

 霧を吸い込み、霧を吐き出す。

『だが』

 霧を吸い込む。そして、彼らに吹き付ける。

『良い目覚めだ。頃合いと言うべきか。感謝は捧げよう。よく我を起こした』

 声は、頭痛を苛ます。これは現実か? 目をしょぼしょぼさせながら、その者の姿を見続けた。その存在の大きさを感じる。それは変幻自在で、とらえどころが無く、脳内に直接恐怖を叩き付けてくる。

『行くか』

 とその者は、笑みに近い感情を殴りつけてきた。
 -------その表現が一番的確だ。

 

 

 

 


<<戻る [共著集:君の隣で] 続く>>

Novel] [Electronic Air