久しく我は孤独なり

オカザキレオ氏・著
Electronic Air

 

 

 

 

 

「困りましたね」
 と白い法衣にその身を包み込んだ僧侶は、毅然と川が氾濫する様を見た。

 確かに雨不足だ。雨乞いの儀式を奴らは確かにしたが、これは少し降りすぎというモノだ。
 困ったモノだ。もう一度、呟く。加減というモノをもう少ししてくれてもいいだろうに?

「ねぇ?」

 天空にたたずむそれに同意を求める。それは返答の変わりに、耳をつんざくばかりの咆吼で返礼をする。その巨大な口から目に見えない衝撃が、岩を砕き、土を抉った。が、それに動じず、僧侶はそよぐ風と同様であるかのように微笑を浮かべている。

 貴船の分派であり、正統な家筋では無いが、綺船の宮御。水を司る龍神。その御身がそのままここに降臨なさった。呟く。天災とは天の思し召し。結局の所は、人間がいかに足掻こうが、死に絶えようが、それが天命であると断ずべきである。が、宮御はそうは考えてはいないらしい。

 が、その結果がこれだ。

 人を救うと言うことは、言うはやすし。行うは難し。だが、その思想は決して嫌いではない。間違いなく、そういう行動の一つ一つを持って救われてきた民達がいる。

 綺船を鎮めること。簡単に行えるほど、安いモノではないが、愛しの宮御の為であれば、それも為し得よう。後世に宮御が悪しき者と歴史書に記されるのは心苦しい。

 

 僧侶は錫杖を大地に突き立てる。
 経文を開き、ゆっくりと文字をなぞる。同時に言葉を発していく。指でなぞる度に、文字色が燐光を発し、声にする度に文字が空気中に具現化していく。

「苑・天・倫・拙・蝕・珀・翠・哭・搾・教・撥・雨・陽・夜・月・星・廉・全て納めし綺船の宮御に
 願い申す。静まりたまえ」 

 そう簡単に静まる訳がないのは知っている。これは宮御の怒りだ。純粋なまでに。人間が愚かなのは今に始まったことではない。雨が降らないからと言って人身御供を捧げるのも、今始まったことではない。

 天災が続けば続くほど、人の命を捧げる。しかし、それは古のジンクスであって、それで森羅万象の何かが変わるなどと、八百万の神々は明言しているわけでもない。

 

 静まりたまえ。静まり-------

 

 荒ぶる。雨はますます強くなっていく。

 

 許せない。許さない--------宮御の声が聞こえる。宮御らしい。だからこそ、救い差し上げたい。ここで怒りと嘆きに流されることには意味がない。宮御にはまだ仕事がある。それを達成しない内は、荒神になどさせる訳にはいかない。宮御の救いを求めている人がたくさんいるのだ。

(静まりたまえ)

(静まりたまえ)

 祈る。何度も、宙に文字を描きながら。因果な役目だ。元々、こんな立場など不本意極まりない。綺船の連中が好きにやれば良いだけのことだ。そもそも水を司る綺船の宮司が、水を司る水神にまったくも相手にされていないという事実が片腹痛い。
 と批判していても何も始まらないが--------

 

 (宮御!)

 呟く。人は大抵、御宮様と呼ぶ。それが正しかろう。だが、あえて反対に呼んで揶揄する。それがこちらの流儀であるし、宮御もそれを楽しんでくれていた。

 (宮御-------)

 愛着など無いが、腐れ縁に等しいものはあるのかも知れない。それを愛着と言えば愛着か。宮御よ、静まり給え。給え。頼む、静まってくれ。お願いだ、なんとか怒りを収めてくれ。

 雲間から覗く稲光。そして雷光だけではない、何かの存在が蠢くのを感じる。
 感じる? とんでもない。明らかに、その存在は空を支配し浮かんでいた。

 愛着も愛情もあるでも無い。我は久しく孤独なり。号、称し人は久我と呼ぶ。
 だが、だ。宮御はそんな自分の戒名では呼ばず、ただ「坊」と呼んだ。

 雲の向こう側から爛々と光る赤い双眸のような光。
 ------のような? 

 (とんでもないですよ)

 彼女は下々の不浄を洗い落とそうとしている。

 思い返す。彼女のその笑顔を。あの無邪気としか形容のしようがない、無防備な表情の
一つを。

 我は久しく孤独なり。それは自分の座右の銘だった。しかし、宮御はそれをあっさりと否定したではないか。まるで世俗の民のような微笑みを浮かべて。まるで同胞のように、自分を受け入れようとして。そして今、全ての人間に絶望を感じている。

 

 

 印を結ぶ。

 彼女との約束を思い出す。くだらない約束だ。鞠蹴りしよう、と。童歌を歌いながら、何でもないただのお友達になって鞠蹴りをしよう、と。たくさんのお友達を作って。たくさんの子どもに囲まれながら、鞠蹴りをしようと。そんな彼女の意思を、人々の浅ましい感情はあっさりと否定してくれる。

 否定したわけではないだろう。多くの人々は。ただ、異形のものが、畏怖の対象となるものが、自分たちと同じ視線にあってはならない、そんな恐怖観念しかなかったと思う。

 だが、だ。嘆きの海に身を任せては、折角生まれた彼女の存在が禍々しき物の怪で片付けられてしまう。

 (静まり給え)

 静まり、鎮まり、沈まり、しずまりたまえ。

 嘆きは結局の所、悲観しか生まない。悲観は悲しみ、そして否定でしかない。そこに慈しむ、創造性は生まれない。だからこそ、だからこそ、なのだ。今、宮御に悲観という全ての重荷を負わせるわけにはいかない。

 彼女こそは、希望を担うそんな龍であるべきだ。

 恵みの雨は決して、悲観の涙であってはならない。できることであれば、慈しむ命の源であるべきだ。悲哀はやがて悲痛となる。その雨はやがて、川を流れ海に落ち、決して命は育まない。これほどの悪循環があるだろうか?

 生きることを否定する。それは何より宮御が頑なに首を横に振り続けてきたことだ。
 そんな彼女だからこそ。だからこそ。

 だからこそ。何回となく、胸にしてきた言葉を改めて声にする。

 

 

「しずまりたまえ」

 

 

 一瞬の無音。叫喚し続けた群衆達が無意識に、顔を上げた。
 雲間で唸り声を上げ、水を注ぎ続けた龍が咆吼を上げ--------猛スピードで、都の中心にある泉に消えた。

 一瞬、刹那の出来事だった。

 これから都の人々はツケを払わないといけない。この龍神の少女が慕っていた無垢な人間の幼女を人柱にして命を奪い、それでも救われないと憤怒した一部の人々は、綺船の祠を泥で埋めた。それだけで、神々は激昂に値したが、さらに救われないと感じた人々は別の神々に人柱をさらに捧げた。その一人一人が、宮御を慕ってやまなかった信仰心厚い、心優しい人々だった。

 宮御の悲痛な制止の声。神々の荒ぶる感情は、「泣く」なんて単純なものではすまない。悲痛であればあるほど、綺船であるからなおの事、龍神の嘆きは雨を---------風を、嵐を、竜巻を、大地を揺らし、雨は瀑布となって川が氾濫を来す。

 神々が雨を降らさなかった理由を人々はもう少し、考えるべきだったろう。
 人間の傲慢、神々との距離、何より汚濁を清浄しようとする自浄作用。少し考えれば分かることだった。恵みの水を与えたもう神々が、振り向きもしなかった理由を。それを綺船の宮司は、拝礼よりも金勘定に勤しんでいた。多くの力ある人々もまた然り。そして弱者はその暴力に屈し、より多くの死者が出る。それを傍観するに任せた多くの責任ある人達。その全てに宮御は殺意を抱いた。

(「キライダ」か)

 僧侶は呆然とした表情で、龍神の少女が沈みこんだ泉へと向けて足を踏み出した。

 彼女の純粋無垢な気持ちを踏みにじった人々に対して、坊と名付けられた名無しの僧は祈り続けなくてはいけない。
 これは間違いなく代償であり、贖罪である。彼らは罪を犯した。その罪の代価として、人々は償うべき事柄が累々と並んでいる。

 だからこそ、「久我」はここで祈りを捧げる。その祈りは輪となって、いつか罪が許されるその日を信じて、輪唱されていく。

 

 

 雨が降る。人々の体を冷たく突き刺してなお、贖罪を求める。人々があれほど求めた水がここにある。その水はやがて再び氾濫し、人々の命もろとも奪い去っていく。その序幕にしか過ぎない。

 だからこそ、だ。

 この冷たさを心に繋ぎ止めなくては。「久我」はそう思う。

 愚かなるは人間の業の深さか。それとも無知なまでの、横暴さと想像力の欠落か。
 どちらにせよ、だ。水を司る綺船の龍神は、沈黙の中に消えた。

 

 

 

 

 

 


[共著集:君の隣で] 続く>>

Novel] [Electronic Air