かきごおり

〜りんごあめ★あなざーさいど〜

 

 

 

 ざわざわと辺りを満たす途切れない喧騒は、わくわくするような響きに満ちていて、
等間隔で並ぶ提灯以上に明るく夜を照らしていた。
 たこ焼き、わたあめ、焼きそば、射的。じゃがばた、クレープ、チョコバナナ。輪投げに
鈴カステラ、金魚すくい……色とりどりの屋台の文字も、負けまいと輝いている。

 そんな中を歩いてきた水結の手にも、ちゃんとかき氷がおさまっていて。赤いストライプの
入ったストロースプーンで、鮮やかな緑色の氷をすくい上げ、さくりとほおばっていたりする。
 広がる冷気と甘味に、おもわず顔がほころぶ。

 隣を見ると、委員長こと陽大が赤いのを、弥生が小豆の乗った白いのを、同じように
食べていた。

 祭りの合間の小休止。慣れない浴衣姿だから……というだけではないが……、人混みの
中を歩き続けて少し疲れていた水結には、ありがたい一息だ。

 屋台の合間のちょっとしたスペースを見つけた陽大が、ゆっくりかき氷を食べたいから、
と言ってこの休憩を提案したのだが、案外、気を遣ってもらったのかもしれない。
 イチゴのかき氷を少しずつすくっていく陽大を横目で見ながら、水結は感謝の気持ちを
胸中に膨らませる。

 と。

「お待たせー」
 元気な声に、水結は視線を前へ、屋台の並ぶ通りの方へ向ける。

 声以上に元気いっぱいな、見ているほうも楽しくなるような足取りで、香が戻ってきたところ
だった。その右手にはケチャップたっぷりのフランクフルト、そして左手には5本もの焼き鳥
が握られている。

「香君、食べ過ぎだと思うよ」
 ついつい、水結はそう口にする。
 さっきまで、歩きながら器用に焼きそばを食べていたのだから、当然といえば当然の反応
だ。その前に、落書きせんべいと焼きイカを平らげていたりもする。

「まぁ、好きにすればいいよ」
 陽大はそう言ってにっこりと笑い、隣の弥生も苦笑するだけに留まった。
 つまりは。言うだけ無駄だということを、全員が分かっている、ということか。

 それに。水結はくすりと笑う。
 握った串を順番に、嬉しそうに食べていく様を見ていると、こっちまで楽しくなってくる。口元
についたケチャップも、逃すかという勢いでぺろりと舐め取られた。

 さくり、と、その勢いにつられるように、水結もかき氷をすくい上げる。メロンのシロップが
かかった氷を口に含んだ瞬間、フランクフルトに噛み付いた香と目が合った。スプーン
ストローを銜えたまま、どきん、と心臓が跳ね上がる。

 香が一瞬、きょとんとした顔を見せて。
 すぐに、にかっと嬉しそうに、笑った。

 少し頬が熱くなったのを感じながら、慌てて笑みを返す。香はそれを見てから、今度は
焼き鳥へと視線を移した。

 どきどきが止まらない心臓を落ち着けようと、水結は、陽大と弥生の方を向く。陽大が、
かき氷を乗せたストロースプーンを、弥生に差し出しているところだった。弥生は真っ赤に
なっている。

(いいなぁ……)

 水結は自分の手元を見つめた。そこにあるのもかき氷。陽大と同じように、誰かに味見を
薦めることができるもの。だけど。

 ちらり、と横目で香を伺う。夏祭りの味覚を堪能している少年を。

 香は今日まだかき氷を食べていない。薦める理由としては申し分ない条件だ。一言聞いて
から、ストロースプーンを差し出すだけ。

 それだけ。そう、それだけだ。

 それでもしかしたら、香の方からも薦めてくれるかもしれない。お互いの食べ物を1口ずつ
交換する。そんな嬉しい状況が訪れるかもしれない。
 一言、「食べる?」と聞くだけで。陽大みたいに薦めるだけで。

 だけど……

 はう、と水結は息を吐く。
 その薦めるという行為を行おうと考えただけで、水結は卒倒しそうだった。
 だからこそ。

(いいなぁ……)

 それができる陽大と弥生を羨む。

 その憧れの形を見ようと、視線を上げると、

「なら篠倉、食べる?」
「え?」
「え!?」

 不意の誘いに、水結は硬直した。さっきまで弥生に向いていたストロースプーンが、何故か
今は水結へと向いている。
 自分が言おうとしていた言葉が、自分がやろうとしていた行為が、見事にそのまま自分へ
返ってきていた。しかも、予想もしていなかった相手から。

「そういえば弥生、シロップみたいな甘いもの駄目だったもんね? 篠倉どう?」
「え、え、え、え」
「ちょ、ちょ、ちょ」

 動揺しながら、助けを求めて弥生を見るが、弥生も水結同様、パニックになっていた。
 どうやらこの状況は、彼女にとっても予想外な展開だったらしい。

 余計に慌てて、逆方向に視線を向ける。だが、香は夏祭りを舌で楽しむことに夢中で、
この騒動に気付いてすらいない。

 四面楚歌。そんな熟語が頭に浮かぶ。

 だが。

「でもな、篠倉、小食だしね。まだ綿飴とかも食べたいよね?」
「え、あ、うん」
「うん!」

 その混乱を生み出した張本人が、あっさりと矛を引き、水結は安堵の息をついた。弥生も
落ち着いたのか、深く深く、息を吐いている。

 そして、陽大の矛は、

「宮崎」
「ん? なに、委員長?」
「かき氷も食べてみろよ?」
「おっ、サンキュー」

 方向を変えて香へと向いた。そして香はあっさりとそれを受ける。

『えー!!』

 自分がやりたくて、でもできなかったことを目の前であっさりやり遂げられて、水結は
思わず声を上げる。
 何故か弥生の声も綺麗に重なっていたが。

(委員長、ずるいっ)

 そう思いながらも、水結は理解していた。

 自分は何もしなかった。
 でも、陽大は行動した。
 これは、その違いでしかないのだ、と。

 だからといって、陽大への嫉妬が薄らぐわけではないのだが。

 そして。

「委員長もこれ食べないか?」
 と、香が陽大へと焼き鳥を差し出す。

 水結が思い描いていた光景と全く同じ様子で。

(あっ……)

「有り難う、宮崎」
 陽大の左手が、差し出された焼き鳥にではなく、香の右手へ、そこに握られたフランク
フルトの串へと伸びる。そのままそっと引き寄せて、食べかけのフランクフルトへと、陽大は
かみ付いた。

 香がきょとんとした顔をする。
「なんだ、委員長、フランクが好きなの?」
「まぁ、ね」
 答えながら、何故か陽大は、水結へ向けて笑った。 

 これが、行動の結果。
 行動したものと、しなかったものの違い。

 想像していたものを実際に見せ付けられて……

(だったら……それだけなら私だって!)

 卒倒しそうだったさっきまでの自分を押しのけて、水結は勢いよく、行動に移していた。

「香君っ!!」
「へ?」
「私も食べたいっ」
「は?」
「そっちの焼き鳥っ」
「あ、え? あ、うん」
「いただきますっ!」

 陽大すら押しやるような勢いで、かぷ、と焼き鳥にかみつく。味なんてよく分からないまま、
もぐもぐと鶏肉を噛みしめ……そこで、はた、と状況を理解する。
 勢いに任せて自分がとった行動を思い出す。

(え……あれっ……)

 口の中の焼き鳥がなくなっていくのに合わせて、さーっと水結の血の気が引いていく。
 私は今何をした……?

(ど、どうしようっ)

 自分の取った行動に、水結は混乱した。
 いきなりあんなことを言って、奪うように焼き鳥を食べて……

 香はどう思っただろうか?
 呆れた? 怒った?

 嫌いに、なった……?

 悪い方へ傾いていく思考に、水結は次の行動をなくし、立ち尽くす。
 怖くて香を見れず、自然と視線が下がっていく。

 だが。

「水結のかき氷もくれよ」
「え……」
「駄目?」

 顔を上げると、いつも通りの香が、いた。

 水結は、声を出せずに、でも大きく顎を横に振って了承の意を伝えると、かき氷の入った
紙コップを差し出す。嬉しそうに受け取った香が、さっきまで水結が使っていた赤いストラップ
のストロースプーンで、緑色の氷を山のようにすくって、頬張る。

「水結のも美味いなぁ」
 単純で飾り気のない感想。

 でも、水結は嬉しくて。
 大きく、大きく頷いた。

 香は、もう一口、かき氷を口の中で溶かしてから、
「なぁ委員長?」
 ぽつり、と陽大へ言う。

「こうやってみんなで騒いでいられるから、美味しいんだよな?」
「だね」
 小さく頷いて、陽大が答える。

 そのやり取りに、ふと、水結は寂しさを覚えた。

(どうして……)

 そっと、香の横顔を見る。

 

(どうしてそんな……)

 

「宮崎、僕たちは向こうで林檎飴買ってくるから」
 声に顔を向けると、陽大はもう歩き出していた。手を引かれた弥生も一緒に。

 2つの背が、離れていく。
 人混みに紛れて、2人の姿が見難くなる。

 

 いなく、なる……

 

 水結は、今度は真っ直ぐに、香を見た。
 歩いていく陽大と弥生をじっと見ている香を。

 水結は、真っ直ぐに見つめた。

「ここに、いるから」

「え?」
 香が振り返る。

 水結は、揺れる黒瞳に映る自分を見ながら、もう一度、繰り返す。

「ずっと、ここにいるから」

 自然と手が重なる。
 香が、縋りつくように握り返してくるのを感じる。

「私も、委員長さんも、弥生ちゃんも……
 みんな、香君の傍にいるから」

 繰り返す。何度も。
 その瞳に、いつもの輝きが戻るまで。
 何度も。何度でも。 

「一緒にいるから」

「うん」

 

 ふわりと柔らかく。香が笑った。

 

「あ、ごめん水結。かき氷、溶けちゃうな」
「ううん。よかったら香君食べて。私、もう食べきれなかったの」
「そっか? じゃ貰うー♪」
「うん」

 頷いて、水結は繋いでいた手を離す。

 フランクフルトに焼き鳥にかき氷。食べかけのそれらで香の片手はいっぱいだ。持つだけ
ならともかく、食べるには両手がいるだろう。
 だから、水結は手を離す。ちょっと残念に思いながら、仕方なく。

 両手が使えるようになった香は、あっという間にそれらを平らげていく。元々残っていた
量が少ないから、というのもあるが、ものすごい勢いであったのも間違いない。

 水結が目を瞬く間に、食べ物はどんどん消えていき、
「ごちそーさまっ」
 すぐに6本の串を入れた紙コップだけとなった。

 香はそれを、手首を翻して器用に投げ、近くにあったゴミ箱へと投げ込む。
 危なげなく決まったシュートに、水結はぱちぱちと手を叩いた。

 そして、にっこりと、笑う。

「来年もまた、みんなで来ようね」

 香は驚いたように振り向いて。
 すぐに満面の笑顔で。

「うん」
 頷いた。

 水結も頷き返して、

(……え?)

 手にその感触を感じて視線を下げると、香の手が水結の手に重なっていた。
 先ほどまでと同じように、でもしっかりと力強く、握る。

 恥ずかしくて、嬉しくて、心臓の音が香にも聞こえているんじゃないかと思うくらい煩くて。
 それでも水結は、その手を握り返した。

(ここにいるよ)

 優しく包むように、握る。
 そっと、伺うように顔を上げると、照れたような香の笑顔があった。

 

(ここに、いるよ)

 

 目が合ったのも束の間。

「委員長達、どこまで行ったのかな?」
 わざとらしく、香はそう言うと、顔を横へ向ける。

「そ、そうだね」
 水結も、慌てて同じ方向へ視線を送る。

 手は、握ったままで。

 誤魔化すように人混みの中を探すと、りんご飴の屋台から少し手前に、陽大と弥生の姿が
あった。

 何となくほっとして、その姿を見つめる。一度見つけると、多少の人の波では見失うことは
ないものだ。その姿がこちらへ戻ってくると分かっているなら尚更。

 だから。

 陽大と弥生がぴったりと近づいたのを、水結はしっかりと見た。見てしまった。

「あっ。内緒話かー?」
 水結同様、それを見ていたらしい香が、だが水結と違って状況を理解せずに、そんな声を
上げる。

 内緒。内緒の……

 水結は、自分の顔が真っ赤になっているのを感じて俯いた。

 そこに、ぱたぱたと足音が近づいてくる。2つ。音からして小走り程度。浴衣を着ているの
だから、この速さが妥当だろう。
 顔を上げなくても誰かは分かる。だからこそ顔を上げれない。

「委員長、遅いぞー」
「うん」
 予想通りの声に、予想通りの声が返って。やっぱり視線を上げきれない水結の視界の
端に、見覚えのある浴衣の柄が2つ、映る。

 どんっ、と響く重低音。
 地面の闇をわずかに照らす、赤青黄色の一瞬の閃光。
 周囲で上がる歓声と、ぽつぽつと聞こえる「たまやー」の声。

 そんな空の大輪に意識を向けようと、そうすれば顔の火照りも消えるだろうと、水結は
無言のまま努力を重ねる。

「委員長」
「ん?」
「さっき、弥生ちゃんに顔近づけて、何の話してたんだ?」

 しかし、香があっさりと、その隠れた努力を打ち壊す。

「…………」
「…………」
「…………」

 3つの沈黙に、水結は諦めてそっと顔を上げた。

 きょとんとした顔の香と、真っ赤になっている弥生と、そして、

「内緒だよ」
 平然と微笑む陽大。

 香の疑問符が大きくなり、弥生の顔がさらに赤くなる。

 

 空に大輪の花が咲く。いたるところに彩を添えて。
 明るく、可憐に、花が咲く。

 

「私も……」
 水結は、その夏祭りの空の下、満面の笑みを浮かべた。
「聞きたいです。何の話していたのか。仲間はずれはイヤです」

 

 一緒に、いたい。
 一緒に、いよう。

 握った香の手の暖かさを感じながら、水結は、笑った。

 

「どうする? 僕は仰せのままにしただけなんだけど?」
「ず、ずるーいっっ!」
「何が?」
「さあ? 何だろうね」
「大君の意地悪ーっ!!」
「だから何がさ」

 

 花火が上がる。
 それぞれの感情を染め上げて。

 花火がそして消える。
 それぞれの感情を残して。

 花火がまた打ち上がる。
 このまま時間を止めてしまいたいという気持ちを乗せて、強く強く、明るく輝いて。
 そして消えて。また輝いては消えて。
 時間は今、こうして確かに流れて。
 その時間の中で、こうやって背伸びして、それぞれの距離を縮めたくて。
 それだけの為に足掻いて、もがいて。

 

 

 

「宮崎」
「うん? なに委員長?」
「また来年もみんなで来たいね」

 陽大の言葉に、水結と香は思わず目を見合わせて。
 くすり、と笑いあってから。

 弥生とも一緒に、3人で、大きく頷いた。

 

 

 

 最後の花火が、まるで天の川のように一斉に輝いて------そして消えた。

 

 

 

<<りんごあめ


[共著集:君の隣で

Novel] [Electronic Air