ばれんたいんでいず

Kaori Miyazaki

 

 

 話の区切りを悟り、辻弥生は勧められていた椅子から腰を上げた。話し相手であったクラス担任と
退出の挨拶を交わしてから、用の済んだ職員室から出るべく、弥生はいくつかあるうち一番近い扉
へと一歩踏み出す。

 やっと図書館に行ける、と思いながら。

 弾みそうな歩調を抑えて、駆け出したい気持ちを抑えて、弥生は机の間を歩く。右手に持つ荷物は、
帰り支度を整えた通学鞄の他に、手提げ袋が1つ。中身は今日の日付を考えれば誰でも分かるもの。
チョコレートだ。

 学校では普通、お菓子の持込は禁止されるが、この六会高校では、持ち込みや生徒間の受渡し
なら見逃してくれる。学校内で食べているところを見つかればさすがに没収されるけれども、持って
いるだけならば何も問題視されない。たとえ職員室に持ち込んでも、教師の目の前であからさまに
持っていても、だ。
 今日、バレンタインという日も、生徒間交流の契機の1つと割り切っているのか、持ち物検査も
注意の訓示すらもなかった。生徒の自主性を尊重し、目くじら立てすぎないこの校風を、弥生も
他の生徒同様、結構気に入っている。

 紙袋を気にして下がっていた視線を、扉が近づくのに合わせて上げると、ふとその端に他の扉が
映った。正確には、その扉から職員室を覗き込んでいる見知った顔が。

 宮崎香。

 学校内を走り回っているイメージが強い元気な少年は、だがそれゆえに職員室とは縁遠い印象が
あったため、弥生は少し驚く。思わず足を止めてまじまじと見ていると、香は職員室をきょろきょろ
見回していた。誰かを探すかのように。

 と、その黒瞳が弥生の方へ向き、あっと表情を変える。
 こちらも気付いていることを伝えるべく、弥生は笑顔を向けた。すると、香はこちらへ近寄ろうと足を
踏み出す。どうやら職員室や教師に用があったわけではないらしい。弥生自身が探していた相手、と
いうわけでもないようだが。

 とりあえず、職員室内に無駄に居たくないので、荷物を持っていない左手で近くのドアを示し、
これから外へ出るところであることを伝える。香は理解したように首を一度縦に振ると、
きびすを返して、入ってきた扉から廊下へと引っ込んだ。
 弥生はそれを見ながら、当初の予定通り、目指していた扉から職員室を出る。
 失礼しました、と反射的に口にしながら扉を閉めている間に、香が駆け寄って来ていた。

「宮崎君、どうしたの?」

「水結、中にいなかったか?」

「篠倉さん?」

 問いかけに首を傾げて、香が探していた人物の名を復唱する。

 香が探すほどの相手に心当たりはさして多くなく、彼女、篠倉水結もその多くない相手の1人だった。
 むしろ、いつも香と一緒にいる相手、として、候補の筆頭に上がっていた少女だ。

 だから、やっぱりと思いながら、弥生は記憶を探る。放課後、職員室を訪れてから今までの時間を。
 しかしそこに、優しい笑みを浮かべる黒髪の少女の姿はなかった。

「私がいる間は来なかったけれど」

「そっか……」

 弥生の答えに気落ちしながら、だが予想できていたことなのかそこまで落ち込むこともなく、
香はわずかに俯く。

「篠倉さんを探してるの?」

「うん。教室にいなくて、部室も行ったら今日は部活休みで、でもまだ下駄箱に靴あったから
 学校にはいるみたいだからさ」

「急ぎの用事?」

「そういうわけじゃないけど……
 えと、一緒に帰ろうかなって思って」

 少し歯切れの悪い返事。普段ハキハキときっぱり答える相手ゆえに、その違いを明らかに感じる。
 しかも返って来た『少女を捜す理由』は、学校中を捜しているかのような必死な様子とは逆に、
あってないようなものだった。

 本当の理由を隠していて、でもその理由から話せる部分だけを話しているような感覚。

 一緒に下校するつもりではもちろんあるのだろう。ただ、その前に、一緒になった時に本来の目的を
果たしてから。隠したい目的の後について来る結果の1つが、話せた理由なのだろう、と思う。

 あんなに一生懸命探していて、でも弥生には言いたくない理由。もしかしたら、大君になら話して
いたのかな、とふと考えながら、弥生は図書館でパソコンとにらめっこしているであろう夏目陽大を
想った。手提げ袋の中にある想いと共に。

 と。そこで、ふと、気付く。
 ああなるほど、と。香も同じなのだ、と。

「図書館は行ってみた?」

「ううん。まだ。
 そっか。水結、本好きだからいるかも」

「それに今日、委員長が当番だから、宮崎君がいると思って来てるかもしれないよ」

「俺?」

「宮崎君と同じ理由で、篠倉さんも探してるんじゃないかな」

 さらりと告げると、香はきょとんとして、何かを考えて……すぐに赤面した。何かを答えようと口を
ぱくぱく開いているが、そこから紡がれる音はない。何かを答えなくちゃと必死に思っていて、
でも混乱して何も出てこないかのように。

 弥生はふきだしたいのを慌てて抑えた。

 傍から見ても分かるほど、両想いの、お似合いの2人なのに、それを当人達は全然わかってない。
 鈍感もいいところだ。他のことにはむしろ鋭すぎるほど敏いのに、どうしてこれだけは気付けない
のだろう。もうちょっと、お互いの想いを自覚して、自信を持っていけばいいのに、とやきもきしながら
弥生は思う。陽大は、それがこの2人なんだから、と諭すように言うが。

 真っ赤になって固まっている香を、微笑みながら改めて見やる。
 これ以上は周囲がどうしようとも急には変わらないだろう。

 苦笑付きで諦めて、弥生は、話を変えるために、手提げ袋から小さな箱を取り出すことにした。
 きっと会うだろうと思って用意していたものを、香の眼前に差し出す。

「宮崎君。はいどうぞ」

「……俺に?」

「バレンタインだから」

「あ、うん。さんきゅ」

 唐突な贈り物に驚いたのか、慌てたようなお礼の言葉。
 同時に、恐らく反射的に差し出された手に、弥生は箱を渡す。義理だから小さめの箱を。

 香は、幻でも見たかのようにまじまじと包装を見つめていたが、不意に、あれ、と声を上げた。

「これ、もしかして手作りか?」

「そうだけど……」

「やった。委員長に感謝だなっ」

 今度は弥生が赤面する番だった。

 本当に、他のことには敏い。もうちょっと、香自身に、そして想い人に、その鋭い感覚を向けて
くれないだろうか。じゃないと弥生が困る。

 どう答えていいか分からずに、誤魔化すように無言のまま歩き出すと、気付いた香が後を追ってくる
足音が聞こえた。方向から、図書館へ向かうことが分かったのだろう。それに、今日の当番が陽大だと
さっき言ったのは弥生自身だ。これで香に行き先が分からないわけもない。本当に困る。

 弥生は振り向かず、振り向けずに、火照った頬を冷ましながら、決して追い抜いたり並んだりしない
足音を聞きつつ、廊下を進んで行った。

 

 

 

チョコレートにこめた奇跡へ>>


[共著集:君の隣で

Novel] [Electronic Air