ばれんたいんでいず

Miyuu Shinokura

 

 

「委員長さん」

 カウンターの向こうから小声で呼びかけられて、夏目陽大は、蔵書データのチェックをしていた
パソコン画面から顔を上げる。
 そこには、黒髪の少女がふわりとした笑みを浮かべて立っていた。

 篠倉水結。

 この図書館の常連だが、その訪問理由は、彼女の本好きや新聞部の活動によるものが半分。
もう半分は、六会高校名物となった元気な男子生徒に連れられて、となっている。
 その名物、宮崎香は、今日は一緒ではないらしい。

 と、篠倉の黒瞳が一瞬、陽大から離れて周囲を彷徨った。辺りを見回す、というよりは、
誰かを探すような、明確な意図を持った視線。だが探し人を捕らえられなかったのか、すぐに
また陽大へと戻る。少しがっかりしたような、そんな雰囲気を僅かに加えて。

 そういえば、と陽大は思い出す。他の常連の生徒数名からも、こんな視線を向けられ、その後、
珍しいものを見るような表情をされたな、と。
 その原因は、陽大の隣にある空席だろう。いつも隣で作業をしている辻弥生は、職員室へ
寄ってから来る、ということで、今は不在だった。所持品1つなく、完全な空席として陽大の隣が
空いているのは、確かに久々か。

 だが。

「宮崎ならまだ来てないよ」
「え」
「そのうち来るだろうけど」
「な、何で……」
「違った?」

 篠倉は、目を丸くしたまま慌てて首を横に振った。

 やっぱり探していたのは宮崎か。
 篠倉は驚いているが、何で分かったのかなんて、説明するほどのことじゃない。単に篠倉が
分かりやすいだけなのだから。それは宮崎も同じ。しかし、それは第三者から見た時のみらしい。
お互いのことは、時折弥生が心配する程に鈍感。こういう時は特に、だ。

 ちらり、と陽大は篠倉の持つ手提げ袋を一瞥する。単色のシンプルな紙袋の中からは、
可愛らしい橙色のラッピングが覗いていた。
 今日は2月の14日。
 これで探しているのが宮崎じゃなかったら、それこそ珍しい。

「あ、じゃあ、あの」

 と。篠倉が、今陽大が見ていた袋に手を差し入れる。袋の口から覗いていた橙色の包みを
取り出し、袋の形とリボンの位置をちょっと直すと、それを陽大へ差し出した。

「先に委員長さんに」

 今度は陽大が目を丸くする番らしい。
 陽大はまじまじと、目の前に現れた鮮やかな橙を見つめた。

 予想外な篠倉の行動から数瞬。驚きが薄れると共に、陽大は状況を把握する。
 篠倉が『先に』と言ったこと。それはすなわち、後で宮崎に渡す分は別にあるだろうということ。
 推測を証明するように、篠倉が持っている紙袋には、他の色の包みが2つほどあったこと。
 そして、その中で一番大きなものが自分に渡されていることも……

 普通、義理チョコは小さいものではないだろうか?

「間違えてない?」
「え?」
「これが一番大きいみたいだけど」

 受け取る前に確認する。後で宮崎に恨まれるのは心底遠慮したい。
 篠倉はきょとんとした顔をしていたが、それはすぐに納得したような表情に代わる。
 頬を瞬時に赤く染めて、苦笑しながら、だが差し出す包みは戻さずに、

「妹さんや弟さんがいるって聞いたので、皆さんで食べられるようにって思って……」

 言いながらちらちらとこちらを伺う視線には、不安がかすかに表れていた。
 かえって迷惑になってしまったか、と考えているのだろう。
 常に他人のことを思いやる優しい性格。いかにも篠倉らしい気づかいだと思い、苦笑する。

「あ、あの……」
「ありがとう。みんな喜ぶと思う」

 困り顔になってきた篠倉の手から、陽大は橙色の包みを受け取った。
 とたんに篠倉の顔に笑みが戻る。本当に嬉しそうな、眩しいほどの笑顔。
 つられて陽大の苦笑も微笑みに変わるほどの。

「宮崎が来るまでここで待つ? 多分、そろそろだと思うんだけど」
「え、あ、はい。いいですか?」
「図書館は生徒のための場所だよ。
 それに、決められたルールさえ守れば、どう利用しようと個人の自由だ」
「はい。じゃあ、待ちます」

 陽大の言葉に、篠倉がくすくすと笑う。優しい笑みから楽しげな笑みへ。

 そして、篠倉は一礼すると、カウンターから一番近い椅子へと歩いていった。
 カウンターは図書館の入り口にある。つまりは、一般生徒が利用できる席の中では、宮崎が
来た時に一番近くなる場所だ。
 一瞬、カウンター内側の椅子を勧めようかと思い、やめる。図書委員でもない篠倉を中へ
入れる理由もないし、何より、いくら近くともカウンターが隔たりとなってしまっては本末転倒だ。
 それに……

 陽大は、パソコンに戻した視界の端で、篠倉の動きを見つめる。
 じっと図書館の入り口を眺めていたかと思うと、ぱっと俯いて、手元の紙袋の中を確認して、
リボンをいじって、また入り口を見つめてすぐ反らして……そわそわしながら座っている篠倉を。
 落ち着きのないその様子は、陽大に手渡した時の対極とまで言えるほどえらい違いだ。
 その差を眺めているのも悪くない。弥生に話せば悪趣味と言われるかもしれないが、彼女も
今ここにいたならば、微笑を浮かべて見守っていたはずだ。陽大と同じように。

 いつもと違う図書館の雰囲気。
 でもそれは不快ではなく、むしろくすぐったいような心地よさ。

 陽大は、宮崎の元気な足音が聞こえるまでの間、これから訪れる時間を想いながら、軽やかに
キーボードを操った。

 

 

 

ばれんたいんでいず2へ>>


[共著集:君の隣で

Novel] [Electronic Air