幻燈

オカザキレオ氏・著
Electronic Air

 

 紅葉が散る。

 舞う。
 その舞を見上げる。
 風が冷たい。
 戦装束、日本刀を腰にさげ、ただ最後の瞬間を待つ。
 終わりは覚悟していた。足下に滴り落ちる血が紅葉をさらに赤く染める。

 刀に手を置く。

 唸る風。
 木が軋む。
 自然は恐怖している。

 呼吸は乱れる。
 動悸は速まる一方で心音は低下している。
 脈が弱くなっているのを実感していた。
 それでも足軽は前へ前へと進んだ。

 目的の場所はすぐそこにあった。

 彼の主君は多くの同志とともに倒れている。

 紅葉が散る。舞う。
 覆うように。埋め尽くすように。
 彼は膝を突く。
 慟哭。
 主君にすがりつく。
 小さな国は落ちた。歴史に名も残らない国だ。

 男は吠えるように泣く。

 誰一人、その声に答えるものはいない。

 俗に戦国時代-------安土桃山時代末期、
 国と称するにも国力の無さに、後の徳川へ吸収された小国の主はあっさりと朽ちた。
 小国だが精鋭の武士団「蓮華」も奇襲と人海戦術に為す術も無い。
 首の無い主を残し、紅葉を枯れ葉を銀杏を深紅に染め上げる。
 時代は変わっている。もはや武士道云々の正当法では為す術も無い。

 言葉にならない声、咆吼をあげる。

 そして男は倒れる。

 風が凪ぐ。
 紅葉が哀れな足軽の死に装束となる。
 供養し、墓に眠る事も許されなかった男達がいた。
 歴史はそれを語ることがなかった。
 地図に記される国でもなかったが、大きな権力を迎合する事なく戦った猛者達の国だった。

 国の名を「三木」と呼ぶ。
 孤高にして誇り高い主君を立てた「蓮華」の一人だった男は名を刻むことなく朽ちた。

 秋の終わりにして 冬の始まりにはまだ早い、静かな午後。
 静寂は死を包む。
 死臭すら感じさせることなく。何事もなかったかのように。
 せめて死者への眠りを献辞するかのように。
 紅葉は舞い散る。

 静寂に飲み込まれた男達が、今も-------静かに眠り続けてる。

 

 

 

 

 

 

 

 

「委員長、いる!?」

 と声をかけられて夏目陽大はゆっくりと顔を上げた。
 隣で同じくパソコンで貸し出し利用者のチェックをしていた辻弥生も顔を上げる。
 小さなため息をついて陽大は苦笑を浮かべる。
 図書館に限りなく似合わない珍客、宮崎香。
 可愛い名前だが、利発で活発な眼差しが熱い。この高校の名物問題児である。
 彼に強引に引っ張られてやってきた篠倉水結は目をぱちくりさせている。
 一度スイッチ(興味)が視野に入るともう止まらない暴走機関車は今日も健在らしい。

「委員長、いる!?」

「宮崎、ここは図書室だって何度も言ってるだろ」

「そんな事より、これ見てよ」

 と水結を促す。
 水結はおどおどしながら、陽大にスクラップファイルを渡した。
 新聞の切り抜きがおさめられている。
 中にはインターネットからプリントアウトしてきたもの、と思われる記事もあった。

 -------斬首、正体不明の殺人鬼
 -------魔が潜む森
 -------集団自殺か? 多量の流血
 -------犬や猫、鳥さえも近寄らない。あの森には何が住んでいる?

 記事としては似たようなものだ。
 星流しの森、と呼ばれているが正式名称は無い。神社の裏側に広がる鬱蒼とした森。
 星祭りの時期に解放されるが、それ以外は誰も入らない。
 暗黙のタブーがそこにあった。

 星祭りは灯籠船に星石という神主が洗礼した石と、
 その人の想いを乗せてお盆に来る死者の哀悼の儀式だ。
 名もない小川-------星屑の河原に無数の船が浮かぶ。
 燐光する発する星石の仕組みは分からないが、それはとても神秘的な光景だった。

 陽大はじっと宮崎を見つめる。
 直感で何かを感じた、という顔をしている。

「宮崎、興味本位ならやめとけよ」

「え?」

 意外な台詞に宮崎は目をきょとんとさせた。
 普段なら巻き込まれる形でありながらも、冷静にアドバイスをくれる陽大だが、今日ばかりは違う。
 水結もきょとんとしている。

「あそこは興味本位で近づくな」

「委員長?」

「その記事が事実だとしたら、ますます危険だよ?」

 じっと記事に目を落とす。
 触れてはいけない禁忌がある。
 宮崎の感覚は常人とは違う。
 ある意味でこの世にいない存在と一番近い場所にいる男だ。
 かと言って死者の声がきこえたり、見えたりするシックスセンスがあるわけじゃない。
 ただ、彼の感覚は運動神経と並んで優れている。優れすぎている。

「あのね」

 と黙々と作業していた弥生が顔を上げる。

「委員長のお父さんとお母さん中学三年の時に亡くなってるの。
 毎年、あそこの星流しで想いを託してるのよ、委員長は。
 だから、興味本位では私もしてほしくない」

 考えながら言う。弥生も言葉を迷わせている。
 あの場所で星流しを体験した事のあるにんげんにしか分からないのかもしれない。
 あの日だけは死者へ近づく事は許される。
 でも、それ以外であの場所に近づくのは「危険」以外の何物でも無い。
 宮崎ほどの感覚は無くても、星流しを体験したものは、それを肌で感じている。

「別に興味本位じゃないよ」

 と宮崎は椅子を引っ張って、座る。
 ポケットから一枚の紙を取り出す。
 赤い字でただ一言「静寂を」とあった。

「どこで?」

「さぁ?」

 と宮崎は首を振る。
 ちりん。
 鈴の音。
 いや、むしろ鍔の音にも聞こえる。
 猫の祝福。
 それは本当に祝福なんだろうか。
 彼の感覚は鋭くなりすぎる。

「また、だな」

 と宮崎はやれやれ、とため息をつく。
 図書室の棚という棚に紙が貼り付けられた。
 血文字で「静寂を」と。

「静寂を」「静寂を」「静寂を」「静寂を」「静寂を」「静寂を」「静寂を」「静寂を」「静寂を」「静寂を」「静寂を」
「静寂を」「静寂を」「静寂を」「静寂を」「静寂を」「静寂を」「静寂を」「静寂を」「静寂を」「静寂を」「静寂を」
「静寂を」「静寂を」「静寂を」「静寂を」「静寂を」「静寂を」「静寂を」「静寂を」「静寂を」「静寂を」「静寂を」
「静寂を」「静寂を」「静寂を」「静寂を」「静寂を」「静寂を」「静寂を」「静寂を」「静寂を」「静寂を」「眠りを」

 無数に書架にその紙が張り出される。

 宮崎はポケットから鈴を取り出す。
 その鈴を鳴らす。
 ちりん。
 死者のメッセージは消えた。
 その一瞬で。
 ただ、一枚ひらひらと、宮崎の手にもう一つのメッセージが落ちてくる。

『眠りを』

 死者は宮崎を求めている。
 決定打だ。
 水結は不安そうにそんなな宮崎を見ていた。今にも泣きそうな顔でもある。
 陽大はにっこりと笑って、水結に安心を与えた。大丈夫、心配ない、と。
 宮崎を中学の時から知ってる水結はボソリと陽大に漏らした事があった。

 -------香君はどんどん距離が遠くなっていく。

 その度に陽大は言う。
 宮崎が篠倉を置いていく理由が無い。あいつは君に依存症だ、と。
 少しからかいながら。
 それだけで水結は真っ赤になる。

 だいたい、と陽大は表情で語った。
 僕は宮崎を一人にさせる気は無い。

「宮崎、後で仕事手伝えよ」

 小さく笑んで言う。

「はいはい」

 と宮崎も苦笑で応じた。
 弥生は仕方なさそうに苦笑を浮かべている。

 

 

 

 

 

 

 

 猫達は集まる。禁忌の森を見据えている。

 かの者に声が届いたらしい。

 人間は平穏を破る。
 だがその平穏を新たに作れるのも人間でしかない。

 咆吼だ、あれは。

 憎しみの感情、無念、猫達とは相容れないもの。
 だが、調和を乱すものへの対処は怠らない。
 必要なのだ。
 鈴をかの猫はあの少年に託した。
 それはどうやら間違いでは無かったらしい。
 恐れに溺れることなく、また過信へ泥酔する所も無く、
 あの少年は自分の感覚を信じて、「訴え」に耳を傾けている。

 感覚を研ぎ澄ますが良い。
 猫達は頷く。

 かの少年は大人となって、かの猫の元へと帰る。
 鈴も託された因果だ。それはどうしようも無い。
 そして帰った場所で役目を終える。
 だが、と猫達は思考を止める。

 かの少年は今までとは違う。
 孤独では無い。
 一人で立ち向かうという、今までの「鈴の持ち主」達なりの自己防衛は持ちえ無い。
 人間の言葉で言えば信頼。はたまた依存。
 どちらにしても「猫」としては有り得ない心理だ。
 稀な子よ、一匹が呟く。

 猫は群れを為す。
 が群れは依存の為ではなく、個が集まる故の群集だ。
 人の群集に埋没してしまう個とは異なる。
 だが彼は、かの者は埋没ではなく、連結する為に群れを為す。
 まさに猫ではないか、と思う。

 頷く。
 彼らなら抑えられよう。
 死者達の闊歩を。怒りを。
 平穏と均衡はバランスにおいて成り立つ。
 それを荒らしたのが人なのであれば、償うのは人だ。
 だが多くの「ヒト」はその認識が足りない。

 多くの血が流れた災厄の場所。
 紅葉が血を隠す。

 ひらひらと舞ながら。
 猫達は目をむける。風が冷たさを感じさせる。
 温暖化、随分と生暖かく気持ち悪い風よ。まさに、嘆きに相応しい。

 にゃー。
 猫達は泣いた。
 鳴くより泣く。むしろ無く。
 虚無はそこに有り続ける。
 哀れ也。

 

 

 

 

 

 

「何やってんだ、バカっっっっ!」

 宮崎の叫び。
 フラッシュ。そしてまたフラッシュ。
 大学生だろうか、興味本位で現場にカメラを焚きつける。
 鈴が鳴る。
 ちりんりん。

 -----危険信号。

 そこはただの木ぎれを突き刺した場所だった。
 何百もの切れっ端が大地に突き刺さっている。
 その何本かが倒れ、土がえぐれている。
 ------否、えぐれているのではなく、掘り起こした跡。

 陽大はため息をつく。やれやれ、と思う。
 宮崎の反応は正しい。
 が、と思う。人を説得する時に激昂を持っては逆効果だ。そこらへんが愛しい、が。

「なんだ、お前らは」

 ぎろっと睨む。
 当然の反応だ。
 陽大は温度計を出す。気温が下がっている。
 冷気。むしろ吐息というに等しい。
 鈴は鳴る。宮崎の鈴は警告を告げている。
 間違いない、ショータイムの予鈴だ。
 手遅れにならないうちに退散させないといけない。

 ちりん。
 鈴の音。
 そしてかたかた、と何かが震える音。

 水結はびくびく、体を震わす。
 当然の反応だ。
 一方の弥生は陽大とそういう所は似通っていて、現実を直視する力が強い。

「そのお墓には手を出さない方がいいですよ」

 柔和に笑む。むしろ陽大が言うと、戦慄すら感じる。
 陽大が一歩近づく。
 宮崎も踏みしめる。
 鈴が鳴る。落ちた枯れ葉を踏みしめて。

「興味本位じゃ、触れちゃいけない領域だよ」

 宮崎が言う。

「private bomba」

 と陽大は言う。
 男達の顔色が変わった。
 web上で囁かれている株式会社private bomba。
 心霊現象への相談と解決に乗り出すという噂だけが広まっているが、
 そのホームページURLは誰も知らない。
 検索も出来ない。

 彼らは訪問は好まない。侵入によって警告する。

 大学生達にURLのメールが送られてきたのが昨日の事だ。
 警告、この事件の危険度、全てをファイルとして提供したのだが、
 彼らは新手のスパムメールとしかとらなかったらしい。

「こんなガキが?」

 陽大は宮崎の感覚に全信頼を寄せている。
 宮崎の感覚を信じて、全サポートをすればいい。
 陽大と弥生の知能をもってすれば、可能だ。
 驕るわけでなく天才児と呼ばれた二人だ。
 株式投資し、インターネットベンチャーを立ち上げ、現在も成功街路を進み続けている。
 巨大企業「夏目」の支援があるという理由もあるが。
 そこにジャーナリストとしての行動力を併せ持つ水結がいる。
 private bombaに不可能は無い。

「ガキかどうかはともかくとして、警告した。早く出た方がいい」

 宮崎は頭を掻きながら淡々と言う。
 その間もりんりんと、頭痛を呼ぶように鈴は鳴り響く。

「その鈴を鳴らすの、やめろっ」

 一人が呻いた。
 宮崎はポケットから鈴を出す。
 なおけたましく、鈴は鳴り響く。むしろ打ち鳴らす。
 淡く白い燐光を発しながら。

 土の中から手が伸びた。
 上げる悲鳴。

「安土桃山時代、名も無い人々がここで朽ちました。
 ここは小さな国でした。当時の国名を【三木】と呼びます。
 この切れっ端は彼らの墓です。
 数にして三百。
 名も刻まれず供養もされず、送り出すこともないまま、
 そして歴史に刻まれることもないままも、死んでいったんです」

 強い意志をもって水結は言う。

 鈴の音じゃない、刀の鍔音。静かに引き抜く音。足音。
 それは近づいている。
 大学生達は歯をガチガチ言わせている。
 弥生はPDAを出す。
 周囲500メートルに熱感知がある。確実に近づいている、彼らは。
 陣形を整え、確実な勝利のための機を窺っていた。

 領域を侵すモノには死をもって。
 当時の彼らには当たり前の話だったに違いない。
 今、その感覚が欠如しているだけの話だ。

「知ってました?
 夏に神社が主催して行っている星祭りの儀式が、本当は彼らへの追悼だという話は?」

 にっこりと笑って水結は言う。
 その手をしっかりと宮崎が握っている。
 一人一人だと弱い。でも繋がるだけでこんなに強い。
 弥生は陽大にむかって微笑んでみせた。
 陽大もにっこりと頷く。
 こんな時に、というのもある。だが、こんな時だから強くなる。
 宮崎は一人では絶対に行かない、そんな確証。

 感覚は優れているが、宮崎と水結の絆はそれよりも強い。
 置いて宮崎が行けるわけが無い。
 水結も宮崎がいるだけでこんなに強い。

「星流しの発端です。
 でも、それ以後も大きな戦がある度に、この場所に墓は作られてきました。
 一番近いのは第二次世界大戦ですね。
 知ってました? 空爆で死んだ人達の墓も、ここなんですよ。
 この街は墓の上に在るんです」

一人一人だと弱い。でも繋がるだけでこんなに強い。

 

 何より真実。それは事実。史実は何より重い。

「引き返すなら、今だよ。彼らの怒りを収めるんだ」

 と宮崎は言う。
 それはつまり、墓をなおせ、という事だ。
 鈴は鳴る。鳴り響く。打ち付ける。恐怖を煽る。足音が近づく。
 少年少女は何も恐れていない。
 それに比べて彼らは恐怖する。

 彼らは見た。
 月明かりに反射する刃を。血が滴り落ちる。
 絶叫。
 一目散に逃げ出す。
 宮崎は小さく息を吐いた。同じく息を吐く。
 風が吹く。
 彼らは安堵したらしい。

 足音も鈴の音も止んだ。

 荒らされた墓場から伸びた骨を宮崎は握りしめる。
 哀れだ。未だ逝けない。
 彼らは主君を探して彷徨い続ける。紅葉の散る季節を徘徊し続ける。
 星流しは続く。彼らの哀悼と追悼を続ける為。それは終わらない安息を作る為でもある。

 陽大は弥生のPDAのディスプレイを覗く。
 熱反応は消えていた。
 来る前に100メートル間隔で円状に配置した感熱センサーが功を奏した。
 試作実験としてはまずまずの出来だ。
 宮崎の役に立つものがまた出来た。

 宮崎はぎゅっ、と水結を抱きしめた。
 いきなりの行動に水結は驚きを隠せない。
 鈴を使った跡の副作用のようなものだ。
 いつもの事だ、と陽大は最後の作業に取りかかる。
 弥生に目配せで合図する。墓をなおさないといけない。

 弥生は微苦笑で応じた。

 水結が思う以上に宮崎は遠くへ行きたくないと思っている。
 その鈴はそれほどまでに宮崎を不安定にさせる。
 当然だ、人間の成せる技じゃない。
 猫の祝福、それを受け入れるにはまだ早すぎるらしい。

 そう宮崎の中学校時代の恩師は語った。
 詳しい事は知らない。因果と因果が重なっている。
 陽大はそれに干渉はできない。宮崎と水結が見てきたものを陽大は知り得ない。
 ただ、今こうして親友達と直視する現実、それは何より大事だった。

「でも大君」

 と弥生は二人きりの時にしか言わない名を呼ぶ。
 陽大は沈黙する。聞いているよ、というポーズだ。

「大君だって、人の事言えないんだよ。私の気持ち、とことん気付かなかったんだから」

「不謹慎」

 と陽大はリュックサックに括り付けてあったスコップを弥生に渡して作業に没頭した振りをする。
 後始末はいつも陽大達の役目だ。
 陽大達は何も感じられない。ただ宮崎に導かれて、その感覚を信じて、見えないモノを信じる。

 彼の恩師の保健医は陽大と弥生に、にっと笑って言った。
 あの無愛想な中の笑顔、今でも思い出す。

『何より真実。それは事実。史実は何より重い』

 それに従って陽大は土を埋める。
 安息を、平穏を。
 鈴が鳴る。
 ちりん、りん。
 それに猫の声が重なった。

 震える宮崎の体を水結はより強く抱きしめるのを尻目に。
 気付かないふりをして。
 こんな時だからこそ、素直になる二人だからなおいい。
 宮崎は水結の大切さを痛感している。間違いなく依存症だ。普段の宮崎からは想像もできないが。

 土を埋め、しっかりと木を挿し、陽大は手を合わせる。弥生もそれに習う。

 全ての人に安息を。平穏を。
 でも星流しは終わらない。
 これからも、名も残せず安息を許されない人々は増えていく。
 今たまたま平和なだけで、外の世界を見たら戦乱は腐るほど転がっている。

 カメラマンの兄が彼女と一緒に戦場へ行くたびに兄弟達はドキドキしている。
 陽大もそういう意味では似たようなものかもしれない。宮崎と一緒にいる事を選んだ、という事は。

 ちりん。
 死者に安息と平穏を。そして安眠を。
 猫の鳴き声。
 祝福とはこういう事か。
 猫も祈っているのか。

「大丈夫」

 陽大は声に出した。振り向かず。
 水結が待っていてる言葉を陽大は微笑みながら、呟く。

「僕らは宮崎を一人で行かせない」

 楽しげに猫達は鳴く。
 跡は静寂。
 紅葉が舞い散る。

「うん」

 水結は呟く。
 いや、むしろ宮崎の耳元に囁く。

「私も香君を一人では行かせない」

「うん」

 宮崎が小さく頷いていた。
 大人になっていくという事はつまりそういう事なのかもしれない。
 無邪気なままではいられない。
 恐怖は無い。
 ただ距離が広がるのが怖い。
 でも、そんな事は有り得ない。
 絶対に一人では行かせない。

 風が吹く。
 紅葉が舞う。
 森の木々が言葉にならない言葉を囁く。
 陽大は真闇に浮かぶ月を見上げる。

「何より真実。それは事実。史実は何より重い」

 呟く。
 その言葉が四人にとって何より重い。 

 

 

 

オカザキレオ氏へのご感想は、『Electronic Air』へ


[共著集:君の隣で] Novel] [SPECIAL] [BBS]