講義室:セミ研究のススメ
城ヶ島でセミを探してみよう!

2003年夏休み期間中、城ヶ島ユースホステル(現在は閉鎖)にて配布させていただいた資料の一部改訂版です。

 

■まずは場所を探そう

 

セミがいる場所は、当然ながら、木のある場所が主です。

セミが数多くいる城ヶ島にも、セミがいない場所はあります。岩ばかりの海岸、埋め立てられた岸壁、ススキで覆われた上に

潮風が強く当たるハイキングコース。観光スポットばっかりですね☆

観光地でのオススメは、北原白秋碑の近くの公園。小さな緑地ですが、サクラの木がセミのお気に入りのようです。

また、セミが多くいるのは、島中央部の台地上。

台地のほとんどは畑なので、ひょいひょい入っては行きにくいので、台地周辺がオススメです。

観光スポットに移動する途中、ちょっと足を止めて、道の脇の木々や草を見てみると、案外います。

城ヶ島大橋から城ヶ島公園駐車場へ向かう上り坂。城ヶ島公園から安房崎灯台へ下りる階段。

島東部にある駐車場から城ヶ島大橋へと登る道。駐車場周辺にもいることがあります。

 

■セミ探しのポイント

 

基本的に、成虫は上を見上げて、

抜け殻は足元を見下ろして探します。

 

成虫の中でも、クマゼミは日当たりのいい

場所を好みます。日向にある木でも、より

日のあたる高い場所に多くいるようです。

対照的に、ミンミンゼミは日影に多く見ら

れます。日影に生えている木にはミンミン

ゼミばっかり見られます。

ニイニイゼミは小さい上に、体や羽の柄

が木肌そっくり。また、ツクツクボウシ

細い体で木の影に隠れるようにいます。

おかげで、声はよく聞こえるものの、中々

姿が見えません。この2種を見つけられ

たら拍手しちゃいましょう!

 

抜け殻は、葉の裏についてることも

多いので、葉をひっくりかえしてみるのも

忘れずに。見上げるような高さにあること

もありますが、大抵は身長より下の高さ

いるので、採取も楽です。

 

 

■見つけたのは何ゼミ?

 

せっかく成虫や抜け殻を見つけても、それがどのセミか分からないことがあると思います。

そこで、城ヶ島にいる5種を見分けるためのチャートを作ってみました。上が成虫用、下が抜け殻用のチャートです。

見つけたものと、チャートの分岐に書かれた特徴とが、当てはまればYES、当てはまらなければNOを辿っていくと、

簡単に種類が判別できます。(ただし、このチャートは城ヶ島にいる5種を対象にしたものなので、別の種類が混じっている

地域では正しく判別できないことがあります。城ヶ島内限定チャートということをご了承ください)

【種別判定チャート:成虫用】

 

【種別判定チャート:ぬけがら用】

また、採取できた場合は、ひっくり返して、成虫は腹部、抜け殻はお尻の先端を見ると、性別が分かります。

成虫は採取が難しいかもしれませんが、抜け殻を見つけた場合は、是非確かめて見て下さい。

 


[講義室トップ]

[談話室] [研究室] [図書室] [資料室] [管理室]