写真撮影会:セミの産卵
夏の終わりのセミ模様

煩い夏の終わりに、セミたちは次の世代を残します

 

■求愛行動と交尾■

クマゼミの交尾

ミンミンゼミの交尾

 

セミはどうして鳴くのでしょう?

それはコミュニケーションをとるためです。

 

同じ鳴き声同士呼び合って集団を形成したり、

異常を感じたら警戒音を出して仲間に知らせたり、

集団で大きく鳴くことで

天敵を近寄らせないようにしたり。

 

そして何より、求愛行動として鳴くのです。

オスは微妙に鳴き声を変えて、メスを誘い、

近づいていって交尾をします。

交尾の仕方は種類によって違うようで、

クマゼミはお尻を向け合って、

ミンミンゼミは横に並んで寄り添うように

交尾をしていました。

 

 

■産卵の様子■

枯れ木に産卵するミンミンゼミのメス

↓腹部を拡大

上3本が足、一番下のが産卵管です

交尾を終えたメスは、

枯れ木や樹皮の裏に産卵をします。

鋭い産卵管を木に刺して、小さな穴を作り、

その中にていねいに卵を産みます。

 

産み付けられた卵は、そのまま冬を越し、

翌年の梅雨の時期に孵化します。

(孵化時期は種類によって違います。

 ニイニイゼミはその年の9月頃だとか)

そのままぽとりと穴から地面へ落ちて、

土の中へ潜り込み、

数年にも渡る長い幼虫生活が始まるのです。

 

産卵場所に生木を選ばないのは、

生きた木は、メスが産卵管で作った穴を

人間の傷が治っていくように

ふさいでしまうからです。

孵化したばかりの小さな幼虫は、

自分で木に穴を開けることはできません。

産卵管で作られた穴が翌年まで開いているように

メスは枯れ木を選ぶのです。

 

雨の時期に孵化するのは、

土が湿って柔らかくなっているから。

だから、卵は雨をじっと待っています。

そのため、セミの卵は乾燥に強くなっています。

 

 

■産卵後の木■

メスは1つの木に何度も産卵管を刺して

たくさんの数の卵を産むので、

産卵後の木は、表面がささくれ立っています。

このささくれの付けられ方は

種類によって違うようです。

 

産卵中のセミの様子は

下の写真のようになります。

でも、この写真は、メスが産卵した場所に、

アブラゼミのオスが飛んできて偶然止まったのを

撮影したものなので、産卵風景ではありません。

そもそもオスですし。

偽者(笑)ですが、

実際の光景と酷似しているので掲載しています。

 

こんな小さなささくれから出てくる、小さなセミの幼虫は、

土の中での数年の生活で、脱皮を繰り返して大きくなり、

五齢幼虫となった夏の夜に羽化をして成虫となって、大空を飛び回ります。

そしてまた、交尾をし、産卵をして次の世代を繋いでいくのです。

 

 

  <<セミの羽化を見てみよう   


[講義室トップ]

[談話室] [研究室] [図書室] [資料室] [管理室]