写真撮影会:セミの羽化2
クマゼミの羽化

羽化の流れはミンミンゼミと一緒ですが……

 











クマゼミは幼虫もでっかいです。

ミンミンゼミより一回りくらいは違うかな。

腹部の縞が太めなのも特徴。

でも、場所を探してうろうろして

決めたらしばらくじっとしてる

羽化の仕方はミンミンゼミと一緒です。

しばらくすると

背中が割れてきます。

覗いた体は

黄色っぽい色をしています。

ぐいぐい殻から出てきます。

大きい体が出てくる間に

小さな葉っぱが取れちゃいそう☆

足を乾かすためのぶら下がりも

ミンミンゼミより危なっかしく見えます。

すとんと落ちそうです。

ぐいっと起き上がって

殻につかまったら

そこからは力任せな早業です。

お腹にうっすらオレンジ色の部分が見えます。

鳴くための腹弁です。

羽を透明にしっかり伸ばして

あとは乾くのを待つばかり。

黄色い体がだんだんと

黒く硬くなっていきます。 

 

セミは不完全変態なので、成虫と幼虫はどこか形が似ています。

一番同じなのは、口でしょうか。

成虫も幼虫も食べ物は木の汁なので、それを飲むために、口は細長くストローのようになっています。

口を、成虫は木の幹や枝に、幼虫は根に刺して、汁を吸うのです。

 

幼虫は、土の中で暮らすため、前脚が太くしっかりしています。土を掘って進むからです。

目は、真っ暗な土の中ではよく見えても仕方ないのか、退化してよく見えません。

その代わり、触覚が非常に発達しています。また、体の表面には感覚毛が無数に生えてます。

目で見えない代わりに、触って見てるんです。

 

成虫は、まず羽がでかでかとついてるのが大きな違いです。

もちろん、飛ぶための筋肉も発達しています。

そして、セミの特長である鳴き声のために、オスは発音器をお腹に持っています。

発音筋を震わせて、空洞(共鳴室)になったお腹で響かせて、大きな鳴き声を出しているのです。

種類による鳴き声の違いは、この発音器の構造(共鳴室の空気量・形・容積とか)が微妙に違うからです。

対して、メスは卵を産むための器官がお腹にあります。腹部のほとんどを卵巣が占めています。

だから、鳴くのはオスだけで、メスの方が体が重いのです。

(この腹部の構造の違いから、オスメスを見分けます)

 

この似た点と違う点を考えながら羽化を観察すると、また面白いかもしれませんね。

 

 

  産卵の様子を見てみよう>>  


[講義室トップ]

[談話室] [研究室] [図書室] [資料室] [管理室]