写真撮影会:セミの羽化1
ミンミンゼミの羽化

幼虫から成虫への最後の脱皮・羽化の様子です

  クマゼミの羽化はこちら>> 

 

セミの羽化は夕方頃、あたりが暗くなってきた時間から始まります。

敵である鳥類が、夜間あまり活動しないため

とっても無防備になってしまう羽化は夜に行われるのです。

 

















土の中から出てきた幼虫は

羽化に最適な場所を探して歩き回り

近くの木や草に登っていきます。

(時折、建物の壁や物干し竿に登ったりも☆)

気に入った場所を見つけると、

そこでじーっと動かなくなります。

しばらくすると、背中が割れてきて

羽化が始まります。

割れ目は、最初はうっすらとした線ですが

だんだん大きく割れて

ゆっくりゆっくり背中が出てきます。

背筋の要領で

どんどん青白い身体が出てきます。

普段見るセミは硬い体をしていますが

羽化の時のこの青白い体は

とっても柔らかく、弱い状態です。

ぐぐっと体をそらせて

今にも落っこちそうなこんな姿勢で

しばらく止まっています。

止まっている間に

新しい体の中の仕組みを整え

足がしっかりしていきます。

殻と青白い体とを繋いでいるような

白い細い糸は、腸とかの表皮です。

脱いでいる殻は、外側だけじゃなく

内臓のものもなんです。

(専門的に言うなら、外胚葉由来の

 内臓が新しくなるんだそうです)

さて。

足がしっかり硬くなったら

今度は腹筋です。

ぐっと体を起こして

硬くなったばかりの足で

自分の抜け殻を掴みます。

抜け殻をしっかり掴んだら

抜け殻に残ったままのお尻を

引き抜いていきます。

やっと全身を殻から出したら

今度は縮んでいた羽を伸ばします。

体液を流していくことで

しわしわの羽をきれいに伸ばしていきます。

羽に傷がついていると

そこから先に体液が流れず

羽が伸びなくなってしまいます。

羽がきれいに伸びたら

後は体が硬くなるのを待つばかり。

みずみずしく青白い体や羽が

乾いて硬くなっていくと

だんだん見慣れた色に変わっていきます。

 

ここまでだいたい1〜2時間ぐらいかかります。

さらに、体が硬くなって飛べるようになるまでにそれ以上の時間がかかります。

体を、特に羽をしっかり乾かさないと

ちゃんと飛べなくなってしまうので大変です。

 

そして、朝日が昇る頃。

見慣れた姿になったセミは、硬くなった体と羽で、青空へ飛び立つのです。

 

ちなみに、羽化直後のセミは鳴けません。

オスが鳴けるようになるのは、羽化から4〜5日ぐらい経ってからなんだそうです。

飛べても一人前になるにはまだまだかかる、ってことでしょうか☆

 

 

 

羽化の様子は、7月下旬〜8月中旬頃、城ヶ島のいろんな場所で観察できます。

観察する時の注意点は1つだけ。

『見てるだけにすること』

幼虫や羽化途中のセミは人に触られるとそれだけで死んでしまうことがあるくらい弱いのです。

高いところにまで登るの大変そうだな、とか、落ちそうだな、とか思っても

ただただじーっと見ていましょう。

手伝ってしまうと、セミにとっては大きなお世話です。

2時間もかかる羽化がじれったくても、根気よく、じーっと観察しましょう。

 

ちなみに、CicaとSenは、城ヶ島にいる5種類のセミのうち、

ミンミンゼミ、クマゼミ、アブラゼミ、ツクツクボウシの羽化は見たことがあります。

ただ1種類、ニイニイゼミの羽化だけはまだ見たことがありません。

ニイニイゼミも見て、全種類制覇したいです(笑)

 

 

   クマゼミの羽化も見てみよう>>    産卵の様子を見てみよう>>  


[講義室トップ]

[談話室] [研究室] [図書室] [資料室] [管理室]