講義室:セミについての基礎知識

オスとメスの見分け方

 

■セミの性別を調べるには、成虫も幼虫も、ひっくり返

してお腹側を見ます。

 

■成虫のオスは、お腹に腹弁(ふくべん)と呼ば

れるものが2つ、対になってあります。これは、セミが鳴く

ための、発音器の一部です。一方、メスには、この腹弁

などの発音器がなく、代わりに、卵を産むための器官が

あります。メスをひっくり返して見えるのは、お尻の先に

ついた細長い産卵管。この管を木に刺して、卵を

産み付けます。このように、オスとメスでは腹部の構造が違うため、鳴くのはオスのセミだけです。

 

ミンミンゼミの♂(左)と♀(右)

オス:腹弁がある                 メス:産卵管がある
ミンミンゼミのオス     ミンミンゼミのメス

 

 ■さて、一方、鳴かない幼虫には、成虫の腹弁のように

外側から見える発音器がありません。しかし、メスの産

卵管は、成虫と比べてかなり小さいですが、見ることが

できます。それが、お尻の先に入った2本の

縦線です。この縦線が入っていればメス、縦線がなけ

ればオス、というわけです。これはもちろん、ぬけがらで

でも判別することができます。

 

■お尻を一目見れば、即座にわかってしまう、なかなか便利な見分け方ですが、ぬけがらが泥まみれのニ

イニイゼミは、このお尻の部分も泥まみれ。性別を判断するのが難しいです。お尻の部分を爪で(壊さない

ように)そっと削ってみて、根気よく見極めてみてください☆

 


[講義室トップ]

[談話室] [研究室] [図書室] [資料室] [管理室]