講義室:セミについての基礎知識4
オスとメスはどっちが多い?

オスとメスの見分け方はこちら>>

■セミというと、鳴くオスの方がどうしても目立って

しまいがちですが、実際はどっちが多いでしょう?

抜け殻から見ると、オスのほうがわずかに多いも

のの、ほぼ1:1、オスメス同じくらいの数

ずつ発生していることが分かります(図1)

 

■セミはオスもメスも移動能力があり、双方が動い

て相手を探します。オスの鳴き声に誘われてメスが

来る、と思われがちですが、オスがメスに自分から

移動して近づいていって、誘い鳴きをすることもある

のです。オスメス両方とも動けるセミが、出会いの

確率を増やすには、片方の数を増やすより、ほぼ同数、出会った相手が1/2の確率で異性である状況を作

った方が有利なのでしょう。

 

■さて、ほぼ同数発生しているオスメスですが、羽化する時期は微妙にズレています。最初の頃はオスが多

く、後半は逆にメスが多くなります(図2) オスが先に、メスが後に羽化をしているのです。

その理由は、羽化直後のオスは鳴けない、という点にあると考えられます。羽化をして3〜4日

 経たないと、セミは鳴けな

いのです。また、メスには

産卵という大事な仕事が

あります。そうすると、オ

スには交尾前のメスと出

会うための時間が、メス

には交尾後の産卵の時

間が多いほうがよく、それ

が羽化時期のズレに現れ

ていると思われます。

 


[講義室トップ]

[談話室] [研究室] [図書室] [資料室] [管理室]