講義室:セミについての基礎知識3
羽化する高さはどれくらい?

 

■セミの抜け殻を探してみると、目線より低い

位置で見つかることが多いです。実際、記録を

取ってみると、8〜9割の、ほとんどの抜け殻が

150pより低い位置で見つかっていま

す。一番多いのが30〜60pの、

ちょうど足元の位置(図1)抜け殻を探す時は、

足元に注意です☆

 

■葉の裏側のように、上から見えにくい位置

羽化をするセミ。その理由は、天敵である鳥に

見つかりにくいように、というものでした。鳥は空

高い場所を飛ぶもの。その天敵から隠れようと

すると、何かの影に隠れて、できるだけ遠ざかっ

た方が好都合です。天敵である鳥がいる

空から遠い、地面近くで羽化を

しているのでしょう。

 

■低い位置で羽化をする理由には、セミが自分で登っていることにあるとも考えられます。地面から出てきたセミ

の幼虫は、自分で木や草に登り、羽化する場所を探します。探したり登ったりすることに体力を使いすぎてしまう

と、肝心の羽化に使う体力がなくなってしまうのではないでしょうか?

種類別に抜け殻の高さを見てみると、クマゼミ・ミンミンゼミ・アブラゼミ・ツクツクボウシの4種が、30〜90p

の高さに集中しているのに対し、ニイニイゼミだけが30p以下の低い位置に集中して

   います(図1)他の4種に比べて体の小さいニイニイゼミは、そ

   れだけ体力も少なく、場所選びに使う余力がないため、他の種

   類より低い位置を好むのかもしれません。

 

■他に理由としては、風が考えられます。高く登れば登るほど、

風に煽られたり揺られたりすることが多くなります(図2)

木の幹ならまだしも、葉や細い枝に捕まっていたら、ちょっと

強い風が吹いただけで、振り落とされてしまう可能性もあるの

です。夏は台風が来たり、意外に風の強い時期。その風の

影響をできる限り受けないように、低い位置を

選んでいるとも考えられます。

 

NEXT>> オスとメスはどっちが多い?


[講義室トップ]

[談話室] [研究室] [図書室] [資料室] [管理室]