講義室:セミについての基礎知識2
どんなしせいで羽化するの?

 

■セミの抜け殻を探してみると、葉の裏側につい

ていて、なかなか見つけにくいことが多いです。セ

ミの天敵は、空を飛ぶ鳥。動きも鈍く、狙われや

すいセミの幼虫は、羽化の時、なるべく上から

見えにくい位置を選んで、鳥に見つからな

いように羽化をしているようです。

 

■見つけた時の、抜け殻のつきかたを1つ1つ記

録していくと、同じ葉の裏側でも、上向きか下向き

かで大きく数が違うことがわかりました(図1)

葉の裏側で頭を上に向けた形(A)

が非常に多く見つかり、そこから45度葉を傾けた

もの(B)と、同じく45度起こしたもの(C)が次いで

上位を占めました。見つかった抜け殻のほとんど

が、この3つの姿勢(A・B・C)のどれかだったのです。

 

■その理由は、羽化の様子を見ていると分かりました。セミは羽化をする時、殻から逆立ちするようにぶら下がる時が

あるのです。この姿勢を取るには、葉の表側について背中を空へ向けているのも、頭を地面に向けて重力に逆らって

起き上がるのも、どちらも都合が悪く、一番いいのが、葉の裏側について背中を地面へ向け、頭を上へ向けて自然に

ぶら下がれる、あの3つの姿勢(A・B・C)なのでしょう。葉の裏側で頭を上に向けた形は、天敵に見つかりにくいだけで

なく、一番羽化しやすい姿勢でもあったのです。

 

NEXT>> 羽化する高さはどれくらい?


[講義室トップ]

[談話室] [研究室] [図書室] [資料室] [管理室]