講義室:セミについての基礎知識

クマゼミ
Cryptotympana facialis

クマゼミ成虫。でかい。 クマゼミ抜け殻。とにかくでかい。

日本最大級のセミ。でかい。とにかく、でかい。

南方のセミで、三浦市ぐらいの緯度(ハマオモト線)が北限と言われていたが、

最近の温暖化等により、北限が上昇している模様。

横浜市や東京などでも観測例がある。

クマゼミが自分で生息範囲を広げたこともあるだろうが、

公園等に植樹された木の根についた土ごと運ばれてしまい、

そのまま生息してしまったのではないか、という人為説も有力である。

 

2002年は、茅ヶ崎で大量発生(神奈川新聞報道)

城ヶ島でも例年より多く観測されている。

そのおかげか、この年、『Qoo』のCMで、Qooと追いかけっこをしていた(笑)

 

 

<特徴>

鳴き声

『シャーシャーシャーシャー……』

かなり大声で、主に午前中に鳴く

 

成虫

透明な羽に緑色のライン

黒い体

オスは橙色の腹弁(ふくべん)

 

抜け殻

横から見ると額が大きく角張る

お腹に突起がある

お尻のしましまが太め

触覚の節は8つで、先へ行くほど小さくなる

 

とにかく、でかくてうるさい!(笑)

 

 

<リンクページ>

城ヶ島にいるセミは? / クマゼミの羽化 / 城ヶ島でセミを探してみよう!


[講義室トップ]

[談話室] [研究室] [図書室] [資料室] [管理室]