講義室:セミについての基礎知識1
城ヶ島にいるセミは?

 

■城ヶ島には、クマゼミミンミンゼミアブラゼミニイニ城ヶ島ユースホステル敷地内で採取された抜け殻の割合(12年分計)

イゼミツクツクボウシ5種類のセミがいます。

 

■城ヶ島ユースホステルにおける抜け殻採集の調査では、

年によって変動があるものの、夏の1ヶ月間で毎年300

〜400個の抜け殻が採集されています。そのうちの3割

をクマゼミが、5〜6割をミンミンゼミが占めています(図1)

クマゼミとミンミンゼミが城ヶ島を代表

するセミと言ってもいいでしょう。

 

■城ヶ島ユースホステルの敷地面積を1とすると、城ヶ島

全体の面積はおよそ150。セミの発生密度が変わらない

と仮定して、単純に計算するならば、毎年城ヶ島では4万

〜6万匹のセミが発生していることになります。実際には、城ヶ島には埋立地や海岸・岩場、建物、道路など、セミが発生

できない土地もあるので、計算予測値より格段に数は少ないはずですが、それでもかなり多数のセミが発生していること

が予測できます。城ヶ島はセミの島なのです。

 

■セミは種類によって活動時間が違います。他の種類は、ほぼ1日中活動しているのに対し、クマゼミは午前中にしか活

  動しません。たくさんいても、活動していないセミを探すのは大変

  なので、クマゼミを探すなら午前中がオススメ。

  鳴き声が聞こえるのも同様です。ミンミンゼミの鳴き声は1日中

  聞こえますが、夕方は早々に鳴き止んでしまいます。そうすると、

  ミンミンゼミの大声に消されていたアブラゼミやニイニイゼミ、

  ツクツクボウシの声が際立つようになります。特に鳴き声の小さ

  いニイニイゼミは、朝方か夕方、他のセミがあまり鳴いていない

  時間帯ではないと鳴き声が聞こえないことが多いです。

 

■夏休みの初めと終わりでは、セミの鳴き

 声が違うような気がしませんか? セミは、

 1日の活動時間だけでなく、発生する

 時期にもズレがあるのです

 (図3) ニイニイゼミは夏休みの初めに

 多く、クマゼミ・ミンミンゼミ・アブラゼミは

 真ん中に、夏休みが終わる頃になると、

 ツクツクボウシが増えてきます。特に、

 城ヶ島で数の多いクマゼミとミンミンゼミ

 が発生ピークを迎える8月上旬は、

 城ヶ島が一番うるさい時期になります。

 

NEXT>> どんな姿勢で羽化するの?


[講義室トップ]

[談話室] [研究室] [図書室] [資料室] [管理室]